フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 4月12日(水)都庁に | トップページ | 4月18日(火) »

2006/04/17

4月17日(月)

 新聞の天気予報では「予想最高気温19℃」。久しぶりに春らしい天気、と思って多少薄手のセーターとコートに替えて今日は立川二中に。ところが、午前中は強風に叩かれっ放し。まだまだ防寒対策が必要だった。
 登校時刻が過ぎ読書タイムに入った頃、出勤途上の男性が自転車を止めて私のところに来られ、激励してくださった。初めての方。上のお子さんは二中の卒業生だとおっしゃる。見ず知らずの方から声をかけていただくことがどんなに、私を励ましてくれることか。
 昼食はAさんが私のために作ってきてくれた稲荷ずし、近くの公園に行っておいしくいただいた。
 下校時は今日も3年生の生徒たち何グループか、何人かが入れ替わり立ち代わりして、おしゃべりを楽しませてもらった。
「先生、給料もったいないから立っちゃえば」。「クビにされても、間違っていることには服従しないよ」と答えると、「君が代歌っても、戦争になるわけではないでしょ?」と言う。「大きく見れば、戦争に突き進ませないために闘っているのでもあるのよ、私は。でも、(鵜呑みにしないで)自分で考えてね」と答えると、「戦争にならないよう、先生がんばって」と。戦時になれば直接狩り出される対象である若い世代の声だ、と思った。
 別のグループは、「君が代のことよく知らないから、(学校は)きちんと知らせてほしい」「知らないのに、立てって言われるのいやだ」「反対する人の意見も賛成する人の意見も聞きたい」。まったく生徒たちの言うとおりだ。
 私は何をしたいのか?すべきなのか?答えを見つけたいBさんとしばし話をする。「周りの人の意見にはしっかり耳を傾ける。でも最後は自分の意思で行動を決めたいね」と確認しあった。「先生がんばって!応援しているよ!」――「私もBさんを応援しているよ」。行き始めた体を再度私に向け、「先生、努力は人を裏切らない、って」――「そうだね、努力は私を裏切らないよね。ありがとう。お互い、がんばろうね」。

« 4月12日(水)都庁に | トップページ | 4月18日(火) »

停職「出勤」日記2006」カテゴリの記事