フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 2006年6月 | トップページ | 2007年4月 »

2006年7月

2006/07/22

番外編

 7月3日、鶴川二中への出勤第1日目。「おはようございます」。不安を払いのけるように声を出して、職員室に入る。挨拶を返してくれる人が何人もいる。案内をされて着いた私の席には、「ようこそ鶴川二中へ」と書かれた紙の上に、花びんに差したつつじの花が置かれていた。うれしかった。張り詰めた気持ちが少し、楽になった。4月3日、新年度の仕事始めの日に入った時も感じたが、職員室には一昔前の温かさがまだわずかに残っている雰囲気がある。前夜、私の思いをつづった「鶴川二中の職員の皆様」への手紙を職員一人ひとりの机上に配り、朝の職員打ち合わせに臨んだ。そして、一言挨拶をさせてもらった。この時の皆の表情も和やかで、安堵した。
 その後は、生徒の朝会へ。そこで校長が私を紹介してくれたので、私も一言話させてもらった。「『君が代』で起立をせずに停職になったことも、停職中、学校の前に立っていたことも、何でするの?へんなやつ!と思った人は多いでしょうね。今まで皆さんは目にしなかった風景ですものね。でも、変なやつ!で終わらせずに、なぜ?って訊いてきてください。意見があったら、言ってきてください。100人いたら100人考えは違うものです。人間はお互いに話を交わし、考えを深めることができます。それは自分を成長させると思います。いつでも言ってきてくださいね。1年間どうぞよろしくお願いします」と。
 授業は、昨年までと同様、T1・T2の2人体制。うち、1年生を私がT1で担当するよう言い渡された。出勤1日目はその授業の打ち合わせやら準備で瞬く間に終わった。
 2日目、初めての授業。3年生の授業はT2として、教室に身を置く。T1では、1年生の1クラスで、年間計画に予定されている「食品の選択」について授業をした。やっぱり落ち着く。こうして1週間が瞬く間に終わった。
 これから先、何があるかはわからないけれど、温かさのある職員室で「やっていけそう!」と思える。

3日に鶴川2中の教員たちに配った手紙

鶴川二中の職員の皆さま

 停職3ヶ月が終わり、今日から出勤となりました。2時間通勤に加え、「過員配置」を濫用し、1年で異動させる計画で私の異動がなされましたから、短い時間ではありますが、どうぞよろしくお願いします。
 職場の一員となるに当たり、「君が代」で不起立する私の思いを知っていただきたいと思います。どうぞ、最後までお読みください。
          ◇◇◇    ◇◇◇     ◇◇◇ 
私は「君が代」が国民主権の憲法に抵触し、歴史的清算も終わっていないと考えます。しかし、だから起立しないのではありません。「君が代」に限らず、強制に反対なのです。
強制の行き着く先は、自由と民主主義が奪われた社会、ファシズムです。70年前に日本の歩んだ道を想起すれば、これを良しとする人はいないでしょう。大きく前提として、このことがあります。
加えて、強制は教育ではないということです。通達により学校は、子どもたちに起立斉唱だけを求め、「君が代」についての歴史的事実や歌詞の意味、そしてそこには多様な意見があることは知らせず、考える機会を与えません。知識をもとに考え合い、自己の意思を形成していく営みが教育であるはずなのに、それを否定する行為をしています。マインドコントロールと呼ぶべきでしょう。私は教員ですから、教育に反する行為に加担することはできません。
子どもたちが意味も知らされずに、起立・斉唱をさせられることが、どんな結果をもたらすのかは、想像に難くありません。子どもは、「君が代」を肯定し、国家の価値観を無批判に受け入れるでしょう。上から(=国家)の命令には、これまた無批判に従うものだと考えるでしょう。ちょうど70年前、「お国のために」命をささげた子どもたちのように。
私は、子どもたちがどんな問題についても、そこにはいろいろな意見があることを知り、それに耳を傾け語り合い、その中から自己の考えを確立してほしいと願い、教育活動に当たってきました。「君が代」についても例外にしてはいけないと思うのです。
蛇足ですが、今日の社会で見てみましょう。組織の中でその構成員が人命よりも上意を優先し、服従してきたことが、組織の不祥事を温存拡大してきたとも言えるのではないでしょうか。そうした事実は、枚挙に暇がありません。と同時にそれらが、三菱自動車や雪印食品に見られるように、勇気を持って立ち上がった人の内部告発によって明るみにされ、ただされてもきました。不正に対して、服従を拒否し組織をただす人の行為が、安全を担保し、組織を生き返らせます。
「合理化」のなか、線路の点検・補修が国鉄時代の何分の一、何十分の一となったJRで、大事故に繋がりかねないレール破断が頻発しているのをご存じですか。先日その実態を雑誌のインタビューに答えた職員を、JRは処分しました。この職員の行為が、安全へと繋がるはずです。
私はこうした人たちを支持し、私もそうした生き方をしようと思っています。
このような考えから、私は「君が代」で起立をしないのです。どんなに命令されても、間違っていることには従えません。不起立・不服従は教員である私の職責だと考えています。幸い、私には扶養すべき家族への責任はありません。定年まであと、5年を切りました。ひどい処分を受けても、深刻な不都合や不安はありません。ですから、都教委の教育破壊を少しでも遅らせるために、闘い続けます。                             
2006年7月3日

« 2006年6月 | トップページ | 2007年4月 »