フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« ダウンロードNo.9 | トップページ | 都庁前20070720 »

2007/07/22

みんなでとめよう!教育改悪・全関西の集い実行委員会

 「みんなでとめよう!教育改悪・全関西の集い実行委員会」の事務局を務めております、大阪のTです。
 実行委員会の仲間である、兵庫のKさんが、アドレスの関係か、MLへの送信が叶わないということですので、代理投稿をします。
 文中にもありますように、わたしたちの会では、河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会に連帯して、都庁前ビラ撒きに継続参加しています。6月には私も参加させてもらいましたが、みんなで一緒にビラを撒いていると、元気が湧いてきます。
どうぞ、皆さん、ふるって都庁前ビラ撒きにご参加を。
(日程や時間・場所については、根津さんの「停職出勤日記」をご覧ください)

以下、Kさんの報告

 河原井さん、根津さんを解雇させないないために、都教委の日の丸君が代処分に抗議し、また都教委の教育行政に抗議して根津さんたちの毎金曜日ごとのビラまき宣伝活動が続いています。5,27「そうだ京都へ行こう!」集会のときに決議としてあげられた河原井さん根津さんの解雇をさせない取り組みの実践がとても重要です。みんなでとめよう!教育改悪全関西の集い」でも継続してこの取り組みに参加しています。
 7月20(金)には関西から私一人でしたが参加して、ともに都庁に対する怒りをぶつけてきました。その日は解雇を許さない会の人をはじめ各団体から地域から22名もの参加があり900枚のビラがたちまち配られるという状態でした。
 根津さんは処分に対する抗議と、これからの解雇をさせないため、そして学力テストにおける足立区の不正問題などを訴えました。東京都の教育行政がもう許しがたいこと、限界を超えていることを訴えていました。私も東京都の教育破壊の実態それが全国に及ぼす悪影響を抗議し訴えました。これまで金曜日ごとに行っていた宣伝チラシ配布を隔週ごとにし、その代わり都教委包囲ネットがしているように大勢で都庁を包囲するようなことをしていきたいということでした。
 また根津さんから参加者一人一人が都教委へ訴え抗議に行くというのもいいねということがありました。早速その皮切りに私が都教委人事部へいきました。
 私の訴えを受け付けた若い人が変わって渡辺というこれも若手の人が出てきて対応しました。彼のいう結論は職務命令違反だから処分をしたということ、君が代日の丸でどうのということではないということ、今裁判で争っているところですということでした。
 私は日の丸君が代処分は単なる職務命令違反で処分というようなものではなく、教育が何を狙っているのか、教育はどうあってほしいのかの根幹にかかわる問題で、この問題で職務命令を出すことが不当であるということをいいました。日の丸君が代を学校教育に強制する重大な問題性、愛国心の問題、今話題になっている足立区の学テ問題、学校自由選択制の問題点、石原都政の強制教育、虚構性、数々の問題性をあげてこの処分は不当であることを言いました。やはり最後ははじめに言ったことの繰り返しでしたが、石原都政の問題性について、そのようなことが考えられるのでしょうか、とも言っていました。ほぼ40分ぐらいのあいだ落ち着いて聞く態度があったのにはちょっと拍子抜けでした。そのように教育されているのかとも思いました。嫌がる様子もなく、まだまだ話に応じるという姿勢でした。
 最後に処分は不当であるという今日の話を部内でちゃんとまわすようにいいました。それはこのような抗議があったことを伝えますということでした。
 君が代日の丸処分は教育にあるまじき不当なものであることをいろいろな形で訴える。そのひとつとして都庁各個申し入れは、いいことではないかと思いました
 今日の取り組みで分かったことは都政が如何に大きく見えようとも、私たちの都庁の地下から沸きあがってくる取り組みは生きて動いて力強く確実に都庁行政を侵食し追い詰めていることを感じました。 
  学校はこれから一応夏休みに入ります。しかし、日の丸君が代処分にかかわる反省研修などをはじめ研修などで教員をますますがんじがらめにして国家に従うことを強制してきます。この企てをいろいろなことをやって阻んでいきましょう。
             【署名】

« ダウンロードNo.9 | トップページ | 都庁前20070720 »

投稿欄」カテゴリの記事