フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 都庁前20070824 | トップページ | 法廷カレンダー9~10月 »

2007/08/28

サンフランシスコでの連帯行動

サンフランシスコの「日本の反戦教師を守る会」から、10.5に向けた連帯行動のメッセージが寄せられています。

戦争に反対する日本の教師を守る国際共同行動へ!
2007年10月5日、全力で立とう!
日本の反戦教師に対する弾圧と解雇を許すな!

 日本中の学校の卒業式で、国粋主義的戦争翼賛歌の斉唱を拒否したことをもって、1700人を超す教師が攻撃され処分を受けている。2004年以来東京だけでも、388人の教師が重い処分を受けている。また日本帝国政府の戦争犯罪に関する教科書検閲の動向は、学校を再軍事化し、戦争を禁じた日本の憲法第9条を破壊する野望の一端である。

 10月5日は、教師を守り教育と教師への攻撃に反対する「世界教師デー」(World Teachers Day)として毎年国際的に祝われている。この日、2007年10月5日に、世界各国の教師とコミュニティーの活動家は、各地の日本領事館・大使館に代表団を送ろう。そして、日本の反戦教師に対する弾圧の中止を要求し、教科書の検閲と戦争を禁じている憲法第9条の解体攻撃に対して、反対の意志を突き付けよう。

 アメリカ政府は、日本政府に中東出兵を踏み切らせる主要な役割を果たしており、また多くのアメリカの政治家が日本に渡航し、軍事化とそのための第9条破壊を要求している。事実、戦闘的な鉄道労組を解体するため国鉄を民営化した先の日本首相中曽根は、日本はアメリカの「航空母艦」となるべきだと発言した。

 人種差別の国粋主義者である東京都知事・石原の圧力の下、東京都教育委員会は、教師の根津公子さん、河原井純子さんに対する処分を強行した。世界中の人民がこの弾圧に反対して立ち上がらない限り、彼女たちは解雇攻撃に直面する。
これは世界の全人民に対する威嚇である。すべての労働組合員、コミュニティーの人民、そして反戦活動家が、10・5行動に全力で立ち上がることを訴える。

*サンフランシスコ日本領事館への代表団派遣とピケッティング;
2007年10月5日(月) 4:00PM
50 フレモント・ストリート/ミッション通り サンフランシスコ
*連絡先;
 日本の反戦教師を守る会/電話:(415)867-0628/メール:lvpsf@labornet.org
*賛同者・賛同団体;
 ・AFT 2121
 ・サンフランシスコ労働者評議会
 ・オークランド教員協会(OEA)
 ・運輸労働者連帯委員会(TWSC)
 ・労働者ビデオ・プロジェクト
 ・平和と正義のためのベイエリア労働者委員会
 ・コリアン・アメリカン平和連合(KAUP)
 ・南京大虐殺補償連合

Oct_5_2007
「Oct_5_2007.pdf」をダウンロード

indybay
indybay

 

« 都庁前20070824 | トップページ | 法廷カレンダー9~10月 »

投稿欄」カテゴリの記事