フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 法廷カレンダー9~10月 | トップページ | 東京都庁前でのビラ撒き宣伝行動に参加しました »

2007/09/01

サンフランシスコ市立大学の教師からの連帯メッセージ

(サンフランシスコ市立大学の教師、日本の反戦教師支持の10月行動日に賛同)

<日本の反戦教師を支持し軍事化に反対する2007年10月国際行動日に関する、AFT2121執行委員会の決議ならびに支持>

日本人民は、戦争に反対してきた長い歴史を持ち、日本が軍事力を拡大し、軍事教育システムを伴う軍国社会へ進展することを禁止する憲法9条を有しているがゆえに、
戦争は、日本の若者、教育労働者やすべての人民、そしてまたアジアの民衆にとって壊滅的な影響を与えて来たがゆえに、
軍事化へ向け強まる衝動は、それを正当化するために、奴隷労働や性奴隷を含む第2次大戦における日本の行為に関する記載を検閲するため、歴史教科書の偽造にまで行き着いたがゆえに、
アメリカ政府は、日本をして憲法9条に違反させ、中東での日本の軍事的役割を拡大させ、その軍事力の発動(今正にイラク戦争として)と在日米軍基地の拡張を行わせているがゆえに、
アメリカ政府はまた、日本の軍事化をさらに推し進めるため、日本憲法のこの反戦条項の破壊を支持してきているがゆえに、
日本政府は、教育労働者や公務員労働者に対し如何なる改憲反対運動への参加も禁止し、憲法9条を破壊するために、国民投票法を強行採決したがゆえに、
軍事費の増大は、日本の教育労働者と教育システムへの出費の削減を意味しているがゆえに、
数百人の教育労働者が、卒入学式や他の学校行事で、「日の丸」の前で起立し、「君が代」の斉唱やピアノ伴奏を行うことを拒否したことをもって、処分を受け嫌がらせを受けているがゆえに、
教育システムに持ち込まれたこの強要と命令は、教育労働者の思想と良心の自由を不当に侵害しているがゆえに、
ここに全米教員連盟(AFT)ローカル2121は、卒入学式や他の学校行事で、「日の丸」の前で起立し、「君が代」の斉唱やピアノ伴奏を行うことを拒否した日本の教育労働者に対する報復と差別に抗議し、この施策に抗議すると共にその撤回を求める書簡を発出することを決議する。

そして、
AFTローカル2121は、日本政府ならびに東京都に対して、日本の教育労働者に対する嫌がらせ、処分、懸念される解雇攻撃を止め、根津さん、河原井さんに対する東京都教育委員会による関連処分を行わないよう要請する。そして、
AFTローカル2121は、日本の教育労働者や公務員労働者の憲法改変に反対して活動する権利を断固として支持する。そして、
AFTローカル 2121は、日本領事館にこの声明文を送付し、我々の懸念と反対の意志を表明するため、日本領事館員との面談代表団に参加することを決議する。そして、
AFTローカル2121は、次期カリフォルニア教員連盟(CFT)大会および全米教員連盟(AFT)大会への報告のため、日本の教育システムで進展する軍事化の危機の調査を目的として、教師代表団を日本へ派遣することに協賛する。そして、
AFTローカル2121は、日本の軍事化を抑制している憲法第9条の改変に反対することをベイエリア選出議員に呼びかける。そして最後に、
AFTローカル2121は、憲法改変に反対し、「日の丸」の前で起立し「君が代」の斉唱を拒否する教師への弾圧と闘う日本の教育労働者の権利を支持し、2007年10月5日の国際教育労働者デー(International Teachers Day)に照準を合わせ、日本で攻撃を受けている教育労働者の闘いへの支持と賛同を求め、日本の教員組合と他の国の適切な労働組合にこの決議を発送する。そして再び最後に、
AFTローカル2121は、戦争に反対する教育労働者への我々の支持を表明し、日本の軍事化に反対するため、2007年10月5日に世界中で日本領事館・大使館に行動を起こすことを支持し、傘下組合へ賛同と参加を求めるものである。

AFT2121組合員、アラン・フィッシャー、ロジャー・スコット、パブロ・ロドリゲスによって提出された。

labournet
labournet

 

« 法廷カレンダー9~10月 | トップページ | 東京都庁前でのビラ撒き宣伝行動に参加しました »

投稿欄」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31