フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« ダウンロードNo.10 | トップページ | 11月全国労働者総決起集会・三多摩実行委員会からの連帯メッセージ »

2007/09/26

支援ではなく共闘を

停職明けの前日(7/1)の福島までの全国行脚については、前回の会報で少しお知らせできましたが、その後、広島、福岡から長崎へそして、再び北海道、突然湯河原と、全国行脚は、穏やかにさらに熱く続いています。
◯9・8~9・9 湯河原 自由民権21・学習会にて
日本新聞協会「湯河原荘」でありました。孫文や幸田文も投宿したこともあるという宿で、木造で純和風、秘めたる闘志を感じて素敵な宿でし た。「自由民権21」については、ピースネット企画の「茶色の朝を迎えないために」の中でも紹介されていますので、すでに、ご存知の方も多いと思いますが、「自由と民権」を切り口に民主主義を再構築のために、多様な考え方と経験を持ち寄り、自由に交流し、議論し、問題点を明らかにして、解決の糸口を見つけ出していくことを目指している、根源的な会です。この思想こそ、変革の原則だと思います。学習会は三部構成で、とても充実した内容でした。
第一部……「反対を訴え、全国行脚をして見てきたもの」河原井純子 
第二部…「テロ対策特措法の延長反対運動への取り組み」小森陽一さん 
第三部……「私たちの望む社会は、どのようなものであったらよいか」……コーディネーター佐藤文明さん
<第一部から>
5月に「改悪教育基本法の具体化を許さない全国集会・京都」で
東京で起こっている「河原井・根津の不当処分・解雇」は、「河原井・根津」の特有の問題ではなく、「明日の私のこと」。各地で、それぞれの職場でひとりひとりの手で、来年3月の根津さんの「君が代」解雇を絶対に阻止しましょう、再来年3月の河原井の「君が代」解雇を阻止しましょうということが確認できたことは、画期的な事でした。なぜなら私の丸ごと全国行脚そのものでしたから。そうです、「支援」ではなく「共闘」の呼びかけです。再び、北村小夜さんの警告をかみ締めます。「不起立をしている教員がいる。そしてそれを『支援』している教員がいる。何か変ですね。どうしてともに不起立(共闘)しないの?」

先日、大阪の「日の丸・君が代による人権侵害」市民オンブズパースンから、会報「良心と抵抗」が、届きました。それは、まさに、共闘声明でした。現実に、大阪からは、早朝・都庁前ビラまきにも駆けつけてくださり共に闘っています。力強いです。今、必要なことは、まさに「自由民権」の思想と闘いだと思っています。ひとりひとりの手で動き出す、蠢きだす。そして、つながってつながっていくことだと実感しています。
保護者の立場で発言した人の言葉が、胸に迫っています。「20年以上前から、日の丸・君が代強制問題で、先生とつながりたくてアクションを起こし続けたけれど、なぜか先生たちは鈍く、つながらないんだよね」「戦前も、20年前も、今も同じだね」「信用できないんだよね」教員に「自由民権」は無関係なのでしょうか?一番敏感でなければならないはずなのに……、なぜ。
<第二部から第三部へ>
第二部は、小森さんが9時過ぎに駆けつけ、それからなんと、明け方の4時近くまで熱く語り合いました。やはり主題は人間性の回復に凝縮されます。第一部、第二部を受けて、第三部は「私たちの望む社会は、どのようなものであったらよいか」という問題提起がありました。

平和な社会、戦争のない社会、安全に暮らせる社会、生活保障される社会、労働の保障、老後の保障、地球環境を守る社会、地球温暖化阻止、豊かに生活できる社会、自然環境破壊阻止などなど。

この時、突然、1970年代に岡林信康が絶唱した「私たちが望むものは」が浮かんできました。
♪♪♪♪わたしたちの望むものは、わたしたちのための社会ではなく、わたしたちひとりひとりのための社会なのだ。いまあるふしあわせにとどまってはいけない……(略)明日に向かって飛びたつのだ。♪♪♪♪

それから、つながることの難しさと、つながることの大切さがいろんなひとから提起されました。
私は、「社会」や「学校」は多種多様な雑木が共生しあえる「雑木林」が望ましいと思っています。今の、競争ばかり強いる画一的な「人工林」からは、何も創造することができません。そんな中で生き残ったほんの一部の人たちも、決して心身ともに充実されているとは思えません。
おかしいことには「おかしい」と言い合える学校や社会を、自由民権の思想で創っていくことこそ、私たちひとり人ひとりが望んでいる学校や社会ではないでしょうか。
5月の「改悪教育基本法の具体化を許さない全国集会・京都」で、スタッフの蒔田さんが、最後のまとめの言葉として力説した。

がんばらない あきらめない 楽しみたい つながりたい
この精神で、3月に「君が代」」解雇を絶対に阻止しましょう。
私は、この変革の精神、共闘を熱くよびかけながら全国行脚を続けていきます。
すべては「ひとりから始まる」をかみしめながら……。

« ダウンロードNo.10 | トップページ | 11月全国労働者総決起集会・三多摩実行委員会からの連帯メッセージ »

全国行脚」カテゴリの記事