フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 2.23仙台集会 | トップページ | ネット署名日本語版 »

2008/02/25

ネット署名英語版

研究者、教育者、教科書の著者として、私は完全に解雇させない会の争いを支持します。
教員と意志を持つ人々の自由のために、共にたたかいましょう。


すばらしいたたかいです。私は私が属している組織総てに転送しました!


新国粋主義者と新保守主義の一味は、日本の国家的確立を進めるためには、子供たちを教育することが唯一の方法であると考えています。
しかしそれはいずれにしろ、日本が過去に間違いを犯したことを知らせないわけにはいきません。
間違いを認め謝罪すること(それは恥でもなんでもありません)なしに許されることはけっしてありません。


河原井さん根津さんらは勝利するでしょう!河原井さん根津さんらを解雇するな。


がんばってください!最後には勝利することを願っています!


私は日の丸と君が代に対してやや違った考えを持っています。しかしより重要なことは、人々がそれぞれの信念において支援しているということです。
それに対し都教委は、東京地裁判決を無視して個人の思想と信条を弾圧するのは、異常です。


教育機関は国家主義の育成機関でもなければ労働者の養成機関でもありません。
そこでは、批判的な思想が存在しうる、大切な場所なのです。


私は、良心の自由を主張し愛国心の強制を拒絶する河原井さんと根津さんを支持します。彼女らは、国際的に重要なたたかいを示しています。


良心の人々に対するこれらの悪辣な処分を再考するようお願いします。


ナショナリズムに抵抗する人々は、罰せられるべきではなく、彼らの勇気を称賛されなければなりません。
都教委の校長の報告による懲戒処分は、教育機関によって育てられなければならない民主主義の理想を危うくします。
学問の自由よ永遠に。


教育労働者に対する解雇またはいかなる処分も止めてください!


根津さんと河原井さんに対する決定を再考してください。


カナダでは、都教委の要求は民主主義社会において正当化されないものと考えます。


カナダでは、教員は国歌や国旗への称賛を要求されません。


あなたがたが忘れてしまったかもしれないこの条文を思い出してください。
  We, the Japanese people, acting through our duly elected representatives in the National Diet,  determined that we shall secure for ourselves and our posterity the fruits of peaceful cooperation with all nations  and the blessings of liberty throughout this land, and resolved that never again shall we be visited with the horrors of war through the action of government,  do proclaim that sovereign power resides with the people and do firmly establish this Constitution.  Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people,  the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.  This is a universal principle of mankind upon which this Constitution is founded.  We reject and revoke all constitutions, laws ordinances, and rescripts in conflict herewith.  We, the Japanese people, desire peace for all time and are deeply conscious of the high ideals controlling human relationship  and we have determined to preserve our security and existence, trusting in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world.  We desire to occupy an honored place in an international society striving for the preservation of peace,  and the banishment of tyranny and slavery, oppression and intolerance for all time from the earth.  We recognize that all peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.  We believe that no nation is responsible to itself alone, but that laws of political morality are universal;  and that obedience to such laws is incumbent upon all nations who would sustain their own sovereignty and justify their sovereign relationship with other nations.  We, the Japanese people, pledge our national honor to accomplish these high ideals and purposes with all our resources.
【日本国憲法・前文】


根津さんは、最高の先生です。東京都教育委員会:あなたたちは悔い改めなければなりません。弾圧するな。都教委よ、恥を知れ。


こんにちは。私は公立小学校の教員です。私は規律と規範が重要であることは認めます。しかし、人が望まない「起立斉唱」を強制することに反対します。


平和を守ってください!くだらない規則など不要です。日の丸はちっぽけなしるし、君が代は退屈な歌。くだらない習慣に縛られるな。


私は、思想の自由と良心を支持します。


これは、社会的・経済的先進国である日本における現代民主主義社会にとって、非常に不当なことです。東京都教育委員会は、教員と生徒に与える損害に、責任があるとみなされなければなりません。


学問の自由は、アメリカの教員と学生が大事にしてきた価値です。
教員と学生に彼らの主義に従う自由がないとき、本当の教育は存在できません。
幸運を祈ります、日本の教育者と学生に、そして、彼らの理想に忠実なままである世界全体に。


私は私の同僚に同意します-教員として、我々は思想の自由を支持しなければならず、平和な世界を目指して努力しなければなりません。


民主主義のために立ち上がれ、信じるところを進め。
これが政府に反対である場合にとるべき、最も重要な対応です。


これらの教員は、次世代のために、戦争と軍国主義に反対し、より良くより平和な世界を作るためにたたかっています。彼らの立場は賞賛されこそすれ、罰せられるべきではありません。
これらすばらしい人生の手本に対する仕打ちは、日本政府の恥だ!


« 2.23仙台集会 | トップページ | ネット署名日本語版 »

投稿欄」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31