フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 英語版ブログ奮闘中 | トップページ | 根津さんからの要請 »

2008/02/18

ぜひ多くの人に知らせてください!ご所属のML等へ転送してください!

学校への「日の丸・君が代」の強制に反対して不服従を続ける根津公子さんが、「OBJECTION HINOMARU KIMIGAYO」トレーナー着用の件で、卒業式を前にしてクビになるかもしれない、という事態に対し、先週2/12~14日にはたくさんのひとが都教委へ駆けつけました。

2月14日の都教委例会では、根津さんの「トレーナー処分」は審議されなかったということです。
しかし来週の2月21日(木)にも都教委定例会が予定されています。
引き続きご支援よろしくお願いします。

●2月20日(水)  8時~都庁前情宣【加筆:事務局】
                      16時半~ 都教委へ要請・抗議行動
●2月21日(木) 8時~都庁前情宣・要請行動
                      9時半~都教委定例会傍聴

詳細は下記をご参照ください。

河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会HP
http://homepage2.nifty.com/kaikosasenaikai/
河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会ブログ
http://kaikosasenaikai.cocolog-nifty.com/

    *    *    *    *

朝のビラまきのあと、仕事に戻ったりしながらも、私も3日間、都教委がどう対応するのか見届けようと、都教委へ行きました。

すでにいろいろな人が報告しているとおり、まず12日には、8日に教育情報課へ手渡した根津さんの「公開質問状」については「質問には回答しないというのが回答です」というお答え。

「職員課が回答してくれないのなら、責任ある立場の人に直接答えてもらおう」と教育長室のある30階に上がると、通路で都教委の職員が人間バリケードを組んで通せんぼ。しかも、だんまりを決め込む。

人間バリケードと、だんまり、「回答しないと言うのが回答だ」……
これらが続くと、魂をすっかり都教委にささげてしまって、自分で判断できないこれら職員たちとどうやって対すればいいものか、このまま都教委が一方的に処分を出すのを待つ以外にないのか、と私の気持ちも萎え気味になったときもありました。

しかし、その状況を変えたのは次のようなことだったと思います。

まず、大勢がつめかけ、直接各人が、「トレーナー処分はおかしい」と意見を述べたこと。
とくに「明日から、どぶねずみ色のスーツ以外は着てはいけない、
ということになったらどうするの? 茶色の朝とはまさにそういうことなのよ!」というHさんの発言は迫力ありました。

次に、8日に手渡しした根津さんの「公開質問状」は、8日のあと、どこの誰と誰が、どういう場でどう検討したのかしなかったのか、ということを仔細に追及し続けたことです。

そういったなかで、総務部法務監察課長の松川氏が、根津さんの公開質問状の存在を知らないことが判明し、彼女は懲戒分限審議会のメンバーであるにもかかわらず、校長と根津さんとのあいだで事実認識に違いがあるのを無視して、校長の言い分だけを鵜呑みにして処分するつもりなの? となり、ここでぐぐっと相手に風穴をあけることができました。

「適切な手続きをふんで」「窓口を通して」などという都教委のまやかしに惑わされることなく、窓口がその役割を果たさないのなら、処分を決行する人に、責任ある態度を直接求めよう、と責任の所在を追及し続けたのがよかったのだと思います。

    *    *    *    *

2月13日付けの東京新聞に「服のロゴでクビ?」というタイトル、「職務命令違反で都教委事情聴取 『見せしめ』の声も」という見出しのついた記事が掲載されました。

「……何が職務命令なのか、何が職務専念義務なのかを明らかにしておらず、そもそもがおかしな話」と小森陽一氏は指摘しています。

私も都教委に職務命令についての規定がどこかに明文化されているのか、電話でたずねましたが、「学校教育法」にある「校長は職員を管理監督する」ということぐらいしかその根拠となるものはないようでした。
私が電話で服務課の人から聞いたところでは、「職務命令」という言葉自体もどこにも載っていないような感じでした。
このへんは、服務課の人がひどくあいまいにして話すので断言できませんが。

    *    *    *    *

こんな不合理極まりないことで、処分・クビなんてことにはさせないよう、20日、21日も都教委へ駆けつけてください!

« 英語版ブログ奮闘中 | トップページ | 根津さんからの要請 »

投稿欄」カテゴリの記事