フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« ワンパターンで組織を守ろうとするには、無理があると思う | トップページ | 都教委トレーナー処分出せず »

2008/02/22

2008年2月21日

根津さんの「公開質問状」はどこへ行ったの?!

根津さんが2月8日(金)に都教委へ出した「公開質問状」の行方がわかりません。

 2月14日(木)、都教委のバリケードの中にいた松川さん(懲戒分限審議会のメンバー)に聞いたところ、まだ見ていないとのことだったので、根津さんは 「私を処分する前に、提出してある公開質問状をきちんと読んで質問に答えてください」と依頼した。そして今日、会う約束もしていた。とてもまじめそうな (に見えたのだが)女性だったので、これまでの男連中とは少しは違うだろうと期待していた。
 しかし、今日の午後、根津さんが松川さんを訪ねていくと、またもや「人間バリケード」で阻まれた上、そこへ出てきた松川さんが発した言葉は、「公開質問状は見ていません」「本日は以上です」だけだった。その後、松川さんは身をひるがえしてサーッと引き返してしまった。


 何と言うことだ!これだけ問題になっている根津さんの「公開質問状」。関係者が「見ようとしない」のか、あるいは見たくても「どこにあるのかわからない」のか?! あまりにもヒドイ対応だ。

 根津さんは、都教委の人間バリケード職員に「教育長を呼んできてください!」「教育長は根津に会う責任がある!」と要求しました。しかし、教育情報課の黒田課長は「それは、あなたの考えです。教育長は会いませんし、取り次ぐことも出来ません」と言い放ったのです。


 根津さんは叫んだ。「クビにするのに、そんなやり方をするのか」「私の生首を切るのはあなたたちだ!」「ここで私の行く手を阻むことがあなたたちの本来 の仕事ではないはず。こんなことは出来ない、という権利があなたたちにあるし、そう言うべきだ。それが出来ないなら、あなたたちは積極的に私の首切りに加 担している!」

 

 今日の教育委員会定例会で根津さんのトレーナー着用処分が案件に出たかどうか、の質問には最後まで「お答えできません」のくり返しでした。

 この赤い帯は何ですか?窓口まで行けないのは異常ですよ、これを無くして話し合いましょう、と河原井さん。


 都教委の基本方針の第一は「人権尊重の精神」だそうです。紹介パンフの中味と現実は天と地の違いです!

Suni_0840

【とめよう戦争への道!百万人署名運動のブログから転載】

« ワンパターンで組織を守ろうとするには、無理があると思う | トップページ | 都教委トレーナー処分出せず »

投稿欄」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31