フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 都教委トレーナー処分出せず | トップページ | 君が代・日の丸で教員処分するな »

2008/02/22

都教委包囲首都圏ネットワークより

全国の皆さん、都庁は動き出しました。

本日(2月21日)朝、根津さんへの解雇を許さないビラまきに都庁に行くと、「都庁職」の紅い旗が立っていました。
そばで数人がビラまきの準備をしていたのでビラをもらいました。

そのビラの見出しには、<異議あり「緑の東京募金」>として、
「石原知事のトップダウンで
 勤労奉仕を強制した職員動員に
 怒りをこめて抗議する(この行は大きく太い文字)」
とありました。

少し長くなりますが、極めて重要なことが都庁内で起きつつありますので事の経過を紹介します。

2月2日、都職員1000人を動員して、「オリンピック招致と連携した緑の東京募金街頭キャンペーン」が行われました。
当初、都当局は「事業の一環であり職務命令による休日出張」で行うとしていました。

これに対し、都庁職は
(1)行政責任で行うべき都市の緑化を「募金」で行うことへの疑義、
(2)業務として疑義のある「募金活動」を「職務命令」で行わせることは内心の自由に抵触する、として、当局に「申し入れ」や「抗議」を行いました。

キャンペーンの前日(2月1日)になり、突然「出張」が「ボランティア」に変更されました。
当局は職員(都庁職)に謝罪し、「強制はわたらせない」としましたが、実態は「職務命令」による「ボランティア」への強制参加となりました。

これに対し、都庁職は2月8日、
(1)今後、事実上の「職務命令」による当該「ボランティア活動」を実施しないこと。
(2)職員自身への当該募金の強要を行わないこと
(3)職員がキャンペーンに参加したこと、拒否したこと、募金の有無等をもって、処遇上の優劣をつけないこと、
等を申し入れました。

しかし、2月27日の「東京マラソン」に際し、環境局でまたもや30人の「募金ボランティア」が募られました。

これに対し(ビラの中で)、「都庁職は、本来業務として疑義のある極めて政治的な『募金活動』を『職務命令』で行わせることに反対です。また、事実上の『職務命令』による『ボランティア』にも反対です。」と明確に述べています。

そしてビラの裏には<職場の怒りの声>が4つ紹介されています。
その中から一つを紹介します。

「征韓論や日清戦争・日中戦争、日本の歴史の中で為政者は何の盛り上がりもない課題や戦争でも、世論を偽装し操作し、国民を誤まった方向へと導いてきた。
ナチスの第三帝国や、アメリカのイラク戦争もしかりです。
今回の「偽装ボランティア」は、規模が小さいがみんなが『実現性に乏しいと考えるオリンピック』を、この手法で実現するかのような幻想に変え、都庁内でも署名やカンパが実質強制され、疑問を口に出すことがはばかれる風潮を生み出すやり方です。
今こそ、疑問の声、本当の世論が大きな風となり、知事や副知事の世論操作を吹き飛ばし、都庁内の民主主義が確立される絶好のチャンスです。」

その後、私達(約30名)と一緒に都庁前でビラまきが始められましたが、私達が第二庁舎の周辺だけだったのに対し、都庁職の方々は、第一、第二庁舎の両方で私達よりも多い人数で、ビラまきと大きなスピーカーでの宣伝をやっていました。

遂に都庁の中からも公然と、石原に対し反旗が翻りはじめました。


根津さんの解雇を許さない取り組みですが、本日も一日行動となりました。
延べ約120名が参加しました。

・朝のビラまき、
・職員課に根津さんの「公開質問状」への回答要求行動
・都教委定例会傍聴(処分案件は非公開となり、内容がなかった)
・「公開質問状」への回答要求行動兼抗議行動
・本日の教育委員会の結果開示要求兼抗議行動
・退庁時のビラまき行動
(他に本日は根津さんにからんだ裁判も2つありました)

そうした中で、松川法務監査課長は、職員課の廊下に出てきて、根津さんに「公開質問状は見ていません」という回答をしました。
すでに一週間も経っているのに、また都教委に届いているのを知っているのに、このような「回答」をしている始末です。

また、昨日、支援者が最後まで受付に行くことを阻まれた「解雇をさせない会」の署名4000名分は、長々と「受け取り証」を出すのを拒みましたが、約70名ほどの支援者の抗議の中、やっと「受け取り証」を出す始末でした。(黒田教育情報課長が)

さらに、本日の都教委の結果はどうなったのか、ということを聞いても、「答えられません」の繰り返しです。
「いつ答えられるのか」と聞いても「答えられません」と言うばかりでした。(金井(職員課長補佐?))

この間、多くの参加者から絶えず抗議の声が上がり続けました。

なお、本日の教育委員会定例会では、根津さんの処分問題は出なかったようです。

次回教育委員会定例会は3月4日(火)10時からです。

全国の仲間の皆さん!
都庁は動き出し始めました。
今こそ、東京の各地、首都圏の各地、全国の各地から、
石原と都教委に対し、大きな抗議の声を集中しましょう!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とにかく、全国各地から以下のところへ抗議の声を寄せることが重要です。
石原都知事・中村教育長
都教委人事部服務係(処分担当):03-5320-6792 
都教委総務部教育情報課(苦情受付担当) 
   電話 03-5320-6733 FAX 03-5388-1726
南大沢学園養護学校
   電話 042-675-6075

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
  http://kenken.cscblog.jp/

« 都教委トレーナー処分出せず | トップページ | 君が代・日の丸で教員処分するな »

投稿欄」カテゴリの記事