フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 改憲阻止!改悪教育基本法を許さない!2・11福岡集会 | トップページ | 2008年2月15日 »

2008/02/15

2008年「不起立宣言」(改憲阻止!改悪教育基本法を許さない!2・11福岡集会)

 卒業式、入学式等において、「日の丸・君が代」の強制に反討し、不起立でもって抗議することを宣言します。

 2006年12月、安倍元首相は、多くの人々の反対の声を無視し、教育基本法の改悪を強行・可決し、成立させました。さらには、2007年の通常国会において、学校教育法・教員免許法・地方教育行政法の関連3法を改悪しました。

 一連の改悪は、教育の目標に「愛国心」を位置づけ、副校長・主幹・指導教諭といった中間管理職を導入し、戦後の教育を根底から覆すものです。これは、国家、教育委員会が学校、家庭、地域社会に介入し、戦争のできる国家づくりを進めるために教育を使い、この先頭に主つことを教師に強制しようとしています。そして、反対する教師からは「免許を剥奪する」というものです。

 このような状況の中で、2007年度の卒業式、2008年度の入学式において「日の丸・君が代」の強制が行なわれようとしています。
 東京都・教育委員会は、2003年に「10・23通達」を出し、従わない者に対しては、処分を繰り返しました。そして、本年度、「日の丸・君が代」強制に反対し不起立を貫いてきた教師に対して、「懲戒解雇」の構えを見せています。

 そもそも理不尽な理由をもって「日の丸・君が代」を強制し、教師を暴力的に従わせ、協働の場を破壊し、教育を制圧し、教育委員会と校長の意のままの職場をつくり出すことに本当の狙いがあるのです。

 「日の丸・君が代」強制を許すこと、処分・懲戒解雇を見過ごすことは、改悪教育基本法・関連3法の実働化を推進することになり、ついには「教え子を再び戦場に送る」ことになるでしよう。私たちは、この道を断固拒否します。

 「日の丸・君が代」処分を阻止し、改悪教育基本法・関連3法の実働化阻止の不起立闘争に決起します。

2008年2月11日

« 改憲阻止!改悪教育基本法を許さない!2・11福岡集会 | トップページ | 2008年2月15日 »

投稿欄」カテゴリの記事