フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 3.25都教委行動のちらし | トップページ | 3.25、根津さんに無体な事情聴取呼び出し »

2008/03/26

都教委人事部服務係への電話

私は、昨24日、都庁に行くことができなかったので、せめてもの行動として、都教委人事部服務係に電話をかけました。
名前を聞き忘れましたが、まだ若そうな男性職員が出ました。
以下、そのやりとりを報告させていただきます。

T:「私は21日のビラを読んで、根津さんと同じように不起立を続けていて、なんの処分も受けていない教員がいることを知りました。それなのに、根津さんだけ停職6ヶ月に達していて、今度の不起立でクビになるとしたら、あまりにも不公平じゃないですか。そのことについて、都教委はどう考えているのですか?」
職員「不公平だというお考えは、ご意見として承っておきます。」
T:「ご意見として承るのは当然のことでしょう。私は質問に答えていただきたいのです。不起立を続けていて処分をうけていない教員がいることは、前から都教委は知っていたのでしょう?」
職員「(しばらく絶句した後)基本的には職務命令が出ているか出ていないかの違いです。」
T:「そんなこと、保護者や生徒にとって知ったことじゃないですよ。私は不起立を貫く先生がいることは、自分も立ちたくないと思っている生徒にとって励ましになるでしょうから、決して生徒に悪影響を与えるとは思いませんが、都教委が不起立を処分するのはそれが生徒に悪影響を与えると考えてのことでしょう。職務命令が出ていようがいまいが、それが生徒に与える影響は同じじゃないですか。」
職員「結果ではなく、過程で判断するのです。」
T:「でも、そもそも、都教委が君が代に起立せよと教員に職務命令を出すのは、生徒を指導するためなのでしょう。生徒への影響という結果を考えているじゃないですか」
職員「(しばらく絶句した後)君が代に起立しない教員は処分せよという全く逆のご意見もうかがっていますのでね・・・」
T:「私のような意見と反対の意見と、割合としてどちらが多いのですか?」
職員「割合は考えていません。ただ、どちらの意見もご意見として承っています。」
T:「君が代を好きな人もいるでしょう。そういう人は君が代に起立しない教員は処分せよと言うかもしれません。でも、私が言っていることは、そういう意見と次元が違います。不公平だと言っているのです。」
職員「同じように不起立なのに差別するのはおかしいということですね。」
T:「職務命令がどうこうなんて、世間一般に通用することではないと言いたいのです。私の意見をちゃんと上司に伝えてください。」
職員「わかりました。」

以上、こうして書き上げてみると、都教委に合わせて形式論に終始してしまったなあという思いが残ります。
どうか、皆さん、いろいろな角度から、電話やメール・FAXで、都教委に「根津さんを解雇するな」と意見を伝えてください。
「処分せよ」との意見も届いているようですから、それに負けないよう、どうか、よろしくお願いします。

« 3.25都教委行動のちらし | トップページ | 3.25、根津さんに無体な事情聴取呼び出し »

投稿欄」カテゴリの記事