フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 5.8都庁情宣 | トップページ | 5月8日(木) »

2008/05/11

5月7日(水)

 南大沢学園特別支援学校に。

 今朝も越前谷さん、学校近くにお住まいのSさんが来てくださった。今日の越前谷さんのプラカードのことばは、「10・23通達の / 撤回なくして / 真の教育の場は/ あり得ない」。日替わりの越前谷さんのプラカードのことばに、何人もの教員が、「今日は?」と期待を寄せている。今朝も私が到着する前に、そう声をかけてきた人がいたそうだ。
 私のプラカードは、「わたしは、どんなにおどされても、まちがっていると思うことには、したがいません」。

 「迷惑なので、お帰りください。本校の教育活動には関わらないでください」と、校長が小中学部の副校長を伴い告げに来るのは、今朝はいつ?と待っていたのに、とうとう来なかった。
先週は、校門前に10人近くいたので来なかったのかと思っていたけれど、今日も来なかったのを見ると、理由は別にあったのか?「迷惑」が解決したのか?あきらめたのか? 一方的に言うだけ言うと帰ってしまい、私の質問(=私に指示する法的根拠は?)には答えない校長に、今度は言いに来なくなった理由を聞きたい。そうしてくれないと、校長の行為が一貫性のないものに私には思えてしまうのだけれど・・・。

 「ご苦労様です」「お疲れ様です」「熱いから気をつけて」等々、声をかけてくれる元同僚たち、そして元気な声で挨拶をしてくれたり、おしゃべりをしていく、あるいは、駆け寄ってきて全身で受け入れてくれる生徒たちからたっぷり優しさと元気をもらう。3月最後の授業から1ヵ月半が過ぎたのに、生徒たちは私のことを忘れないでいてくれる。今朝も一人の生徒は、「先生、ちゃんと仕事しているのに、(教育委員会は)ひどいよね」と、一緒に怒ってくれた。

 午後遅くなって、来客。カナダに移住された日本人で、「9条世界会議」参加のために帰国されたKさん。短い時間だったけれど、ちょうど下校時だったので、校門前の雰囲気は感じ取ってもらえたと思う。

日差しの強い1日だった。


« 5.8都庁情宣 | トップページ | 5月8日(木) »

停職「出勤」日記2008」カテゴリの記事