フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 5月21日(水) | トップページ | 5月24日(土) »

2008/05/24

5月22日(木)

 都庁第一庁舎前で情宣、チラシ配り。私と河原井さんのほかに14人が参加してくださった。

チラシの内容は、前回第二庁舎前で配ったものと同じ。片面が2、3月の都教委の対応について私たちが質問したことに対する都教委の当事者責任をまったく感じない「回答」についてであり、もう片面が職員会議での採決を禁じた通知(2006.4)の撤回を求めて立ち上がった現職の三鷹高校校長を報じた毎日新聞の紹介である。

昨日の朝日新聞夕刊も三鷹高校の校長の撤回要求をA4サイズで取り上げた。都教委が学校・教育を壊していることを広く情宣し、石原銀行の問題と絡めて、退陣に追い込みたい。都民のかなりがそう思っているはずだ。朝日新聞には校長のことばが次のように紹介されていた。「都教委は校長主導と言いながら、校長を自らのロボットにしている。民主主義を教える教育の世界で言論の自由がないのは許されない」。

チラシ配りの後、本人開示請求をするために都教委30階に行った。ところがどうだろう。30階は今日も、通路に職員が立ちはだかり、通常の受付の場所まで行けないようにしている。「教育委員会が開催されるから」というのを理由にしていたらしいが、私が訪ねる目的は「傍聴ではない」と言っても部屋の中には入れてくれない。目的を私に言わせてようやく文書係りの職員に話を通した。

都教委職員はあまりに頻繁にこうした対応をしてきたので、失礼な対応であることの意識が薄らいでしまってはいないか。

« 5月21日(水) | トップページ | 5月24日(土) »

停職「出勤」日記2008」カテゴリの記事