フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 7月4日(金) | トップページ | 7月8日(火) »

2008/07/11

7月7日(月)

 午前中だけ立川二中へ。明け方まで激しく降っていた雨だが、校門前に立つころには小降りになっていた。それでも濡れたり冷えたりしないよう、ゴアテックスの上下を着て、万全の用意で臨んだ。私が挨拶の声をかける前に、元気に挨拶をしてくれる生徒には、とりわけ元気を与えられる。出勤途上のFさんが立ち寄ってくれた。高校に登校する二中卒業生と会うのは、ここでの大きな楽しみの一つ。今朝も、「雨がひどくなったら、無理をしないでくださいね。からだが大事ですから」とAさんは気遣いをしてくれた。

 4月に知り合ったSさんが今朝も「先生がんばってくださいね」と大きな声をかけながら、自転車を走らせて行かれた。市議のHさんはやさしくクラクションを鳴らし、笑顔いっぱいに大きく手を振って通られた。

「1日中雨」の天気予報は外れ、11時前には雨が上がった。今年は雨の降る日が金曜から日曜にかけてとか、夜の時間帯であるとか、「出勤」に影響のない時ばかり。ありがたい。

そろそろ帰り支度をしようかと思いながら、区切りのいいところまで読んでしまおうとしているところに、70代後半と思われる女性が通りかかり、プラカードを読み始められた。

「これは私のことです」と名乗ると、女性はびっくりされた様子。やや間を置いて、「私は君が代は好きな方です。起立してもいいと思うけれど、それは自分で決めること。停職はひどい。絶対いけない!こんなことで停職とは一体どういうことですか!停職にするんだったら、教育委員会とか、上にいる人が悪いことたーくさんやっているんだから、そういう人たちを停職にすればいい。間違っても君が代で停職や免職にしちゃいけない!」「教員の方たちは、なぜ、黙っているんですか?(あなたを)見捨てるんですか?」「がんばってください」。戦争を体験したこの年代の人たちは、「君が代」に対する愛着度とは関係なく、強制や処分はすべきでないと誰もがおっしゃる。


« 7月4日(金) | トップページ | 7月8日(火) »

停職「出勤」日記2008」カテゴリの記事