フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/29

8.29公開質問状

2008年8月29日
東京都教育委員会御中

河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
連絡先:多摩島しょ地区教組
〒186-0001国立市北1-1-6コーポ翠1階西
FAX042-574-3093

公開質問状

 貴委員会が2,008年7月15日に発出した「分限事由に該当する可能性がある教職員に対する対応指針」(20教人職員第742号、以下「分限指針」と略します)について、以下の質問に答えて下さい。

1.「分限指針」策定の経緯について

(1)この「分限指針」は、いつ頃から検討してきたものですか?
(2)教職員懲戒分限審査委員会に諮問・答申されたものでしょうか? 策定までに、委員会の審議は何回開かれ、計何時間ほど議論しましたか? それとも、会議は開かず、稟議で決定したものですか?
(3)「分限指針」を策定するにあたって、教育庁幹部以外の人たち、弁護士や学者、医師、保護者や都民の意見を聞きましたか?
(4)「分限指針」の内容は、総務局が5月に出した「分限事由に該当する可能性がある場合の対応措置」とほとんど同じですが、総務局の「分限指針」のファイルを打ち直して作成した文書ですか?
(5)総務局の「分限指針」を参考にするにしても、教育庁の「分限指針」を策定するにあたって、教育現場の特性は、どのように考慮され反映されていますか?

2.「国旗・国歌」に係わる職務命令違反の被処分者に「分限指針」を適用するのかについて

(1)-a 根津さん、河原井さんは、「国旗に正対して起立し、国歌を斉唱せよ」という職務命令には、どうしても従うことができません。このことは、「分限指針」第五にある例示(7)の「法律、条例、規則及びその他の規程又は職務命令に違反する、職務命令を拒否する」に該当しますか?
(1)-b 例示(7)にいう「職務命令」には、裁判所が違憲・違法と判断した職務命令、適法性についての裁判所の判断が分かれている職務命令も、含まれますか?

(2)-a 根津さん、河原井さんは、「服務事故再発防止研修」を受講しましたが、自らの思想・良心、教育者としての信念を曲げることができず、不起立を続けています。このことは、例示(5)にいう「研修を受講したものの研修の成果が上がらない」に該当しますか?
(2)-b 例示(5)にいう「研修」には、裁判所が違憲違法となる可能性を指摘した「公務員個人の内心の自由に踏み込み、著しい精神的苦痛を与える」研修も含まれますか?

(3)-a 根津さん、河原井さんは、「国旗・国歌」に係わる職務命令違反を理由に、戒告、減給に始まり、停職6ヵ月にいたる懲戒処分を受けながら、不起立を続けています。このことは、例示(14)にいう「過去に非違行為を行い、懲戒処分を受けたにもかかわらず、再び非違行為を行い、都及び教職員に対する信用を著しく失墜させている」に該当しますか?
(3)-b 例示(14)にいう「懲戒処分」が裁判で係争中で確定していない場合にも、「懲戒処分を受けたにもかかわらず再び非違行為を行った」として分限免職の対象になりますか? また、過去の懲戒処分が取り消された場合には、「懲戒処分を受けたにもかかわらず再び非違行為を行った」としてなされた分限免職処分は、どうなりますか?
(3)-c 例示(14)に該当するかどうかを都教委が判断する場合に、「過去に非違行為を行い、懲戒処分を受けたにもかかわらず、再び非違行為を行」ったという形式的事実だけでなく、それが「都及び教職員に対する信用を著しく失墜させている」かどうかを考慮しますか? 考慮するとすれば、都教委のいう「非違行為」や処分についてのマスコミの論調や世論調査結果をその判断材料にしますか?

(4)-a 都教委は、起立・斉唱は教員の職務であるとして、子どもたちに手本を示す指導として位置付けています。しかし、根津さん、河原井さんは、命令服従、国家忠誠表明の率先垂範などできないとして、子どもたちの自主的な判断による不起立の選択可能性を示すためにも、不起立を続けています。このことは、例示(19)(20)にいう「児童、生徒に対する学習指導を適切に行うことができない」に該当しますか?
(4)-b 04年3月16日の都議会で、横山教育長(当時)は、担当クラスの多数の児童生徒が国歌を歌えない、歌わない場合、「指導力が不足しているか、学習指導要領に反する恣意的指導があった」と見なすと答弁しました。実際、生徒不起立の結果責任をとらせるかのように、HRや授業での「内心の自由の説明」が「不適切な指導」であるとして、厳重注意、注意、指導などの制裁措置がとられています。
 HRなどで「内心の自由の説明」を行うことも、例示(19)~(21)に該当しますか?

3.「指導力不足等教員」と「適格性欠如」の関係について

 根津さんは、多摩中学校に在職していた2001年9月に、多摩市教育委員会によって「指導力不足等教員」として申請されたことがあります。幸い、認定には至りませんでしたが、指導力不足等教員制度が教育行政の不正な動機・目的から濫用される危険性を示した事件でした。
 今回、例示(19)~(21)で「指導力不足等教員」の定義が列挙され、「分限事由に該当する可能性がある」とされていることには、重大な危惧と疑問を感じざるをえません。 そこで、お伺いします。

(1)例示(19)~(21)は、「指導力不足等教員の取り扱いに関する規則」の第2条2の1号から3号に掲げる定義と同じですね? それは、地方教育行政第47条の2の「児童又は生徒に対する指導が不適切であること」の該当例として文科省施行通知(13文科初第571号)で示されたものであり、教育公務員特例法第25条の2にいう「指導が不適切である」ことの具体例として文科省施行通知(19文科初第541号)で示されているものでもありますね?
(2)「地公法第28条第1項各号、第2項各号に該当する者」は、地方教育行政法第47条の2の措置の対象から、法文上も除外されており、上記19文科初第541号でも、「教員としての適格性に欠けるものや勤務実績がよくない者等、分限免職、分限休職に該当する者」は、「指導不適切」認定-「指導改善研修」の対象とは区別されていますね?
(3)例示(19)~(21)を「分限事由に該当する可能性がある」とすることは、「指導力不足等教員」「指導が不適切である教員」と「分限免職や分限休職に該当する者」の取り扱いを混同するものではありませんか?
  また、「指導力不足等教員」に対して「分限事由に該当する可能性がある」という取り扱いをしたのでは、「指導力の回復・向上」が目的であるはずの「指導改善研修」も、 「指導や研修等を行ってもなお…矯正することのできない」として分限免職を行うための単なる手続きになってしまいませんか?
(4)「指導力不足等教員」の定義に該当する教員を、「指導改善研修」、それによる「改善の程度の認定」、その際の「専門家や保護者の意見聴取」、「行政系職員への転職選考」、等を経ることなく分限免職の対象とすることは、教育公務員特例法第25条の2に違反し、地方教育行政第47条の2の趣旨にも反するのではありませんか?
(5)「指導力不足等教員」ないし「指導が不適切な教員」、「教員として不適格」ないし 「教員として失格」(※)、さらに地方公務員法28条1項4号の「職に必要な適格性を欠く場合」の定義、概念は、それぞれどのように区別されるのか、説明して下さい。

 ※「教員として不適格」「教員として失格」という文言は、「指導力不足等教員への対応に関する指針」で都教委が使用している用語です。

以上


8.29公開質問状
「q20080829.pdf」をダウンロード


【参考資料】
以下に、2008年7月15日に都教委が通知した「分限事由に該当する可能性がある教職員に対する対応指針」をリンクします。なお、3枚目は用語の説明として編集時に追加したものです。


7.15指針
「i20080715.pdf」をダウンロード



8.29都教委への要請書

2008年8月29日
東京都教育委員会教育長 大原 正行 様

「分限事由に該当する可能性がある教職員に関する対応指針」即時撤回の要請

河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
国立市1-1-6コーポ翠 多摩島嶼地区教職員組合気付

貴教育委員会が7月15日都立学校長と区市町村教育委員会教育長宛てに通知された
「分限事由に該当する可能性がある教職員に関する対応指針」(以下「分限対応指針」という)を私達は次のように捉えました。
 「分限対応指針」は懲戒免職処分の脅しに屈することなく自らの思想信条と教育者としての信念を貫き「君が代」不起立で強制への抵抗続ける根津さん、河原井さん、多くの教職員を「分限免職」で解雇するという脅しであり、手段である。と
それは7月22日の「再発防止研修」で、貴教育委員会(以下都教委という)が減給処分者にこの「分限対応指針」を持ち出し、「講義、説諭」したという事実からもあきらかです。
 都教委は「分限対応指針」の項目の中の「研修しても研修の成果が上がらない」「職務命令に違反する、拒否する」「懲戒処分を受けたにもかかわらず、再び非違行為を行う」等を使って根津さん、河原井さんらを「適格性欠如」に該当すると形式的にあてはめ分限免職(解雇)にしようとしているのではないですか。
 都教委のやっていることはデタラメで矛盾だらけです。
都教委は体罰を2度にわたり行い減給処分を受けた教職員がさらに体罰を2度おこなったにもかかわらず戒告処分(2008、2、21)とし、痴漢を働き免職にした副校長について人事委員会が停職6ヶ月に軽減した(2008、4、21)ら、その副校長を復職させています。「君が代」不起立・不伴奏での累積加重処分や予防訴訟9・21判決等への対応とあまりに違う都教委の姿勢は、都教委にして弁明の余地はありますまい。
「君が代」不起立で教職員としての信念を貫き続けるものを累積加重処分にし、「分限免職」まで画策するのは平等原則に反します。そもそも「君が代」斉唱時「不起立」は思想信条、教育観の違いであり処分の対象ではありません。
都教委の教育行政は儀式を通じて子どもに国家忠誠心を刷り込むため、教職員を累積加重処分等でがんじがらめにし、そのことのみに重点を置く、非常に偏向したものです。
都教委への「絶対服従」のみが「教職員の適格性」だというのですか。
転向強要に屈しない者を解雇するというのはレットパージです。絶対に認めることはできません。
さらに「分限対応指針」は「勤務実績不良」「適格性欠如」「作業能率が著しく低い」等々で経験の少ない青年教職員や困難をかかえながら教職を続けようと懸命に努力している教職員を分断、差別、孤立させ、分限免職処分に追い込むものです。教職員免許法改悪により、分限免職で免許失効とされ、教職員として生きること、生活権すら奪われるという重大な問題をはらんでいます。
「分限対応指針」は人事考課制度、免許更新制度、キャリアアップ研修制度、主任教諭・給料表導入等の教職員を分断し、競争させる人事管理政策とからめ、それを集大成して都教委の意に沿わぬ教職員の首切り自由とする新たな段階にふみこんだ許しがたい攻撃です。

 申し上げたいことは多々ございますが、まずは以上の理由から
2008年7月15日通知された「分限対応指針」の即時撤回を強く要請いたします。
と同時に担当者との直接の話し合いをこころから要請いたします。

以上


8.29要請書
「r20080829.pdf」をダウンロード



9.19集会のご案内

解雇させない会では、来春の「君が代」不起立のたたかいに向け、9月19日(金)18:30~中野区立商工会館において、ご案内の集会を開催いたします。
集会の主なプログラムは以下のとおりです。

1 2006年裁判の報告
2 ビデオ「学校を辞めます-51歳の僕の選択」
3 「分限事由に該当する可能性のある教職員に関する対応指針」について
4 当該から
5 方針提起

皆さまのご参加を訴えます。

9.19集会

【クリックすると拡大します】


9.19集会
「f20080919.pdf」をダウンロード



2008/08/28

「あきらめない-続・君が代不起立」完成

松原@ビデオプレスです。

石原都教委による「日の丸・君が代」強制に抵抗をつづける教員のたたかいを描いた「君が代不起立」(06年)の続編「あきらめない-続・君が代不起立」が、ようやく完成しました。作品は、07年3月から08年3月までの1年間を追ったもので、根津公子さんの解雇をめぐる緊迫した攻防などを描いています。時間は75分。なお、制作がぎりぎりになったため、9月4日はあくまで「試写版」としての上映となります。ですから本当の意味で「試写会」です。ぜひご参加いただき、感想など寄せていただければ幸いです。メディア関係者の方もぜひお越し下さい。11月には大上映会を行う予定です。(なお、大阪では8月30日(土)13.30北区民センターで試写版が上映されます)

――――――――――――――――――――――

●ドキュメンタリー映画「あきらめない-続・君が代不起立」完成試写会

9月4日(木)18.30 開場 19.00 開演

なかのゼロ視聴覚ホール(東京・中野駅南口7分 03-5340-5000)
http://www.nices.jp/access/zero.html

*制作者(ビデオプレス)と出演者(根津公子さん他)のトークあり

参加費 500円(制作資金カンパ・DVD予約をいただいた方は無料)

主催・問い合わせ ビデオプレス
 TEL03-3530-8588 FAX03-3530-8578
 mgg01231@nifty.ne.jp
   (メールされる場合は、@を半角@に打ち直してください)
 http://www.vpress.jp/

*なおDVD予約の発送は9月中旬の予定です。


「8・29都教委包囲行動」へ(12)

渡部です。

「8・29都教委包囲行動」を前に情勢が動きつつあります。

<7・15分限対応指針通知>に対する反対の動きが出てきています。明日の行動ではその撤回決議を上げて都教委に申し入れます。

三鷹高校の土肥校長に対し、都教委は、「内部告発」されたことを「守秘義務違反」として、呼び出し、処分攻撃に出ようとしています。

明日は、以下のシュプレヒコールで都教委包囲行動を行います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*8.29都教委包囲行動シュプレヒコール*

「日の丸・君が代」強制反対!
10.23通達を撤回しろ!
君が代処分を撤回しろ
都教委は教育を支配をするな
愛国心の押しつけ反対
学校の自由を取り戻すぞ
石原知事の教育支配反対

「7・15分限対応指針」を撤回しろ!
都教委は累積加重処分をやめろ
闘う教職員を首にするな

教職員評価制度反対
主任教諭導入反対
分断的教職員賃金導入反対
教職員の団結破壊をやめろ

職員会議の採決禁止反対
学校の民主的運営を守れ
土肥校長の公開討論要求に応じろ

不正な教員採用をやめろ
きちんと真相を究明しろ
事前連絡をした職員の氏名を公表しろ
政治家の口利きを許さないぞ
都教委幹部に再発防止研修を行え
信用失墜は都教委だ

新銀行への支援反対
築地の豊洲移転反対
東京オリンピック反対
税金の無駄遣い反対
都政の私物化を許さないぞ
石原は知事をやめろ

「日の丸・君が代」強制反対!
10.23通達を撤回しろ!
君が代処分を撤回しろ
「7・15分限対応指針」を撤回しろ!
都教委を包囲して闘うぞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『8・29都教委包囲行動』

<月日>8月29日(金)
<内容>15:00 都庁第二庁舎前集合
     16:00 都教委抗議行動
  *参加される団体・個人はそれぞれ、都教委への「抗議文」「要請文」「請願書」「質問書」などを沢山持ってくるようにして下さい。  
     終了後(18:00頃) 都庁第二庁舎前集合・まとめ
  *なお、包囲ネットでは、当日13:30~14:30に新宿周辺で街頭宣伝を行います。

<主催>都教委包囲首都圏ネットワーク



2008/08/26

「8・29都教委包囲行動」へ(11)

渡部です。

「8・29都教委包囲行動」が近づいてきました。

包囲ネットでは、包囲行動の前日(8月28日)、右派勢力の圧力により異例の「修正・追加」をして出された新学習指導要領の問題点を追求するために文部科学省へ申し入れ行動をします。

ところで、都立三鷹高校の土肥校長が都教委に公開討論を申し入れていましたが、8月19日に都教委は、「公開討論には応じない」と口頭で回答したようです。校長が求めていた文書での回答はありませんでした。

彼らは自信がなくなってきています。土肥校長に接する態度も丁重になってきたとのことです。

これを受けて、
<「土肥校長と共に、学校に言論の自由を求める」保護者&市民の会>(最近立ち上げられた個人参加の会。私も参加)が、『学校に言論の自由を求める9.27集会』を開くことになりました。

9月27日(土)午後6時10分<開場> 6:40<開演>武蔵野公会堂 ホール (吉祥寺駅公園口徒歩2分)、です。

都教委はこの間、強権を振り回し、処分を乱発してきた結果、身内からも敵を作り出し、気がついたら自分が包囲される形になっているのです。

大衆的な包囲行動でさらに彼らに圧力をかけましょう。

なお、翌8月30日(土)には、千葉高教組の「日の丸・君が代」対策委員会と男女平等教育推進委員会が共催で、『河原井純子さんのおはなし会』を14時から、千葉市民会館4階会議室で行います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『8・29都教委包囲行動』

<月日>8月29日(金)
<内容>15:00 都庁第二庁舎前集合
    16:00 都教委抗議行動
  *参加される団体・個人はそれぞれ、都教委への「抗議文」「要請文」「請願書」「質問書」などを沢山持ってくるようにして下さい。  
    終了後(18:00頃) 都庁第二庁舎前集合・まとめ
  *なお、包囲ネットでは、当日13:30~14:30に新宿周辺で街頭宣伝を行います。

<主催>都教委包囲首都圏ネットワーク



2008/08/21

8.21都庁情宣

8.21都庁情宣のちらしです。

8.11都庁情宣
「f20080821.pdf」をダウンロード


2008/08/20

東京都教育長への書簡

2008年8月8日

東京都教育長・大原正行殿

親愛なる大原教育長殿

200万人を上回る労働者を組織するカリフォルニア州労働者連盟は、日本の学校で平和と正義のために闘う根津公子さん、河原井純子さんならびに410名の教師たちを支持します。

私たちは、全ての労働者が良心に関わる事項において表現の自由を体現する固有の権利を有しているものと確信しております。取り分け、数百万の民衆が戦争と大量虐殺に苦しみ、さらなる数百万が生きるために闘っているとき、子どもたちに引き継ぐべき人道的かつ正義の社会の実現のための規範として、我が教師たちが活動していくことが不可欠であると考えます。

カリフォルニア州労働者連盟の事務総長として、上記教師たちが直面している事態に関して正しく公平な決定をされんことを、ここに強く要請するものです。

ありがとうございます。

敬具

Art Pulaski
Executive Secretary-Treasurer
アート・パラスキー
事務総長



日教組委員長への書簡

2008年8月8日

日教組委員長・森越康夫殿

親愛なる森越殿、

カリフォルニア州労働者連盟は、日本の学校で平和と正義のために闘う根津公子さん、河原井純子さんならびに410名の教師たちを支持します。

私たちは、数百万の民衆が戦争と大量虐殺に苦しみ、さらなる数百万が生きるために闘っているとき、子どもたちに引き継ぐべき人道的かつ正義の社会の実現のための規範として、我が教師たちが活動していくことが不可欠であると考えております。

カリフォルニア州の200万人を上回る組織労働者を代表して、貴労組が貴組合員を防衛し、全ての労働者が有する良心に関わる事項における表現の自由を体現する権利のために闘っていることを、我が組合員が断固として支持することをここにお伝えするものです。

ご存知のように、日本憲法は、世界に平和で持続可能な未来を約束する第9条を有しています。カリフォルニア州労働者連盟は、この希望において貴国民と共にあり、そしてここアメリカにおいて、私たちと子どもたちの生をかけて平和を希求し闘っていきます。

貴労組の教師たちが直面している困難に関して、東京都教育委員会に正しい決定をするよう要求して送付した書簡を同封いたしますので、ご査収下さい。

連帯を込めて

Art Pulaski
Executive Secretary-Treasurer
アート・パラスキー
事務総長



東京都教育委員長への書簡

2008年8月8日

東京都教育委員長・木村孟殿

親愛なる木村委員長殿、

200万人を上回る労働者を組織するカリフォルニア州労働者連盟は、日本の学校で平和と正義のために闘う根津公子さん、河原井純子さんならびに410名の教師たちを支持します。

私たちは、全ての労働者が良心に関わる事項において表現の自由を体現する固有の権利を有しているものと確信しております。取り分け、数百万の民衆が戦争と大量虐殺に苦しみ、さらなる数百万が生きるために闘っているとき、子どもたちに引き継ぐべき人道的かつ正義の社会の実現のための規範として、我が教師たちが活動していくことが不可欠であると考えます。

カリフォルニア州労働者連盟の事務総長として、上記教師たちが直面している事態に関して正しく公平な決定をされんことを、ここに強く要請するものです。

ありがとうございます。

敬具

Art Pulaski
Executive Secretary-Treasurer
アート・パラスキー
事務総長



2008/08/19

「8・29都教委包囲行動」へ(10)

渡部です。

約1ヶ月程ご無沙汰しました。メール戦線復帰です。

この間、都教委関係では、7月22日には「再発防止研修」が行われ、私が前回(7月20日)紹介した『分限事由に該当する可能性がある教職員に関する対応指針』が、二回目以上の不起立者たちに示されたとのことです。

なお、この『対応指針』は、二年前に国の人事院が出し、それに基づき今年5月都が都の教育長などに向けて出した通知をもとに作られたもののようですが、それを学期末、再発防止研修の前に出し、研修該当者たちに示しているのです。ここに都教委の姿勢がよく表れています。思想屈服を迫る「脅し」であり「恫喝」です。

8月4日には、三鷹高校の土肥校長が「公開討論」を求める記者会見を開きました。しかし都教委は、それに応じない可能性が高いようです。
土肥校長は、都教委への不満として、

・「職員会議での挙手採決の禁止」に加え、
・「業績評価への都教委からの指示」(絶対評価だと言いながら20%以上C、D評価を出せという)

を上げています。
また、公開討論に応じなければ、「一方的に都教委の実態を暴露したい」と述べています。

「8・29都教委包囲行動」まで、あと10日となりました。この間、包囲ネットでは、準備を進めており、当日15時からの都庁第二庁舎前での包囲行動には、同じく石原都政により苦しめられている築地市場の方も連帯挨拶に来てくれる予定です。

ちなみに現在築地市場(中央卸売り市場)の長になっている比留間英人(1951年生まれ)という人物は、2003年に教育庁総務部長となっています。(この年「10・23通達」が出されました)その後、「君が代」処分が吹き荒れる2005年には教育庁次長になっており、その後、石原にその「手腕」を買われて、2006年から中央卸売り市場長になったと言われ、今後は副知事になるのではないかともささやかれています。

「8・29都教委包囲行動」には、

<「君が代」解雇をさせない会>
<被処分者の会>
<被解雇者の会>
<不採用者の会>
<新被処分者>
<予防訴訟の会>
<求める会>
<分限処分をされた方>
<藤田裁判>
<包囲ネット>

他の方々の参加が予定されています。

そして、「8・29都教委包囲行動」では、「10・23通達」の撤回、処分撤回とあわせて『分限対応指針』に対しても「撤回決議」を上げ、撤回を強く求めることになりました。

なお、包囲ネットでは、去る6月30日に独力で「新学習指導要領」に関する学習会を開きましたが、その成果をパンフレットにまとめました。「8・29都教委包囲行動」の際に紹介できると思います(一部100円を予定)

いかに日本の学校教育が「愛国心」中心の道徳教育に支配統制されていくか、またその反動性、喜劇性、限界性も理解されると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『8・29都教委包囲行動』

<月日>8月29日(金)
<内容>15:00 都庁第二庁舎前集合
      16:00 都教委抗議行動
  *参加される団体・個人はそれぞれ、都教委への「抗議文」「要請文」「請願書」「質問書」などを沢山持ってくるようにして下さい。  
      18:00 総括集会
  *なお、包囲ネットでは、当日13:30~14:30に新宿周辺で街頭宣伝を行います。

<主催>都教委包囲首都圏ネットワーク



2008/08/15

法廷カレンダー

法廷カレンダーを、2008年8月~10月に更新しました。

法廷カレンダー
http://kaikosasenaikai.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/index.html#entry-20142262


« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »