フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 7月14日(月) | トップページ | 7月16日(水) »

2008/09/01

7月15日(火)

 あきる野学園に。今学期最後ということで近藤さんは、チラシ(手紙)を用意してこられた。登下校での挨拶や校外授業の行き帰りでの挨拶だけだけれど、この頃は私たちを覚えてくれたのか、存在を認めてくれるようにかわいい挨拶を返してくれる。かわいい手を差し伸べてくれるしぐさや表情に、今日も温かい気持ちをもらう。
今日は催しがあるとのことで、保護者や地域の人たちの出入りが多く、皆さん、気持ちよく挨拶をしてくださった。プラカードを読んで頷かれる人、「こんな強制まったくおかしいですね!」と言って行かれる人が何人もいらした。



近藤さんのチラシ(手紙):進行する教育の統制     2008.7.15

八王子市立第五中学校夜間学級
被処分者 近藤順一

あきる野学園の教職員の皆さま、徒・保護者の皆さま

貴校の根津教諭に対する不当な停職処分も3ヶ月半が執行されました。季節もあの桜咲く春から、早、真夏の太陽が照りつける時となりました。この間、職場から排除された状態でも何とか、皆さまとつながりたい、強制や処分ではなく自由な意見、行動が保持される学校現場を取り戻したいという願いを訴えてきました。私は、同じ被処分者として、微力を尽くしたに過ぎません。

この間、多くの教職員の皆さまの好意、そして、何より児童・生徒の皆さんが力強く生きている姿に励まされてきました。

次々に出される施策

さて、この数ヶ月の間にも、教育をめぐる事態はますます厳しいものとなりました。06年成立の新教育基本法に基づき、新学習指導要領が提示され、7月には教育振興基本計画が閣議決定されました。両方とも、「我が国と郷土を愛する」方向が打ち出され、国家、行政が「愛国心」を規定し推進することになりました。「国際貢献」を教えるかどうか、問われることとなりました。一方では、教育行政の本来の仕事である教員増など教育条件の整備は、停滞させられました。さらに、私たち教員を直接統制する教員免許更新制が、事実上スタートします。多忙は統制の土壌となっています。

被処分者を圧迫する「再発防止研修」

都教委は7/22に、この春の卒業式・入学式で「日の丸・君が代」強制に反対して処分されたものに対して不当な「研修」なるものを強行しようとしています。違憲、違法な「10.23通達」「職務命令」を受忍せず、教育の自由を保持した被処分者に、何が何でも捏造した「服務事故発生」を認めさせ、思想・良心を放棄させようとしています。
多くの方が、この不当な「再発防止研修」に抗議の声をあげてくださるよう訴えます。


« 7月14日(月) | トップページ | 7月16日(水) »

停職「出勤」日記2008」カテゴリの記事