フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 「あきらめない―続・君が代不起立」東京・大上映会(その2) | トップページ | 12.26都庁前 One Day アクションのお知らせ »

2008/11/22

2009年「2・8総決起集会」へ(1)

渡部です。

本日(11月20日)早朝、<河原井さん、根津さんらの「君が代」解雇をさせない会>が、都庁前でビラまきをしました。(参加者は20名弱)

ビラは、『どちらが信用失墜行為か?』と題するもので、国分寺二小の校長が「買春容疑」で逮捕された事件を取り上げたものでした。市の教育長は「信頼していた校長だった」と言っています。また彼は、市教委や都教委勤務経験者でもあったそうです。

最近、管理職のこうした事件が多く起きています。ただただお上に忠実で、おかしいことに批判も反対もしない人間がいかに道徳的に頽廃するかということの見本ではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダッチロールを続ける麻生政権。麻生パイロットは二日酔い状態で、与党の内部からさえ「危なくて乗ってられない」と言う声が聞こえてきそうです。

しかも、金融危機は世界恐慌に発展しつつあります。倒産・リストラ・失業の嵐が世界中で吹き荒れ、多くの人々の仕事と生活が破壊されつつあります。1929年以来の世界恐慌の再来です。

これに対し、先日G20などが開かれましたが、一方では「規制強化」、他方では「自由市場の原則」が強調されました。これでは、資本主義の不治の病である貧富の差の拡大による「相対的過剰生産」(貧しい人の増加による市場縮小)は解決できないでしょう。また、いずれも大きなリストラを伴う金融業救済や企業救済をやるのでは、貧富の差はますます拡大することになるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、本日の朝日新聞に、田母神氏が、自衛隊の高級幹部を育成する統合幕僚学校の学校長時代に新設した「歴史観・国家観」の講師に、「つくる会」副会長の福地惇氏(大正大)らを招いていたことが出ていました。

「つくる会」教科書と言えば、東京都では、杉並区と、石原都知事の任命した都の教育委員が東京の中高一貫校などで採択しました。

つまり、彼らは、自分達の地位を利用し、田母神氏と同じようなことをやっているのです。アジアや世界の人からはとても認められないような考えを、また公式には日本政府でさえ認められないような考えを、子ども達に植え付けようとしているのです。

田母神氏が更迭されたのなら、石原や都の教育委員も更迭されて当然です。

しかし、彼らは、7月15日に「分限対応指針」を出し、分限に該当する可能性のある例の一つに、「上司等から研修受講命令を受けたにもかかわらず研修を受講しない、又は研修を受講したものの研修の成果があがらない」などのことを書いています。

しかし、石原や都の教育委員などの考えは田母神氏と同類のものなのです。本来更迭されるべき人間達がこのような「指針」を出し、自分達に反対する人間をクビにしようとしているのです。これまで、「君が代」不起立で闘ってきた東京の教員たちに対する、段階を画した、新たな、そして極めて理不尽・不当な攻撃です。

しかも、東京の事態はすぐに全国化していきます。すでに大阪では、橋下知事のような人物も生まれています。

したがって、都教委包囲首都圏ネットワークでは、こうした事態を前に、例年2月に行っている「総決起集会」を、単に首都圏規模の集会にするのではなく、全国規模に準ずるような集会にしようと考えています。(詳細は次号以降に)

そのために私たちは、全国への宣伝を開始しつつあります。

全国の皆さん!
是非ご協力下さい!
また、ともに闘いましょう!!



« 「あきらめない―続・君が代不起立」東京・大上映会(その2) | トップページ | 12.26都庁前 One Day アクションのお知らせ »

投稿欄」カテゴリの記事