フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 2008年12月26日要請書 | トップページ | 12・26東京へのアピール »

2008/12/28

12.26イノウエメッセージ

私たちロサンゼルスの教師、労働者、学生および平和と正義を求める活動家は、12月26日のワンデー・アクションに、『河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会』と行動を共にします。日本の兄弟姉妹のみなさんと共に、「解雇させないぞ!」、「生きさせろ!」の声を上げます。

表現の自由と「日の丸・君が代」反対を身をもって実践することを決断した教師たちに対し、処分と解雇を策動し続ける東京都教育委員会に私たちは激しい怒りを覚えます。私たちは、「分限事由」のもとに教師たちを抑圧しさらなる処分を正当化しようとする7・15通知の本質を、「解雇させない会」と共に満天下に暴露していきます。「日の丸・君が代」に反対する不起立闘争を根絶やしにするため、彼らが、根津さん、河原井さんの分限免職を策動しているのは明らかです。2度にわたる6ヶ月停職攻撃の後に、来春、根津さんを解雇するため、都教委が必死に動いているということです。

この攻撃は、「日の丸・君が代」による軍国主義の翼賛に抵抗し続けてきた教師たちを統制し、そこに権力を振るわんとする試み以外の何ものでもありません。教育者として、表現の自由のため闘うこと、世界中で平和と正義の規範としてあるべきことは、私たちの義務であり責任です。世界中の教師たちは、そのような不当な命令に抗して立ち上がり、日本の教師、労働者、学生たちと手を組みます。

連帯こそ私たちの闘いに必須です。「解雇させないぞ!」、「生きさせろ!」と共に声を上げましょう。

アーリーン・イノウエ
学校の軍国主義に反対する連合(CAMS)/ロサンゼルス統一教組(UTLA)



« 2008年12月26日要請書 | トップページ | 12・26東京へのアピール »

投稿欄」カテゴリの記事