フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 3.4都庁前アンサンブル | トップページ | 佐藤らて(2/17) 、明日の裁判 »

2009/02/17

広教組の不労行「誓約書」

石川@三多摩です。

 2月21~23日に日教組の教育研究集会が開かれる広島の友人から、時代を象徴するような出来事が伝えられてきました。以下その友人からのメールと当該教育労働者からのメールを引用して紹介します。
 「労働代官」とか「ファシスト労働運動」とか言いようはありますが、人間ここまで腐敗・堕落できるものなのでしょか。石原・都教委と同じ水準、正に「バリケードの向こう側」に行ってしまったことがはっきりしました。
 でもそのことは「絶望」などではないのですよね。かつて学んだ「階級闘争の歴史」が目の前で起こっているのですから。どちら側に立つのかがこれほどスッキリ分かることはありません。共にたたかいましょう。

============ ここから友人のメール ============

またまた卒・入学式の季節がやってきました。
それに先立って、広島では「2.11 教育労働者団結集会」が行わ れました。
教育労働者、保護者、市民が「君が代」不起立を拡大しよう!と張り切っています。

それから、今月2月21日~23日の3日間、広島の平和公園内の会場を中心に日教組の教育研究集会が行われます。
根津さんや町田教組のKさんが、日教組本部によって、今年も教研のレポーターから排除されたどころか、傍聴権すら奪われたというこ とはご存知の方も多いかと思います。

そしてさらに広島では、広教組が不起立を続けている一部の組合員に「『誓約書』に署名・捺印しろ。そうでなければ教研会場に出入りするIDカードを渡さない」などということを言ってきました。

それにしても「誓約書」、その内容たるや目が覚める程「感動的」です。
文科省当局がやりたくてもできないことを、組合が代わりにやっています!

ーーーーーーーーーーーーー

誓約書

わたしは広教組組合員として第58次教育研究全国集会参加にあたり、次のことを誓約します。

1、第58次教育研究全国集会参加にあたって、会場内外でビラ配布等 は行いません。
2、全体会場、分科会場での不規則発言等を行いません。
3、第58次教育研究全国集会会場での行動は、日教組・広教組の指示 に従います。

2009年 2月  日
(     )地区支部(     )分会
名前(     )印

広島県教職員組合
執行委員長 小早川健様

ーーーーーーーーーーーーー

添付写真の左上に手書きで書いてあるのは「誓約書の提出後、IDカードをお渡しします」という文言です。
本文にポストイットで貼ってありました。
人によっては、「この誓約書に署名捺印しないと教研に出すことはできない」ということを口頭で言われた人もいます。
また、添付写真のように付箋がついた書面を机の上に置かれていた、という人もいます。

すごい事態です! 不起立を貫き、不起立を拡大しようと訴えている組合員にだけ、この「誓約書」が渡されたのです。
連合と共に、資本主義の総瓦解状況を労働組合として支えようとする日教組、広教組に、現場労働者の怒りが噴出しています。

広島県連絡会も怒りと共に「こんな弾圧を引き出す程広島の教育労働者の不起立はすごい力をもっている!」と感動しています。
教研集会で全国から集まる日教組組合員の皆さんに、日教組・広教組の裏切りを訴えて、不起立の拡大を訴えます。

O20090216

============ ここまで友人のメール ============

============ ここから当該のメール ============

広島県教職員組合執行委員長 小早川健「様」宛ての『誓約書』です。
これを出さないと、全国教研のIDを出してくれないそうです。
組織なんだから組織の「ルール」に従えと言われました。
ルールって、何のため?今、派遣労働者がクビを切られるのは、派遣法というルールに従って。君が代不起立で処分されるのは、職務命令というルール?を破っ たから。京品ホテルの労働者が追い出されたのは、裁判所の決定と法律に従って。裁判員制度が始まれば、ルールに従って、裁判所に無理やり動員され、 労働者が労働者を裁く。教育基本法は「改悪」されたのに、法律というルールだから従う?
ふざけんな!労働者にとって、資本主義社会のルールなんて、全て必要ない!労働者の生き方は労働者が決める。
組合が、何よりも一番、組合員を縛りつけてきました!
あなたは、どう思われますか?
オレは、労働者階級全体の利益と団結・連帯のために闘い続けます。
現場労働者こそが、組合の主人公、社会の主人公です。戦争を止め、社会も職場も変えるんです。「今はガマンするとき」「(民主党に)政権交代」しか言わ ない組合幹部を打倒しよう!そのために、あなたとの団結が必要なんです!あなたの存在が必要なんです!
ともに団結して闘いましょーp(^-^)q

============ ここまで当該のメール ============



« 3.4都庁前アンサンブル | トップページ | 佐藤らて(2/17) 、明日の裁判 »

投稿欄」カテゴリの記事