フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 抗議行動@都教職員研修センター前歩道 | トップページ | ご支援くださった皆様へ »

2009/03/31

2009年春の闘い(27)

渡部です。 

全国の仲間の皆さん!

本日(3月31日)、都教委は卒業式での不起立者に以下のような処分を出しました。

<高校>
 ・戒告(初めての「不起立」者)   4名
 ・減給10分の1・6月(池田さん) 3名
<特別支援学校>
 ・減給10分の1・1月           1名
  ・停職3月(渡辺厚子さん)     1名
 ・停職6月(河原井・根津さん)  2名
<小・中学校>
 ・文書訓告(実損はない)     1名
  ・減給10分の1・6月        1名
    (近藤順一さん)        
----------------------------------
        計           13名

「文書訓告」については実損がないことから、処分に入れない場合もありますが、「不起立」で抗議したのでここに入れました。

昨年夏、「7・15分限対応指針」が出され、処分直前の3月26日には、東京地裁で<最低最悪>の「不当判決」(前回報告)が出されたばかりだったので、二重に厳しい状況下での処分でしたが、都教委は、根津さんや河原井さんをクビにすることは出来ませんでした。

処分言い渡し会場(研修センター)から出てきた今回初めて処分された都立高校教員は、支援者約200名の前で、次のように述べました。「都教委は地方公務員法で処分すると言った。しかし、自分は憲法を守ったのだと言った。歴史が必ず処分の誤りを証明するだろう。おかしいモノには抵抗していく」

河原井さんや根津さんは笑顔で研修センターを出てきました。「6ヶ月停職」との声にセンター前の支援者から大きな拍手が沸きました。

そして、その後開かれた報告集会(兼記者会見)(250名参加)の場で、4人の方々は次のように語りました。

<渡辺厚子さん>
今回自分は会場の外に出ようか中に入ろうか迷い、悩んだ。しかし最終的には、子どものそばで卒業を見届けたいと思い中に入って不起立した。不起立だけでどうしてこれが3ヶ月もの停職になるのか。くやしい。理不尽だ。自分は肢体不自由の子たちの教育を30年間やってきた。「10・23通達」が出て、子どもたちを無理やり壇上に上げ、呼吸困難な子どもが苦しんでも「君が代」斉唱時は介助も許さない、と言った理不尽なことが起きている。子どもたちを国家に従わせることに加担することはできない。「10・23通達」がある限り、これ以降も一人一人の教員が毎年塗炭の苦しみを味わう。そういったことがなくなるように力を尽くす。

<高校の音楽教員の池田さん>
自分は定年だ。昨日(30日)職場で通知を受けた。減給10分の16ヶ月だ。一日でも処分を有効にしたいとのことだろう。また、定年者には感謝状が出るが私には出なかった。ドイツでは軍隊でも「任務」と「良心」が食い違う場合には、「良心」の方を選ぶことが保障されている。これはナチス時代を反省しての事だ。しかし、日本は逆だ。「任務」と「良心」が重なるようにこれからも闘っていく。

<河原井純子さん>
停職6ヶ月2回目だが、温かい気持ちになった。不当処分という思いはあるが。前回の停職中、全国行脚をした。すると自分のことを「明日の私のこと」として受け止めてくれ、共有してくれた。「君が代」解雇を阻止できているのは、これらの人々の支えがあるからだ。ある意味では今回はオメデトウだ。「10・23通達」を白紙撤回させ、学校現場に自由の風を吹き起すことだ。そのために、見過ごすことなく、抵抗し、あきらめないことだ。

<根津公子さん>
3月26日の「不当判決」以降、自分は「分限処分になるのではないか」と思っていた。気持ちを抑えるのに困難だった。娘から電話が有り、「信じているから、自信を持って堂々としていてね」と言われた。停職6ヶ月でホッとしている。しかも今回は半年で同じ職場に復帰できる。二重に嬉しい。分限免職を阻止できたことで、分限指針の効力は半減した。モノ言う教員に分限指針を使うのは今回はやめた。ひとまず私たちの勝利だ。それを導いたのは大勢の人たちが一緒に行動したことだ。これからも一緒に闘っていくことが大切だ。3・26判決は、「『君が代』はどこの学校でもみんなやっているから、不起立をしているお前達がおかしい」というものだ。だから、私たちの方からそういう状況を押し戻すことが大事だ」

そして、「停職6ヶ月の間はどうするのですか」という記者の質問に答えて、「停職出勤でこのことを伝える。校門前で私の授業をやる。また都庁にも抗議に行く」と述べました。

報告集会は最後に、「私たちは、都教委の『暴走』にストップをかけ、自由で民主的な教育を学校現場に甦らせ、生徒が主人公の卒業式・入学式を取り戻すため、生徒・保護者・市民と共に手を携え、『日の丸・君が代』強制に反対し、都教委の暴圧に屈せず、不当処分撤回まで闘い抜くものである。何よりもこの国を『戦争にする国』にさせず、『教え子を再び戦場におくらない』ために!」という抗議声明を確認して報告集会を終えた。

全国の仲間の皆さん!
様々なご支援ご協力ありがとうございました。東京における2009年春の卒業式の闘いは「ひとまず私たちの勝利」になったと思います。

私たちは、これでまた闘えます!!



« 抗議行動@都教職員研修センター前歩道 | トップページ | ご支援くださった皆様へ »

投稿欄」カテゴリの記事