フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 2009年春の闘い(25) | トップページ | 根津教諭の免職処分の回避を要請します »

2009/03/26

アイ・シャル・ビー・リリースト 「教員としての適格性バージョン」

佐々木です。

今日の行動に参加された皆さん、お疲れさまでした。
ジョニー・Hさんこと疋田哲也さんが、今日のアンサンブルに参加予定でしたが遅れて到着しました。
みなさんの要請行動の間に疋田さんが新曲を歌ってくれましたのでその歌詞をご紹介します。
「教員としての適格性バージョン」、都教委の分限指針を逆手にとり、教員たちの欺瞞に鋭く迫りつつ、でもやっぱり行動しようと暖かく呼びかける歌詞です。

ーーーーーーーーーーー

アイ・シャル・ビー・リリースト  「教員としての適格性バージョン」
原曲・ボヴ・ディラン ( ジョニーH )
key E ( E ※ / F#m ※ /G#m AB / E ※ )

They say every-thing can be replaced
They say every distance is not near
So I remember every face
Of every man who put me here
 ※  I see my light come shining
From the west unto the east
 Any day now, any day now,
  I Shall Be Released

※  朝焼けの空に
本物の太陽が見えるかい
その日、その時こそ、
自由になるんだ
 ※  朝日が昇るぜ
まやかしの日の丸なんかじゃないホントの太陽が
その日その時こそ
教育に自由が来るんだ

クビになるのがこわいかい
そうなったら家族が困るかい
その場しのぎのいいわけを
生徒たちは見抜いているぜ

本当は知っているんだろう
戦争への道の強制だってことをね
誰だって自分たちの子供を
戦争に行かせたくないはずさ

40秒の抵抗を
今こそ見せるときじゃないか
生徒たちの前で堂々と
教師の適格性とはそういうことさ



« 2009年春の闘い(25) | トップページ | 根津教諭の免職処分の回避を要請します »

投稿欄」カテゴリの記事