フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 4月19日(日) | トップページ | 4月21日(火) »

2009/04/27

4月20日(月)

 2004年2月に都教委から分限免職にされた疋田哲也さんの「ジョニーカムバック決起集会」に参加した。

疋田さんについて保護者として、生徒として語られるお二人の話を聞き、彼がユニークな授業や本心での生徒との係わりで彼らの心をつかんだことがわかる。理科の教材教具が段ボール箱100箱、何と熱心な先生、と思うのが普通だ。しかし、これを学校に置いたことが、「私物」を学校に保管したとして、分限事由の一つとされた。彼を永久に学校から排除するために分限免職を使ったのだ。

体罰も分限事由の一つにされているが、体罰で処分を受けない人は多数いるし、体罰をして処分されても管理職になっている人はいくらもいる。体罰はあってはならないこと、しかし、疋田さんを分限免職するためにそれを使うとなれば、話は違う。

疋田さんへの攻撃を聞いていて私は、私が多摩中に転任した年の2001年2月から13ヶ月間受けた攻撃と、何と似ていることか、と思った。石原都政になっての数年、小・中学校のもの言う教員へのピンポイント攻撃・弾圧は、今行われている「君が代」処分よりも陰湿さにおいて厳しいものがあった。

疋田さん、そして増田さんの分限免職撤回のたたかいと交流していきたい。



« 4月19日(日) | トップページ | 4月21日(火) »

停職「出勤」日記2009」カテゴリの記事