フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 5月19日(火) | トップページ | 5月21日(木) »

2009/05/25

5月20日(水)

 南大沢学園特別支援学校に。Nさん、Sさん、近藤さんが早朝からいらして、4人で生徒や教職員を迎えた。Aさんは、「まだ、あきる野に行けないの?」と聞いてきた。心配してくれているのかな? 何人かの元同僚はいつもいつも、挨拶だけでなく、「お疲れ様です」「ご苦労様です」と言い、丁寧に頭を下げてくださる。

 外国の記者から、日本の教育事情について海外向け記事を書くので、インタビューをしたいとの申し出があり、ここに9時に見えることになっていた。何人かの教員に話しを聞きたいというので、近藤さんとSiさん、Mさんにも来てもらった。現れた記者・Dさんは、オランダ出身で日本にお住まいの若い方。皆で、公園の喫茶室に移動した。

「君が代不起立」の映画をご覧になって、卒業式も入学式もない、したがって、国歌斉唱もない、自由な教育のオランダの人から見ると、日本の「日の丸・君が代」強制と処分はあり得ないこととおっしゃる。また、東京の教員6万余人中不起立者が、2回/年×6の延べ数422名というのは、「考えられないほど少ない」とも。日本の、とりわけ東京の異常な教育事情を国際社会に報道してくれるのは、ありがたいことである。

 話をしているところにSRさんがいらした。彼女の家の近くの和菓子屋さんが開くのを待って買ってきてくれた桜餅と柏餅は、甘さ控えめ、素材の味が生きていて、とってもおいしい。大勢いるのを知っていたかのようにたくさんの量。私は早起きして稲荷ずしをつくってきたので、それも一緒に、皆で昼食とした。

 午後、一人になって、暑さをこらえながら読書をしていると、通りがかりにBさんが、「光化学スモッグ注意報が出ましたよ」と教えてくれた。生徒の下校を見送って、私も「退勤」し、疋田哲也さん(=性教育をはじめとして、多くの教員が学びたい教育活動をしたことが、校長・行政には目の上のたんこぶだったのだろう。分限免職にさせられた)のチラシ配りに向かった。



« 5月19日(火) | トップページ | 5月21日(木) »

停職「出勤」日記2009」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31