フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 6月2日(火) | トップページ | 6月4日(木) »

2009/06/07

6月3日(水)

 南大沢学園特別支援学校に。雨が落ちそうで落ちない過ごしやすい一日だった。

今朝は大幅な遅刻、すでにNさんはいらしていた。ちょうどそこにSさんもいらして、3人で登校・出勤する人たちを迎えた。かつての同僚たちには、「この新聞記事面白いから読んでみて」と、先週都庁前で撒いたチラシを手渡した。

 今日から中3の修学旅行。歩きで登校してくる生徒たちには、「いっぱい楽しんできてね!」と声をかけた。みんな、うれしそう。

 一昨年度私が担当した現高1の生徒のほとんどのクラスで、今日は校外学習が行われた。一人で通学している生徒は、今朝も挨拶を交わしていたが、スクールバス通学の生徒の多くとの直接対面は昨年以来であったり入学式以来であったり。「○○さん」「△△ちゃん」と声をかけると、みんなしっかりわかってくれて、最高の笑顔をくれたり、全身で気持ちを伝えてくれたり。Aさんは私に、自分のノートを見せてくれた。「とっても上手だよ。がんばっているね」。彼の目を見て言うと、私をじいっと見ながら、うれしさいっぱいに応えてくれた。Bちゃんが覚えていてくれたことには、最高の感激。一瞬の触れ合いではあったが、彼女の急成長がよくわかり、とってもうれしかった。

 ここのところ2階の職員室の自席から180度向きを変えて立ち上がり、外(私)を見る副校長の姿を目撃していなかったが、今日は頻繁に目にした。Cさんのお母さんと立ち話をした、その時にも副校長は私を見ていたそうだ。「上からこちらを見ていますよ」とお母さん。保護者までがそれに気づくほどに。

Dさんのお母さんに出会ったので、彼に声をかけたときの様子(「しっかり私を認識し、すごい笑顔でこたえてくれたのよ」)をお伝えしたら、お母さん、喜んでくださって、「いつも気にかけてくださっていて。先生に戻ってきてほしいです」と言ってくださった。咄嗟に、私を弾圧することを大事な職務と認識していたとしか思えない校長の顔が頭をかすめ、お母さんに返すことばを呑み込んだ。

 10時頃来てくださった清水さんも、今日の私のうれしさを一緒に感じてくださっただろうな。



« 6月2日(火) | トップページ | 6月4日(木) »

停職「出勤」日記2009」カテゴリの記事