フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 日刊動労千葉 第7061号 | トップページ | 渡部です。 »

2010/11/11

渡部です。

現在、「君が代」裁判は、6件が最高裁にかかっており、今年度中にはさらに5件が加わる予定です。

その5件のうちの一つ、Nさん裁判の判決が、11月10日(水)(13時15分~ 東京高裁817号で)出されます。それを前にNさんは高裁に「陳述書」を出しています。

その「陳述書」では、これまでの裁判で余り大きく語られなかった最も肝心なことが語られていると思いますので、以下にその抜粋を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はこの裁判において「君が代」の違憲性を問うています。しかし、地裁判決ではその点について全く触れられていません。・・「君が代」の歌詞は統治体制としての天皇制を賛美する内容です。そして「君が代」は先の侵略戦争において戦意高揚の中心的役割をった歌です。ですから、こうした天皇制軍国主義を反省した現憲法の主権在民・平和主義・基本的人権の尊重という大原則に反しています。・・

ところがこれまでこの単純明瞭なことには触れないように、話をあちこちに振って誤魔化したりするので無理も生じ押し付けになって誰も納得できないでいるのです。

・・校長や教育委員会は、あなたが「君が代」に賛成か反対かは問題ではない。命令に従わなかったことが問題なのです。「君が代」に反対したから処分になったのではなく命令に従わなかったから処分になったのです。と誤魔化しました。・・

そうでしょうか。職務命令がなくても「君が代」に反対したために処分された事件はいくつもありました。教育委員会は03年の通達を出すにあたって「(日の丸・君が代に反対する教員は)半世紀もの間、巣喰ってきたガンだから徹底的に潰さなければ禍根が残る」と言い、「「日の丸・君が代」の徹底は学校経営上の最大の課題である」と位置づけて通達を出し、それから職務命令が乱発されるようになったのです。ですから「君が代」の徹底こそが教育委員会の意図なのであって、それは命令でも懐柔でも唆しでもいいわけで、職務命令そして処分という徹底の手段は、「君が代」の違憲性という問題から目を逸らせるカモフラージュだとさえ言えます。・・

また、「起立斉唱の職務命令は思想良心を侵害するものとは言えない」という主張も誤魔化しです。06年の東京地裁の判決の中には「内心領域の精神的活動は外部的行為と密接な関係を有する」とあります。・・・・起立斉唱するようにとの命令は、・・「君が代」の尊重を強要するという形で、内心の自由を侵害していることに他なりません。

・・・・・・

私は教育公務員として、憲法・教育基本法に則り職務に専念すると宣誓し、微力ながら平和と基本的人権の尊重を旨として教育活動に取り組んできました。だからこそ「君が代」の違憲性を訴え、命令処分の不当性を訴えているのです。ですからこの裁判は子どもたちのものでもあります。そして、子どもたちも誤魔化しや押し付けでは納得できないのです。・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上です。

「少数の人間を短時間誤魔化すことはできるが、多数の人間を長時間誤魔化し続けることはできない」という意味の言葉が思い出されます。



« 日刊動労千葉 第7061号 | トップページ | 渡部です。 »

投稿欄」カテゴリの記事