フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 2011年春の闘い(17) | トップページ | 東京「君が代」裁判、逆転勝訴! »

2011/03/10

2011年春の闘い(18)

渡部です。

3月5日の卒業式ビラまき報告からです。

<豊T高校>
(すでにこの学校の退職者の方の報告を紹介していますが、もう一人の方も報告を送ってくれました。)

前日 区内の高校に「日の丸・君が代・不起立闘争を発展させ、闘う組合を!」の教員向けビラを撒きましたが寒くて凍りつきそうでしたので、準備万端でいきました。冷たい風もなく、穏やかな日和で、一安心。

メンバーは豊T高校で退職され、二度の不起立を闘ったHさん、在校生の保護者で携帯基地設置で頑張ったSさん、そして、毎月校門ビラを撒いている二人計4人です。7時45分から10時10分まで2時間半です。数えていませしたがおよそ250枚~300枚ぐらいでしょうか。

さすがHさん「知らない職員は3分の1ぐらいかな。」といいながら、通勤してくる職員が近づいて寄りながら、驚きの表情が懐かしさに変わり、嬉しそうな声を上げる。

保護者も寄ってくる。その度に「旧職員には招待状が来ないので、外からお祝いします」と姿勢正しく声を交わすのは、Hさんの人柄そのまんまです。

黙々と出勤してくる毎月見る表情とは違います。相変わらず、校門前は、おしゃれしてきた卒業生の交流の場。ドレス、スーツあり。

学校側は、第1回副校長、「敷地に入らないでください」「生徒には撒かないでください」
2回目、やはり副校長、「先ほど生徒がびらをもっていた。撒かないでください」としつこい。「生徒が判断することであって、副校長が妨害することではない」というが、「撒かないでください」一点張り。

華やかな袴姿がいち早く登校。在校生も登校。制服ー標準服が論議されて一年、いつもより、この日は特に、おしゃれな標準服が多い。じわじわだが制服化されつつあるのを感じる。

3回目 副校長「困るんです。」ばかり。こうやって、「日の・君」を強制してきたのである

4回目 受付が近づくと、警備の腕章の職員が2人張り付いた。30メートル位はいったところに、ビラいれ段ボール箱2つ。最先頭で最多数のビラを撒いていたSさんも終了した時「3年生の役員のおかあさんたちに会えたわ」と満足げ。もう一人の彼女も、「たくさんで撒くといいわね。」

豊T時間なのかゆうゆうと受付時間すぎの保護者が多い。ぎりぎりまで友達をまっていた卒業生が「H先生わたし覚えています?」と話になり、やっとそろった二人に「早く会場に行ったら」と促す。少しして、戻ってくるので聞いたら、「卒業生は入れないといわれてがっかり」とのこと。

いったい教員も卒業生も締め出して愛国心を守るのですか!

以上、2時間半の報告です。       
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月6日のビラまきです。
<H鴎高校>
3人で撒きました。ビラの受け取りは非常に良かった。副教頭がきて「生徒にはビラを撒かないで下さい。」「敷地内には入らないで」と言われた。あとは何も言われていない。妨害などなし。8時から9時45分まで撒いたらビラ300枚なくなり終了。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3月8日のビラまきです。
<H村高校>
ついたのは8時40分くらい、出遅れてしまいました。私が行ったときにはNさんが元気に生徒に声をかけながら配っていました。生徒、保護者ともに受け取りは概ね良く、私が150枚、Nさんは私の推定では250枚くらい配ったと思います。警備の教員の中には知人もいて副校長も穏やかな人で、自転車の生徒に配るときに注意してくださいくらいのことを言った程度です。天候にも恵まれ、Nさんといろいろと話しながら、楽しいひとときでした。

私の今まで配った、H北、K立、H村では警察関係と思われる人は見かけていません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日(3月9日)のビラまきです。
<A商業高校>
8時10分頃、副校長がきて、「生徒には撒かないでください」と言うので「生徒さんに撒きに来たのです」と言うと困った顔をした。こちらは「生徒にビラを撒くなとか言うのは10・23通達があってからでしょ。そういうことをやめればビラをまくこともない」という。

「ご苦労さま」と言ってチラシを受け取る教員も何人かいた。卒業生は約170名とのこと。生徒も比較的よく受け取った。保護者もよく受け取った。

警察の動き。9時前ころか、道路の向こう側に青のワゴン車がとまってずーといた。9時45分過ぎ動いて、こちら側(正門前)を通って、こちらをみて、また、向こう側に戻った。9時40分ころ、警察の制服を着た人物が歩いて、正門から学校に入っていった。こんな学校ははじめてだ。卒業式の日に、一体、誰と何を話したのか。学校は警察とグルであってはならないのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日(3月9日)、夕方都庁第二庁舎横で、<河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会>と東京教組の幾つかの組合が中心になって、『3・9都庁前アクション・アンサンブル』が開かれました。

集会には60人以上が参加、

  • 八王子教組
  • 新宿教組
  • 求める会、
  • 大嶽さん
  • 包囲ネット
  • 一坪反戦地主・上原さん
  • 教科書裁判の高嶋伸欣さん(今回初めて参加)

などがそれぞれ発言した後、都教委への要請行動に移りました。

上記3教組+多摩教組+三重県の教組支部と、6つの団体・個人が「要請書」「抗議・要求書」などを都教委に提出しました。

その中で、高嶋さんの「要請書」には次のような記述がありました。

「都教委が採択した扶桑社版中学社会科教科書をめぐる問題が、すでに現行版高校教科書に記載され、検定に合格している事実に鑑み、『日の丸・君が代』強制をめぐるこうした問題が高校教科書等に記載されるのも時間の問題と思われます。」



« 2011年春の闘い(17) | トップページ | 東京「君が代」裁判、逆転勝訴! »

投稿欄」カテゴリの記事