フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 6.9都庁情宣 | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第39号) »

2011/06/10

「都教委村通信」、誕生?

渡部です。

本日(6月9日)早朝、「君が代」解雇を許さない会で、都庁前ビラまきが行われました。

ビラまき終了後、都教委「定例会」の傍聴に行きました。

「定例会」傍聴直前、都教委の職員が、「委員が交通事情で遅れていますので今しばらく待って下さい」と言ってきました。「誰が遅れているのか」、「何時頃始められるのか」と聞いても、何も答えません。

やがて傍聴者3人(私と根津さんと、もう一人いつも来る女性)が委員会が開かれる会議室に通されました。

委員席の前には都教委の関係職員が30人くらい座っていますが、委員席には5人いるはずの委員のうち<木村孟委員長>と<内舘牧子委員>しかいません。<高坂節三委員><竹花豊委員><瀬古利彦委員>はいません。つまり、5人の委員のうち3名が欠席なのです。

それなのに委員会が始められようとしたので、「これで委員会を開いていいのか?」と声を上げると、隣に座った都教委の職員が「静かにして下さい」と言う。

それで、彼に何度か、「本当にこんなんでいいのか」「これで委員会が成立しているのか」と小声で話しかけると、その度に「静かにして下さい」と言うばかりです。

会議では、「報告事項」として

  • 言語能力向上推進事業について
  • インターネット・携帯電話利用に関する実態調査報告
  • インターネット等の適正な利用に関する指導事例集及びインターネット等の適正な利用に関する活用の手引き

が報告され、たわいもない質問が<内舘委員>と<木村委員長>から出されただけでした。(その後秘密会に。そこでは教員の懲戒処分などが議題でした)

傍聴終了後、私たち2人は「委員も2人しかいなくて会議は成立しているのか」「交通事情とは何だったのか」などのことを問いただそうとすると、都教委の職員に会議室から追い出されました。

廊下に出てからも警備していた職員たちに「会議は成立していたのか」と聞いても無表情に、「成立していた」、としか答えません。まるで、「原発村」にでも来たかのようでした。

根津さんが、会議中から教育情報課あての<質問書>を書いていましたので、教育情報課の人を出してもらうように言うと、しばらくしてI課長が出てきました。

根津さんが、他の職員たちもいる中で、

  • 「本日の教育委員会は成立していたのか」
  • 「高坂委員はこの間一度も出席していないではないか」
  • 「休んだ日の報酬は支払われつるのか」
  • 「本日、交通事情で遅れているといって待たされたが、終了後それをもう一度問いただすと答えない。どういうことか。」

と問い質すと、次のような答えが返ってきました。

「本日会議は成立していた。それは3月に高坂委員が辞任し、委員は4人となり、1名は空席となった。だから出席すべき人数は6人から5人となった。うち委員2人と大原教育長が出席したので、5人中3人が出席しているから成立している」、と言うのです。

そこで、私たちは、「ならば最初からそう説明すればいいじゃないか」「そんなことも言っちゃいけいのか」「ここは都教委村か」などと述べ、根津さんはその場で質問項目を
①休んだ教育委員の報酬は支払われるのか。②交通事情とは何だったのか。の二つに絞り、I課長に手渡しました。

私たち2人は、「今度からビラは、『都庁前通信』ではなく、『都教委村通信』にした方がいいかな」というような話をしながら都庁を後にしました。



« 6.9都庁情宣 | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第39号) »

投稿欄」カテゴリの記事