フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 橋下を倒そう!大阪秋の陣(7) | トップページ | 10.27都庁情宣 »

2011/10/27

橋下を倒そう!大阪秋の陣(8)

渡部です。

引き続き大阪の仲間から「区民会議」の報告が入っています。少し長いですが、今度は会場に入って意見表明もできました。以下に紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(大阪の笠松です。10/23「橋下・維新の会」の城東区「区民会議」での活動報告です。朗報です! 私とシランフリしてビラを配らずに入場したTさんが、みごと前日のリベンジを果たしました! 以下、先にTさんからの報告です。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

22日(土)の鶴見区では発言できなかったので、本日23日(日)城東区区民会議に行ってきました。昨日の反省点を踏まえ、マイクで発言させてもらえる為には・・・策を練りました。各議員さんに拍手をする。一切メモを取らない。

議題は 学校選択制の問題  森之宮ごみ処理場の問題です。

参加者

総括:橋下 徹  大阪維新の会代表
   松井 一郎  大阪維新の会幹事長
   坂井 良和  市会議員団団長
   浅田 均   府議会議長 城東区選出
   飯田 哲史  市会議員  城東区選出
   ホンダ リエ  市会議員  城東区選出
   吉村 洋文  市会議員  北区選出
司会:今井 アツシ  市会議員  鶴見区選出
協議員4名(公募により選出された区民の皆さん)

冒頭に「この区民会議は<自分達の事は自分達で決めれる>を体感してもらうための会議です」から始まりました。

○学校選択制の説明があり賛成意見を飯田さんが言う。
子供が少なく一学年一クラスの学校もあれば、増えすぎてマンモス校になっている学校もある。そんなところは一人ひとりに目がいき届かない。小学校でいじめ等のトラブルが起こった時に今の先生では解決できない。子供は中学三年間また同じ学校でイヤな思いをしないといけなかったのが、別の中学校へ行くことが出来る。児童・親の選択を広げる。自分で決めるのだから、情報を集める。意欲を高める。人気のある・ないで学校間の競争が生まれ、特色ある学校づくりがされる。

反対意見を吉村さんが言う。
 ここまでは、議員さん同士のお芝居。どの区も同じだと思います。この時点で7時30分経過。

橋下はまだ来ていない。大阪市内で全体会議を開き、市長選に橋下氏、知事選に幹事長の松井一郎府議(47)を擁立することを決めた後、難波・高島屋前で演説?して東成区の区民会議をしてそこの議題で残って話をしているので、遅れると言ってました。

客席から一人発言(反対意見・吉村さんの意見に賛成)その方の直右前に居たので身を乗り出して手を上げマイクをゲット!

全くメモを取っていないので、発言の順番や、挙手の場面など違っているかも。

まずは、学校選択制に反対であることを述べ、意見を言いました。人気のある学校に子供が集中した場合、全員が通えるのか? どのようにして、入学児童を決めるのか? 私学のように試験をして成績の良い子供から取るのか?  小学校を決めるのは親ですよね? 入ってみて、自分の子供に合わなかったわで6年間親が責任を背負うのはおかしい。学校と親と地域がひとつになって自分の子供が通う学校をよくしていけば良いのではないですか? 中学校選択のメリットにトラブルから逃げれる別の中学校を選べると言われますが、小学校でしっかり解決していないから、逃げるを選択する? 中学でトラブルがあれば転校して、高校に入ってトラブルがあれば転校し最後には登校しなくなる? 

 子供にとっての世界とはまず「家庭・家族」ですよね、次が「小学校です、その前に保育所・幼稚園」があるでしょう。そこには「地域」がありますよね。地域の子供を三者が一緒になって守るのですよね。逃げ続けた子供は解決する術を学ばずに社会人になったら、今の世の中トラブルだらけですよね、次は何処へ逃げるのですか? 橋下さんの言う「競争社会」に勝つ大人へ成長するのでしょうか? 逃げずに丁寧に解決していく作業が必要なのではありませんか? 子供もその中で学び育っていくんです。解決する力をつけてやるのが教育なのではありませんか?(他にもっと言ったかも)

一旦、坂井さんが回答 しっかりと選べるように学校の内容(風紀が荒れている)を開示する。貴方の言われていることはよくわかります。もっともです。今の教育委員会は・・・・・と批判が続く。

全く質問に対しての答えになっていないので、再度私から発言。 いま、壇上に居られる方々はどのような子供の顔を浮かべながら賛成と言っているのですか? そこに障害児は居ますか? 学校を選ぶ=学校が子供を選ぶですよね? 学校は成績の良い子から選んでいく? 障害児はどの学校を選んでも拒否されるのですよね? 今でも、隣の子と手を繋いで地域の小学校に行きたいと言っても特別支援学校を勧められる・校長が拒む現状があるのに、「教育日本一」と言ってる橋下さんなら、知的障害の子供は論外なのでは? 私の子供は知的障害がありますが、地域の小学校・中学校に通いました。子供のことを一緒に考えてくれる先生が居ました。先生が一生懸命になってくれるから、学校に子供を丸投げではなく、PTAも進んでやりました。(昨日、鶴見区区民会議で橋下が公立の学校でPTAをすすんでやる人は居ませんよ。勝手に決められた学校だから、やらされた感なんです。興味がないんです。関心がないんです。その点私学は違いますよ、PTAをやりたい親だらけだそうです。選んで行った学校だから必死なんですよ。と言ったんです)障害のある・ないに関わらずオギャーと生まれたら大事な命ですよね。自分の子供が通う学校をよくしようと思う親の気持ちは同じでしょう。だったら、学校選択制なんかしなくても、今の地域校区の学校で地域と学校と保護者が手を携えて自分の学校が良いと思える学校にすればいいんでしょ。

ここで一旦、松井さんが発言。 貴方は良い学校に当たられたのですよ。そんな学校は珍しい、殆どは設備がどうの・教員の数がどうのと言って拒むのですよ。またまた市教委の話に・・・・

この間、私はマイクをずっと持ったままでしたので。挟んで発言。そんな事を聞いているのではなく、今回の選挙で大事な一票を誰に投じるか決めれないから、お聞きしているのですよ。大阪維新の会は、どんな障害児、医療的ケアの必要な子も重度の知的障害児もこの学校に行きたいと言えば拒否しないのですね?

松井さん 拒否しません。(声が小さかったので)

私 本当ですね。松井さんが答えて良いのですかね? こんな大事なことを。(効力はないでしょうが、はっきりと言わせたかったので)

松井さん 大丈夫です、拒否するようなことはないです。(さっきより声は出ていました)

ここで一度目の学校選択制に賛成の方挙手をと言われたかな? 昨日の鶴見区では殆どの方が挙手・賛成でしたが、今日はどうだったのでしょうか?

私は前の方に座っていたので様子がわからなかったのですが、
私の周りの方たちはザワザワと「よ~わからんなったな」と手を上げてない人が多
かったです。
賛成でもないが反対でもない。聞けば聞くほどわからん状態みたいでした。

私発言  しかし、橋下さんが府知事だった時に私たち障害児の親たちの団体123?団体で2007・8年?と2009年に公開質問状を出していますが、それを橋下さんから未だ回答を頂いていません。聞くところによると橋下さんは見てもいない、どこかで止まっているそうです。(すみません、このへんの数字はいい加減です)知事宛に出したものを回答もせずに辞任された橋下さん代表の会を市長になったからと今の松井さんの発言を信じて良いものなのでしょうか。

松井さん それは府知事の仕事ではないんですよね。(なんかぐにゃぐにゃ言ってる間にやっと橋下登場)

移動の車の中で会議の内容を聞いているはずと私は思うのですが・・・

私・・・・マイクを持って前から4列目くらいで立っている。

松井さん・・・・・なんか知事の仕事の説明をムニャムニャ言ってる。

橋下はキョトンとした顔で私と松井さんを見ていました。この時点で8時20分くらい。浅田さんと飯田さんは困ったな~と顔を見合わせていました。ホンダリエさんは私をジ~と見て、発言に最後まで深くうなずいていました。

橋下さんの発言  知事の仕事の大きさ、平松さんの悪口、お金の無駄使い、赤字を公開していないetc いつものように言葉巧みにスラスラとしばし、

橋下話術をお聞きしこのあたりで2回目の挙手だったかな? 賛成の人と一度言ってドッと手が上がらなかったから、反対の人と言い換えていました。

私発言 赤字のことを言われたので最後にひとつ質問です。大阪市独自の「児童放課後いきいき活動」を御存知ですか、大阪市全部の小学校で実施していますが、赤字ですよね。橋下さんはそれをなくそうとしていますか?

橋下発言 いきいきが校長の天下り先になっているのは変えないといけないですが、放課後の子供の活動場所を潰すようなことはしません。それこそ、学校の選択材料のひとつとして、「うちの学校は子供の放課後のことまで考えていますよ」「福祉・医療に力を注いでいますよ」とアピールしてもらったらいいんですよ。よいことはしましょうよ。

橋下流に利用されました。

「一人でどんだけ時間とるんや、他にも課題あるやろ、個人で話せ。時間考えろ」とヤジも飛んでましたが、ここまできたらなんのその・・・・

8時50分次の課題に移りました。(予定は9時までです)ホンダリエさんが簡単に説明。その後橋下さんが演説。この課題については省略します。

橋下さんの発言 東京都は今の形になるのに20年30年かかっている。大阪は30年東京から遅れているのですよ。大阪城は東京で言うたら皇居みたいなものでしょ。皇居の隣にごみ処理場を普通造りますか? もっとみなさん、関心を持ちましょうよ。無関心すぎますよ。東京のホテルに泊まって見る皇居の近くの景色と大阪の景色は違いすぎるよね。

会場から70代?男性の発言 君が代を立って歌わない教師なんかクビにしろ。当たり前や。

橋下さん そうです、そこですよね。ごもっともです。もっと厳しくしろとお叱りを受けるかも知れませんが、僕たちは一般市民に強制はしないですよ。立たなかったら50万円の罰金とかそこまでは言いません。少なくとも公務員、教職員、税金でお給料もらってる方は立つのが当たり前ですよ。(拍手が起こりました)そうでしょ、これが市民?庶民?(って言ったかな)の意識・感覚なんです。平松さんがわからないのは公務員の意識・感覚だからです。だから、皆さんとも感覚のズレがあるんです。このズレをなくしていきましょうよ。

会場から 無関心と違うでいろいろ言いたい事あるけど何処へ言うって行ったらいいかわからんかっただけで、言う所が今日でわかりました。今日来て良かったわ。橋下さんに入れるで~

と最後は維新の会応援団みたいな終わり方をしました。終了時刻は9時25分でした。台風で延期になり、城東会館と会場変更になり狭い場所での開催でしたが最後の方に後ろを見てビックリ。立ち見の方が多数、200名は余裕で超えてた?

自分の発言した言葉を文章にするのは難しいです。省いてる部分多数あります。長くなり、すいません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(以上がTさんです。以下は、笠松の報告です。)

○ 私は会場前でビラ配り後に、定刻前に入場するつもりでした。
配り出すと維新の会側からやって来て、「全市24会場の統一対応で、外でビラ配布をした者は入場させない。」と通告しました。
「飯田・本田両市議と面談して、ぜひ参加してほしい、本田さんからは発言もしてほしいと、誘われている。二人をここへ呼んでほしい。」と言って押し問答。
参加者にビラを渡せないように密着して妨害したり、「これは維新の会とは関係ありません。」と渡すたびにごていねいに叫んだり。
飯田市議が(冒頭の発言役が終わってから、)出てきました。
「会った時ビラを配るとは言っていなかった。」と言うので、「じょうだんじゃない! あなたにビラを渡して、これを会場前で配っていますと自己紹介したでしょう。」と言うと、反論なしで帰りました。
7:00開会の15分前から7:30まで、配りながらやりました。(警察は一度「禁止警告」に来ただけ。) 

維新側の主張 「橋下はVIP警備で警察から、会場が混乱しそうな要素は全て排除してくれと要請があって、入場時に金属探知機を使う等している。ビラを配る者もその一つで、維新側の判断だ。」、
私 「外でビラを配った私が会場でどんな混乱行為をすると予想しているのか? 中でもビラを配るかもしれないということなら、そのつもりがないことぐらいは約束する。」、
維新 「それだけではない。何をするかわからないからだ。都島区民ホールでもめたときも言ったとおりだ。」、
私 「それなら人権侵害、憲法違反だ。発言は認めるけれど、公道でビラを配るのは不審者だ、というのは偏見だ。」、
維新 「反対意見の人はいるけど、普通ビラを配る人はいないから不審者だ。」、等々。

だいぶ話したので、こちらから「もう来る人が途切れたから帰る。」と言って引き上げるときに、
「あと平野区1つだから、かんべんしてくださいよ・・・。」とつぶやいていました。

その直後にもう一人の支援参加者から声がかかりました。会場のすぐ近くに住む教育運動の知人のMさんで、「もめたら応援に入ろうと思って、ずっと待機して見ていた。」とのことで、力強い限りでした。(なお、その前の東成区民センターでも50枚ほど配りました。)

○24区の後半ぐらいから宣伝をしてきて、23区目で維新の会の反応を作れました。あと1か所、1時間前から元気に配りたいです。ご参加ください。

・10/28(金) 18:00~19:10(開会19:00) 平野区民センター(地下鉄谷町線「出戸」駅、東北6~7分)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさに、「大阪秋の陣」最前線からの報告です。笠松さん、Tさん、その他の仲間の皆さん、連日ご苦労様です。「民意」といいながら、民意を恐れ、SPや警察を動員して民意を封じようとする彼らのデマゴギーをどんどん暴いて下さい。



« 橋下を倒そう!大阪秋の陣(7) | トップページ | 10.27都庁情宣 »

投稿欄」カテゴリの記事