フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 処分取消裁判を支援する会 ニュース(第68号) | トップページ | 処分取消裁判を支援する会ニュース(第69号) »

2011/11/19

橋下を倒そう!大阪秋の陣(15)

渡部です。

大阪での宣伝活動は引き続き続けられています。以下に11月16日、17日の宣伝活動を紹介します。(以下に【堺からのアピール】、「千葉高教組県教研の案内」もあります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪の笠松です。「教育基本条例案撤回!」
11/16蒲生4丁目街宣の報告です。5人で1時間30分、十字路交差点の3つの角に分かれて約250枚を配りました。普段ビラまきが少ない場所なので、けっこう取ってもらいました。ここ数日のことですが、「教育基本条例!」と聞いて「ください。」と取りに来る人も何人かいます。「がんばってください。」の応援もたまにはあります。真正面からの反論は少ないです。今日Kさんが15分話し込んだ人、「橋下は原発反対だから支持する。」との意見。「橋下は他のことでも意見が変わっているから、原発も信用できない。」と説明すると、納得になったそうです。終わりがけに突然、白ジャンバーの橋下が乗った選挙カーが猛スピードで、「橋下です、本人です!」とマイクで叫びながら北から南へ走り抜けましたが、交差点にいた人はみんな「ふーん・・・」という感じでした。この1週間で京橋、昨日の天王寺と遭遇は3度目ですが、教育基本条例はほとんど触れません。大阪都構想もチョットだけです。もっぱら「役人天国の大阪市を解体する!」という公務員たたきを叫んでいます。彼らの集票の頼みの綱はそれという感じです。一方私たちはひたすら、まだまだ知られていない「教育基本条例案」の中身のひどさを宣伝しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪の笠松です。
11/17(木)「鴫野」駅前ビラ配りは、5:00スタート時は2人、途中から4人で、改札を出てすぐの通路一つなので受け取りが良く、(マスプリの時間がなくて)用意していた250枚が5:50にはなくなって終了でした。

○11/18(金)5:00~6:30ごろ 京阪・地下鉄「天満橋」駅前
○11/19(土)12:00~1:00 近鉄「上六」駅前(十字路交差点の北東角から、少し東へ行ったあたり)[近くの大阪府教育会館(たかつガーデン)で、1:00開会で障害児教育運動関係の全国大会があります。その参加者と地元の市民に配ります。(担当責任・笠松)]
○11/19(土)5:00~6:30ごろ JR・京阪「京橋」駅前広場
○11/20(日)5:00~6:30ごろ JR・京阪「京橋」駅前広場

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
堺では以下の取組みが進められています。【堺からのアピール】はとても簡潔・明瞭で良く出来ています。私も賛同しました。皆さんも賛同して下さい。

【堺からのアピール 教育基本条例を撤回せよ】
賛同人は、17日午前10時30分時点で169人となりました。目標の2倍まであと31人。ブログに、発起人の平良仁志牧師も所属しておられる(かつて全国の理事長をお務めになられた)日本バプテスト連盟総会(11月9~11日)で採択された声明、大阪弁護士会が12月3日に賛否両論を闘わすシンポ開催の2つをアップしました。アクセス数は11日間で1926回。バプテスト連盟の声明文は非常に簡潔で明解です。

多くの人々に下記URLをコピーしてこのブログを広げて下さい。
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
千葉高教組の県教研『平和・人権・民族』分科会では、<大阪の教育現場の状況を学ぶ>をテーマに、大阪高教組の仲間に来ていただくことになりました。「君が代」裁判最高裁弁論(11月28日)の報告も行われます。

<日時>12月3日(土)9:30~12:00、(午後からの全体会でも短時間ですが、大阪の仲間に報告してもらうことになりました。)
<場所>千葉県教育会館(千葉地裁向かい)にて

(チラシから)

・・橋下府知事はこれらの「条例案」と「大阪都構想」を争点に辞職し、11月27日の大阪市長選に立候補して、ダブル首長選に持ち込もうとしています。学校教育への不当な政治の介入、競争至上主義の徹底導入など、もう無茶苦茶です。ダブル首長選への行動に至っては民主主義の破壊行為に他なりません。このような橋下府知事の攻撃にさらされながらも、学校や生徒を守るため闘い続ける大阪の先生から、直接、現在の学校現場の状況をお聞きします。・・
・・大阪の先生方の闘いを応援するためにも、一人でも多くの参加を待っています。

  

主旨に賛同される方であれば、一般の方でも参加できます。



« 処分取消裁判を支援する会 ニュース(第68号) | トップページ | 処分取消裁判を支援する会ニュース(第69号) »

投稿欄」カテゴリの記事