フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 法廷カレンダー | トップページ | 2012年「2・5総決起集会」へ(1) »

2011/11/29

橋下を倒そう!大阪秋の陣(23、最終)

渡部です。

大阪ダブル選は市長に橋下氏、府知事に松井氏が当選し、「大阪秋の陣」では橋下を倒すことはできませんでした。

とりわけ、市長選で既存政党の自民・民主・共産が共に平松候補を推したもかかわらず「維新の会」に敗れたことは、今後、国政レベルにも大きな影響を及ぼすことになると思われます。「独裁」や「ファジズム」に反対する人々にとっては、<厳しい時代>になってきたということでしょう。

しかし、「政治とは内外の全般的情勢に対する洞察である」(クラウゼヴィッツ『戦争論』)という言葉もあります。

ナチスが1933年に政権を握ってから1945年に崩壊するまでわずか12年でした。小泉改革が破綻し自民党が政権を失ったのも数年のうちでした。

世界は現在、「新自由主義的改革」(橋下もこれをやろうとしている)が作り出した貧者増大による相対的過剰生産恐慌に喘えいでいます。そこから「反貧困」「反失業」「反格差」の運動が広がりつつあります。「アラブの春」の動きも進行しつつあり、「反原発」の動きも進行しつつあります。

<厳しい時代>は「産みの苦しみの時代」なのかもしれません。

大阪の仲間たちは、すでに「教育基本条例」の採決阻止のために宣伝活動に立ち上がっています。(前号で紹介)

また、12月1日には以下の行動が計画されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
集まろう!反対しよう!悪報を止めよう!「教育基本条例」案反対!12.1 府庁包囲行動へ

日時 12月1日(木)
 集会  18:15~19:30
 デモ  19:45~20:15 

場所 エルおおさか 南館ホール
   京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m

主催 「日の丸・君が代」強制反対ホットライン大阪全国集会実行委員会

1 2 月8 日の大阪府議会再開を前に、「教育基本条例案」に反対する行動について提案し討論する集会と大阪府庁周辺のデモ行進を行います。多くのみなさんのご参加をお願いします。
「教育基本条例」案は、9 月大阪府議会に大阪維新の会が議員提案しており、1 2月8日から1 5 日まで再開予定の議会での成立が狙われています。府立高校のPTA 協議会も、多くの教職員団体も、大阪府教育委員も、条例案に強く反対しています。大阪維新の会・橋下代表は、選挙前にはこの条例案をW 選挙の争点にするといいながら、結局は争点から外しています。
一方で、P T A 協議会から出された嘆願書について、「今高校に子こども預けているPTA の保護者の意見だけで教育制度を決めるわけにはいかない」「「負担や行動、関与をしてもらう代わりに権限を持ってもらうのが僕の政治哲学」( 1 0 月2 7 日大阪日日新聞) と、無視する意向を表明しています。議員の数によって、府民の声と議論を拒否して成立を図る維新の会の横暴を許してはいけません。

MLホームページ: http://www.freeml.com/kimigayo-iran

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

また、東京では明日、河原井さん根津さんの東京高裁での敗訴(停職処分)を見直す可能性が出て来た最高裁弁論が開かれます。

千葉でも大阪の仲間を招いて下記の通り教研を開きます。

この連載を終わるにあたって、最後にクラウゼビッツの次の言葉を掲げておきたいと思います。

「成果を挙げることが困難であればその成果は大であり、また成果が容易に得られればその成果は小である」


「それだから理論がもっぱら要求するところは、いやしくも敵の完全な打倒を意図する限り、敵に向かって不断に前進せよ、という一事に尽きる。」

お互い、引き続き闘いを堅持していきましょう。

****************************

千葉高教組の県教研『平和・人権・民族』分科会

テーマ<大阪の教育現場の状況を学ぶ>

<日時>12月3日(土)9:30~12:00、

<内容>・最高裁弁論について
     ・大阪の教育現場の状況について(ダブル選結果も)      
(午後からの全体会でも短時間ですが、大阪の仲間に報告してもらうことになりました。)

<場所>千葉県教育会館(千葉地裁向かい)



« 法廷カレンダー | トップページ | 2012年「2・5総決起集会」へ(1) »

投稿欄」カテゴリの記事