フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 2012年春の闘い(7) | トップページ | 2012年春の闘い(8) »

2012/02/27

累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第85号)

最高裁判決(1/16裁量権判決と2/9予防訴訟判決)を受けて
「過去の処分歴等」「個別具体的な事情」の悪用は許されない!
不当な介入・支配、教育の自由侵害の出所は誰か!!

卒業式・入学式・・抵抗者の言動を摘発 下級審・・積極的な妨害行為の収集 =>パージ判決

  1/16判決と2/9判決の結果、都教委・市区町村教委は卒・入学式で「日の丸・君が代」強制に反対し不起立・不斉唱・不伴奏を含む多様な行動を採る教職 員に対し、その言動のチェックに入った。また、下級審の審理では、原告・控訴人(特に減給以上の被処分者)の不起立・不斉唱・不伴奏前後の具体的な行動の 洗い出しを行うという。つまり、学校現場にしろ、裁判審理にしろ、規律・秩序を積極的に乱す行為をする教職員、態度の悪い行為者には累積加重処分は当然と される。
 個人の思想良心から「不作為」としての不起立・不斉唱・不伴奏と、児童・生徒に積極的に働きかける学習権保障・教授の自由発揮の教育実 践を差別してくるかもしれない。宮川反対意見のいう「受付など場外の任務を与える」とか、教職員席から離れて放送担当や写真・ビデオ担当を与える等、全く 本質から外れた措置さえ語られている。さらに、この間の補足意見の多くが、“この問題の対立が学校現場を混乱に陥らせている”として、あたかも、都教委と 抵抗者双方に責任があるかのごとき「喧嘩両成敗」を述べている。
 これからいよいよ誰が学校現場に不当な介入・支配を行い、教育の自由を侵害しているのかを明確にしなければならない。「19条の枠組」「裁量権の枠組」を突破することが求められている。

3度目の追加署名を提出

 地裁判決まで2ヶ月を切った。
 疋田分限免職是認の不当判決を含めて第二波最高裁判決を見る限り予断を許さない。
 これで提出した署名数は計942筆となった。協力していただいた皆さま、心から感謝致します。

処分一括取消裁判 地裁(古久保裁判長)判決日、決定
4月19日(木)13:10第527号
第二波最高裁判決後、処分取消、初の下級審判決!!
戒告・減給・停職、一括取消、初の判決!!
「最高裁追随の枠組」判決は許さない!

一,「19条の枠組」を突破する
 教育の自由(不当な支配禁止・憲法23・26条)侵害を判断せよ
「国旗・国歌・国家への忠誠」「敬意の表明」強制は思想良心・信教の自由の直接的侵害
一,「裁量権の枠組」を突破する
 「10・23通達」、市教委通達、職務命令は違憲・違法
一,分離・分断判決を突破する
  戒告処分も裁量権逸脱・濫用「過去の処分歴等」の勝手な悪用反対

今後の予定 報道

*東京小中「君が代」裁判 高裁口頭弁論 3/8 16:30 第424号
*河原井・根津処分取消訴訟 地裁口頭弁論 3/22 15時 第527号
*都障労組処分取消訴訟 高裁結審 4/18 16:00 第824号
累積加重処分取消訴訟 地裁判決 4・19(木)13:10 第527号
*米山処分取消・不採用取消裁判 高裁口頭弁論 4/19 15:30 第822号
*東京「君が代」裁判第3次訴訟 地裁口頭弁論 5/25  第527号
*再雇用拒否撤回二次訴訟 地裁口頭弁論 5/28 15:00 第103号
*東京「君が代」裁判2次訴訟 高裁口頭弁論 7/20 14:00 第101号


ニュースへのリンク



« 2012年春の闘い(7) | トップページ | 2012年春の闘い(8) »

投稿欄」カテゴリの記事