フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第106号) | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第107号) »

2012/07/24

2012年「8・31都教委包囲行動」へ(10)

渡部です。

本日(7月23日)、抗議の中、オスプレイが米軍岩国基地に陸揚げされた。岩国市長も山口県知事も、抗議の声をあげた。一方日本政府は、米政府の出先機関に成り下がった。

これに抗議するため、東京では本日夕方、首相官邸前で<第一波官邸前行動>が行われた。呼びかけたのは「沖縄・一坪反戦地主関東ブロック」など。約130~140人が集まった。

その中で、次のようなことが語られた。

「高江ヘリパットはこれまで政府は隠していたが、オスプレイの訓練として造られることが明らかになった。環境アセスメントにはそれは触れられていなかった。高江の集落(140人)を取り囲むように、6箇所に丸いヘリパットが作られる。真ん中に直径45メートルの円、その周りに15メートル離れて円を描く。(計:直径70メートルのヘリパットが6つ造られる)とても高江の人たちが住めるところではなくなる。

すでに工事を強行、抗議で座り込む住民の頭越しにクレーンで土を運び入れるという危険なことまでやっている。そこはヤンバルの森でヤンバルクイナやノグチゲラなどが住むところだ。森本防衛相は「調査をして巣があれば30日間演習を停止する」などと言っているが、これまで約束が守られたためしがない。

辺野古のアセスメントにもオスプレイを入れていない。日米両政府はこれまでオスプレイの配備を隠してきた。」

その後、神奈川、東京の市民団体からも発言があり、最後に「沖縄・一坪反戦地主関東ブロック」の<オスプレイ岩国基地陸揚げ弾劾!沖縄への配備中止を訴える>要請書が読み上げられ、首相官邸に届けられた。以下にその一部を紹介する。

「試験飛行は事故調査の発表を待って『安全』と確認されてからだ言っているが、日米政府がいくら『安全』だと言い放っても、今や誰も信用しない。・・・米国のオスプレイ配備の思惑に日本政府が追従するという日米両政府の利益を優先し、日本国民の安全を優先していないことがわかった。すなわち、日米安保条約が国民の安全を第一に保障するものではないことが明々白々となり、日米安保体制を揺るがすものとなっている。」

今回の問題ほど、日本政府がアメリカの単なる「出(手)先機関」であることを暴露したものはない。もはや日本の人々の政府ではなくなっている。「売国政府」と言っても過言ではない。

沖縄では、8月5日に10万人規模の県民大会が開かれる。それに呼応する形で、東京でも同日、『10万人沖縄県民大会に呼応する8・5首都圏集会』が以下の要領で開かれることになった。

<日時> 8月5日(日) 午後1時開始 集会後デモ行進
<場所> 日本教育会館・一ツ橋ホール
(地下鉄都営線・東京メトロ半蔵門線「神保町駅徒歩3分)
<問題提起> 高橋哲哉(東京大学大学院教授)
<主催> 10万人沖縄県民大会に呼応する8・5首都圏集会
<問い合せ> 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック
℡ 090-3910-4140



« 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第106号) | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第107号) »

投稿欄」カテゴリの記事

無料ブログはココログ
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31