フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 法廷カレンダー | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第109号) »

2012/07/29

2012年「8・31都教委包囲行動」へ(12)

渡部です。

本日(7月27日(金))夜、毎週の「首都圏反原発連合」有志による官邸前抗議は休みでしたが、『原子力規制委員会」人事に異議あり!「原子力ムラ」から選ぶな! 7・27 官邸前アクション』が開かれました。

<呼びかけ>は、:再稼働反対!全国アクション、国際環境NGO FoE Japan(7月24日現在)。

インターネットで流れた呼び掛けには次のようなことが書いてありました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「9月に発足する「原子力規制委員会」の国会同意人事案(田中俊一、更田豊志、大島賢三、中村佳代子、島崎邦彦)が報じられました。中でも委員長候補の田中俊一氏は、長年「原子力ムラ」の中枢で活動し、今なお原発推進機関の職にあります。自主避難者への賠償にも最後まで抵抗しました。

また、「低線量被ばくでは、子どもと大人で発がんリスクには差がない」と発言した中村佳代子氏も併せて、放射線被害を軽視する人選と言わざるを得ません。

「原子力ムラ」当事者や規制対象事業者、官僚OBらで固めた反省のかけらもない驚くべき人選です。・・・・この案が通れば、「再稼働推進」、「福島切り捨て」、「安全神話復活」の「恐るべき委員会」が私たちの前に立ちはだかるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このアクションでは、旗などに対する規制はなく、主催者の所には「日の丸」もなく、多くの方々の発言も十分に保障され、いろいろなシュプレヒコールも発せられました。

以下にいくつかの発言を紹介します。

(テント村)
原子力規制委員会(5年間任期)は「原発ムラ」の人と元官僚など原発を推進してきた人間が入っている。原発を推進してきた人間は入れるべきではない。委員会は脱原発を宣言すべきだ。福島の人たちの苦しみを我が身として考える人でなければならない。委員長候補の田中俊一氏は長年「原子力ムラ」の中枢で活動し、今なお原発推進機関の職にあり、自主避難者への賠償にも最後まで抵抗した。

(福島からの自主避難者)
福島では下請けの被爆労働者がたくさん働いている。彼らは内部被ばくしている。毎日人殺しをしているようなものだ。差別もひどい。東電社員は冷たい水を飲めるが、下請けはぬるい水だ。東電社員はメガネを蔽うものを配布されるが、下請けにはされない。下請け社員は、「廃炉廃炉というが、誰が廃炉にするの?」と言う。弱い立場の人に押し付けないようにしなければならない。こうした問題を見過ごしている厚生労働省に抗議を!

(埼玉の方)
私の住むところは枝野の選挙区だ。彼は地域で「原発反対」のビラをまいている。しかし、秘書(彼の父)に聞くと、「原発推進だ」と言う。彼らは利権に振り回されてきた。ダマされず、みんなの力で世の中を変えて行こう。私たちが正義だ。

(もう一人の埼玉の方)
国や東電は反省していない。彼らに負けるわけにはいかない。東電の利益の91%は家庭用電力からだ。不払い運動をやろう。

(宇都宮の方)
ここに旗をもってきた。これには、≪原発をゼロにしてから死ぬのが、大人の責任だと思う≫と書いてある。これを各地で掲げてほしい。原発は新しいものではなく、過去の遺物だ。

(福井の方)
敦賀原発から20キロのところに住んでいる。ここに来て多くの人が集まっているのでびっくりした。自分たちも先々週から金曜日に集まり始めた。まだ50人位だが、来週以降頑張る。

(神奈川の方)
規制委員会は「ムラ」関係者を据えている。犯罪者を裁判官に据えるようなものだこの人事が通ったら5年間原発再稼働の動きが止まらないだろう。しかし、どんなことがあってもあきらめてはならない。規制庁まえに1000万人集まろうではないか。

(もう一人の福井の方)
大飯町の町長が原発を抱える町の町長たちと経産省の枝野に面会に来て、「自分たちのところの原発も動かしてください」と強く働きかけ、核燃料サイクルもよろしくと言っている。彼らには何の反省もない。福井には18基の原発があるが、「原発があるから福井は平和なのだ」、「福井の原発は福島の原発とも違い三菱製だから安全だ」、などとも言っている。

アクションでは4団体が内閣府の係員(受け取りに出てきた)に要請文を読み上げて渡しました。

なお、本日のアクションでも、警察が不当な過重警備をしてきましたが、参加者と主催者から強い抗議の声が上がり、警備は多少緩まざるを得なかったようです。

本日の参加者は2800人でした。7月29日(日)夕方には<大規模な国会包囲行動>が行われます。

(なお私は、事情でしばらく田舎に引っ込みますので、東京の動きをどなたか報告お願いします。名前を出せない方は私までメールして下さい。そうすれば私の方で全国に「報告」します。)



« 法廷カレンダー | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第109号) »

投稿欄」カテゴリの記事