フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 板橋特別支援学校教職員の皆様 | トップページ | 板橋特別支援校保護者の皆さま »

2013/03/31

貴殿が田中聡史教諭に出した職務命令書の撤回を求める要請書

R20130313_2

2013年3月13日

板橋特別支援学校校長 村野一臣様

河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会
連絡先:国立市北1-2-12 多摩教組気付

貴殿が田中聡史教諭に出した職務命令書の撤回を求める要請書

 過日村野校長は同校の教職員に対し、卒業式にかかわる職務命令を出したと聞いています。
 10・23通達を発し、教職員が「国旗に向かって起立し国歌を斉唱する」よう職務命令を発することを校長に課した都教委に問題があります。問題の核心はそこにあります。
 しかし、東京の校長が都教委の下請け機関となっていることも看過できません。
 村野校長は、都教委が子どもたちに「日の丸・君が代」をからだを通して教え込もうとすること、そしてそのために教員に率先垂範させること、それを拒否する教職員を処分することが生徒の成長にとって有意義であると、本心から思われるのでしょうか。
 言うまでもなく、教育は「子どもの最善の利益」のために行われるべきものですが、これらのことが「子どもの最善の利益」に適うことだと本心から思われるのでしょうか。
 そして、そうお考えであるならば、生徒や保護者、教職員にその説明をされてしかるべきですが、それをされないのはなぜでしょうか。
 それとも、多くの校長たちがそうであるように、村野校長も「(都教委のやり方は行き過ぎであるが)校長職にある者として、10・23通達に従い、職務命令を出さざるを得ない」とおっしゃるのでしょうか。そうすることにより、生徒たちを犠牲にするとはお考えにならないのでしょうか。ご自分の地位を守ることの方が、「子どもの最善の利益」よりも大事なのでしょうか。
 ドイツのナチス政権下でホロコーストに関与し、強制収容所への移送を担当したアイヒマンは、裁判(1961年)で「大変遺憾に思う」と述べたものの、自身の行為については「命令に従っただけ」と主張し、ドイツ国民から批判を浴びました。
 村野校長をはじめとする東京の校長たちは、日常の個々人の人柄に関係なく、都教委からの指示には無批判に従っています。アイヒマンと同じ精神構造におられると思います。誇りをもって後世に引き継ぐことのできる仕事ぶりではないと思います。
 どうぞ、教育者としての使命に立たれた学校運営をなさってください。
 村野校長は田中さんに対し、「繰り返し研修をしても成果が上がらないのであれば、分限処分があり得る」と告げられたそうですが、村野校長も田中さんが「君が代」不起立を貫いていけばこの先、分限処分があると判断されたということだと思います。
 昨年1・16最高裁判決が「戒告を超える重い処分」を原則違法とする一方、「不起立前後の態度等」がよくなければ「戒告を超える重い処分」も可としたことを援用して、都教委は再発防止研修を格段と強化しました。その再発防止研修を使い、「繰り返し研修をしても、成果が上がらなかった」として、田中さんを分限免職にするのではないかと私たちは大変危惧しています。
 田中さんが分限免職にされるのは、村野校長が都教委の指示に従い職務命令を出すことにより成立することをご自覚ください。
 田中聡史さんがなぜ「君が代」起立を拒否するのか、丁寧に話を聴き、意見を交わし、処分の資料とするための職務命令を撤回してください。全教職員に渡した職務命令書を回収してください。
 以上、厳に要請します。

 その辺りのことを直接お会いしてお話をお伺いしたく、申し出ましたが、村野校長は、「(卒業式は)教育課程に沿って行っていることだから、そちらに会う必要はない」と、どんなにお願いしても、私どもの申し出を拒否されました。 「開かれた学校」の理念に反することではありませんか。

「r20130313.pdf」のダウンロード


« 板橋特別支援学校教職員の皆様 | トップページ | 板橋特別支援校保護者の皆さま »

ちらし置場」カテゴリの記事