フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第168号) | トップページ | 8.22都庁前情宣 »

2013/08/17

累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第169号)

「日の丸・君が代」処分(戒告から停職まで)
累積加重処分取消裁判
~第三波最高裁判決(2013/9)にあたって
「ナチスの手口」、スケープゴートを許すな!!
~「過去の処分歴等」「不起立前後の態度」

による処分是認とは何か~

ゆるい違憲審査基準と規律・秩序の維持

 1999年以来、日本政府の見解は「君が代の『君』は天皇、『君が代』は日本国、その歌詞は日本国の平和と繁栄を祈念するもの」とされている。それに対 する一律起立・斉唱・伴奏は「敬意表明の行為」でありそれを拒否する者はいるが、「10.23通達」・職務命令は厳粛な儀式の規律・秩序の維持のためであ るから合憲(憲法第19条の思想良心の自由を侵害するとはいえない)と最高裁は判じてきた。そして、都教委(教育行政)の教育課程への直接的介入であるに もかかわらず、憲法第23・26条、教育基本法第16条の教育の自由にも違反しないとした。その結果、戒告処分を是認した。
 上記の憲法判断と対をなすのが「過去の処分歴等」「不起立前後の態度」による減給・停職の是認である。1.16最高裁判決では、10年以上前・20世紀 の出来事が取り上げられた。これはあたかも「裁量権の逸脱濫用」問題の如く取り扱われているが、その本質は「公の秩序維持」である。“このような破壊、混 乱、紊乱が予測されるから通達や職務命令が必要”というわけである。これは許せない。

まず先端を叩く「ナチスの手口」

 麻生太郎氏は「ナチスの手口」に習えと言った。それは“蛙をぬるま湯からゆっくり煮れば、気が付かないうちにできあがる”というたぐいのものだった。これは、憲法96条先行改正や内閣法制局長官の人事異動に符合している。
 だが、もう一つの「ナチスの手口」がある。再度、提示する。

 「ニーメラー牧師は、何千何万という私のような人間を代弁して、こう語られました。ナチ党が共産主義を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産 主義者ではなかったから何もしなかった。ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった。つ いで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。ナチ党はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動し た。――しかし、それは遅すぎた、と」(M.マイヤー『彼らは自由だと思っていた』)

 最も先行した反ナチ抵抗者を叩き、多くの国民を金縛りにしたのである。自分は関係ない、自分にまでは及ばないだろうと。それでも抵抗は続いた。“白バラ”は1943年のこと。
 来る2013.9の最高裁判決では、25名・30件の減給・停職処分が裁量権逸脱濫用によって取り消されるという。(資料提供は被処分者の会事務局)
 私の3件も含まれている。この前進は、第一波・第二波最高裁判決を闘い抜いた勇敢な先駆者をはじめ多くの教職員、市民の方々の力に負うものである。
 同時に、2012/1・16判決で停職3月を是認された同一被処分者の減給6月・停職1月の処分は是認されるという。
 都教委・大阪府教委・神奈川県教委等が大いに悪用する憲法判断・不当判決と共に「過去の処分歴等」「不起立前後の態度」の謀略的適用について正確に対応しなければならない。

最高裁判決 9月5日(木)

  近藤順一 07~10年処分取消訴訟・最高裁判決
   14:30 傍聴整理券交付開始(最高裁南門)
   14:50 整理券交付〆切(その後、抽選)
         15時30分判決(第1小法廷)
最高裁への行き方:地下鉄(半蔵門線・有楽町線・南北線)
永田町駅・4番出口 徒歩5分

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「最高裁に公正な審理・判決を要請する」署名継続、よろしくお願いします。(8/25〆切)
(お手元に署名がある方は、ぜひ送ってください。8/26に提出します。)

今後の予定 報道

*河原井・根津処分取消訴訟 地裁口頭弁論 8/19(月)13:30第527号
*「授業してたのに処分」事件地裁弁論 9/5(木)10:30 第530号
*東京小中「君が代」裁判 最高裁判決 9/5(木)14:00 第1小法廷
*累積加重処分取消裁判 最高裁判決 9/5(木)15:30 第1小法廷
*東京「君が代」裁判二次訴訟・最高裁判決 9/6(金)14:00第2小法廷
*08年処分取消請求・非常勤教員合格取消撤回訴訟・最高裁判決 9/6(金)15:30 第2小法廷
*都障労組04年処分取消請求訴訟・最高裁判決 9/10(火)14:00 第3小法廷
*東京「君が代」3次訴訟地裁口頭弁論 10/11(金)15:00第527号




最高裁判決10日前、公正な判決を! 行政の教育介入を許すな!
 全国から集う!全国で闘う!
第4回「日の丸・君が代」問題等2013全国学習交流会
 8/25日(日)  学習・交流集会( 夜 交流会) 10:20
 8/26日(月)  文科省交渉・ 最高裁要請行動
 <場所> 日比谷図書文化館地下ホール

ニュースへのリンク



« 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第168号) | トップページ | 8.22都庁前情宣 »

投稿欄」カテゴリの記事