フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 都庁前通信 | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第175号) »

2013/09/12

質問書

Q20130912

質 問 書

 4月11日の教育員会定例会を私は、友人3人と傍聴しました。
 その定例会で報告の(2)に「都内公立学校における体罰の実態把握について(第一次報告)」がありました。そこにおける竹花教育委員の発言とその議事録について質問をします。
 竹花委員は、「(部活動での:筆者補足)死ね、殺す、出て行け、という強い発言、…今ぐらいのことは精査しなくていい。こんなのは指導の範疇だ」と発言しました。私は体罰容認と言えるこの発言に驚き、すぐにメモを取りました。メモですから、一言一句間違っていないとは言えませんが、ほぼ、聞き間違えはないと確信しております。
 そして閉会後、一緒に行った友人3人とこの発言の確認をしました。私だけが聞いたのではなく、3人とも「そう発言した。間違いない」と言いました。
 8月に入ってから、この日の議事録がホームページにアップされたのを知り、議事録を読んだところ、この竹花発言が記録されていませんでした。これはいったいどういうことなのか、説明をしていただきたく、質問します。

1)「(部活動での:筆者補足)死ね、殺す、出て行け、という強い発言、…今ぐらいのことは精査しなくていい。こんなのは指導の範疇だ」と、竹花委員は発言したのですか。しなかったのですか。この発言の録音データには存在するのですか。しないのですか。
2)もしも、竹花発言はなかったと言うならば、私たち4人にはどうして同じことが聞こえたのでしょうか。
3)また、もしも、この発言はあったが、消去、削除したというならば、その理由をお聞かせください。

以上

質問書へのリンク



« 都庁前通信 | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第175号) »

お知らせ」カテゴリの記事