フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 最高裁に公正な判決を求める要請 | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第174号) »

2013/09/05

1・16最高裁判決は、都教委を断罪したか?

F20130905

1・16最高裁判決は、都教委を断罪したか?
・・・判決の真の狙いを見落としてはなるまい・・・

 第3波最高裁判決が出されます。法廷が開かれないところを見ると、今回の判決は第1波、第2波判決で出された次の3つの判断基準に沿って出されるのでしょう。

ア.起立・斉唱を求める職務命令は合憲
イ.戒告を超えてより重い…処分を選択することについては、慎重な考慮が必要 
ウ.処分歴や不起立前後の態度等が規律や秩序を害する場合には、重い処分が許される。

 2012年1月16日の最高裁判決は、上記の判断基準のイを使い、「積極的…妨害はなく、過去2年度の3回の不起立にとどまるから、停職処分は重すぎる」として河原井さんの停職1ヶ月ともう一人の減給1ヶ月を取り消しました。しかし、停職3ヶ月の根津さんについては、ウを使い、「過去の処分歴にかかわる非違行為は、積極的妨害であり、規律や秩序を害するものだから、処分は違法とはいえない。」として処分を取り消しませんでした。
 それ以降の下級審判決も、1.16最高裁判決に倣ったものです。

 減給以上の処分が取り消されたこと、そして、昨年は複数回の不起立者が戒告処分にとどまったことはよかったと思います。しかし、私たちは1.16最判の一番の狙いがア+ウであること、そしてそれが今後に及ぼす影響を非常に危惧してきました。ウは、数回の不起立までは大目に見るが、徹底して抵抗する者は容赦しない、そうした者には累積加重処分をしてよいのだと、1.16最判は行政にお墨付きを与えたのだと思います。ウの対象は根津さんに限ったことではなく、今後の不起立者、抵抗者に対して用意したのだということです。それこそが、アとともに、1.16最判の狙いだったと思うのです
 1.16最判からわずか1年後の今春、都教委は田中聡史さん(板橋特別支援学校教員)の卒業式・入学式の2回の不起立に対して、減給1ヶ月処分を2回発令しました。
 田中さんに対して減給処分が出されるまでは、何度不起立をしても戒告に留まる、と受け取っていた方が多いと思います。しかし、今回減給処分が出されたことで、最判は「戒告を超えるより重い処分」の発令に道を開いていたと読むのが筋だと思います。(もちろん、今後の裁判で変更もありうるのですが…。)
 この先、田中さんが不起立を続ければ、大阪の職員基本条例が「同一の職務命令違反3回で免職」を謳うなか、都教委が免職を射程に入れることは想像に難くありません。20回近くもの「再発防止研修」を行い「反省」の機会を与えたにもかかわらず、不起立を繰り返し「反省」がない。したがって、「不起立前後の態度等が学校の規律や秩序を害する」から教員として不適格。ゆえに分限免職、という道筋を都教委は考えているのではないか、と思うのです。
 自民党政権が自民党憲法草案に「公の秩序」を明記し、権力に逆らう者を処罰し統制する社会を狙っていることとタイアップして、都教委が「秩序」判断による処分に拍車をかけることも考えられます。

 それに対抗するためには、弾圧の最前線に立たされている田中さんを大勢の人が支援し、重い処分を出させないよう、都教委に迫ることではないでしょうか。また、そのことが、10・23通達撤回につながると思います。
 根津さんが分限免職、あるいは懲戒免職にならなかったのは、大勢の方が闘いに参加してくださったからこそと私たちは体験的に確信しています。それゆえ、私たちは弱小組織ながらこの間、全力をあげて、卒業式・入学式、「再発防止研修」の当日及び前後に板橋特別支援学校の教職員にチラシを配り、情宣を繰り返し行ってきました。都教委や校長への申し入れ・抗議も行なってきました。
 大勢が立ちあがったならば、田中さんに対する分限免職を阻止できるのではないかと思います。
 大勢の力で、田中さんに対する重い処分を阻止しましょう。
 皆さまが田中さんの闘いを支援してくださるよう、切に訴えます。

 第3次最高裁判決を前に、皆さんにぜひお考えいただきたく、会としての考えを申し述べました。



都教職員研修センターでの「再発防止研修」抗議行動が次の通り予定されています。ご参加ください。

  ■10日(火)はYMさん(都立O高校)
  ■17日(火)は田中聡史さん に対し
   場所:都教職員研修センター前(JR水道橋東口、都立工芸高校隣)
   時間:9時~11時半
   *呼びかけ:被処分者の会

ちらしへのリンク



« 最高裁に公正な判決を求める要請 | トップページ | 累積加重処分取消裁判を支援する会ニュース(第174号) »

ちらし置場」カテゴリの記事