フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 都庁前通信 | トップページ | 9.10講演会のご案内 »

2014/07/28

田中聡史さんに対する「服務事故再発防止研修」の中止を求める要請書

R20140727

2014年7月27日

東京都教育委員会 教育長 比留間英人様
板橋特別支援学校 校長 真下智様

田中聡史さんに対する「服務事故再発防止研修」の
中止を求める要請書

河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会

 東京都教育委員会が2004年以来強行している「日の丸・君が代」の強制と処分は、(内心では反対であっても)指示には従えと、脅しによって教員を支配し、それを子どもたちに見せることで子どもたちに都教委の「秩序」を刷り込んできました。
 「日の丸・君が代」は人々の間で意見の分かれる問題です。最高裁判決がすっきりと「職務命令は合憲である」とはいえずに「職務命令は違憲とはいえない」と言い、「敬意の表明の要素を含む行為を求められることは、…思想及び良心の自由についての間接的な制約となる面がある」としたのは、「日の丸・君が代」が今なお、国民の間で意見の分かれる問題であるとの認識を示すものです。これは教員について出された判決ですから、公務員であることを理由にハードルはひどく高くされています。しかし、教員についても最高裁は「制約」を認めざるを得なかったのです。
 判決は児童・生徒向けたものではないので、その点についての言及はありません。しかし現実には、「『日の丸』や『君が代』に対し敬意を表明することには応じがたいと考える」のは、教員だけでなく、児童・生徒も少なからず存在します。判決の文脈からつなげれば、その「児童・生徒たちの思想及び良心の自由の制約となる」ことは明白です。都教委がこれほど弾圧をしても、教員の「君が代」不起立がなくならない大きな理由は、この点にあります。
 「君が代」不起立をした教員たちは、子どもたちの「思想及び良心の自由」の制約・侵害に手を貸すことは、しない。子どもたちが「日の丸・君が代」について都教委の考えとは異なった考えのあることを知り、考え判断する資料としてほしいと考えて、不起立をしてきました。子どもたちに対する教員としての職責を考えての行動ですから、「服務事故」を起こしたのではなく、「再発防止研修」を受講する理由はまったくありません。
 しかし、都教委は「君が代」不起立処分とセットで「服務事故再発防止研修」を行い、2012年からのそれは内容回数ともに、異常としか言いようのないものにしました。田中さんに対して都教委は、昨年は19回の「研修」を行いました。今年もほぼ、それだけの研修を強行するつもりなのでしょう。2011年までの「研修」であっても、「・・・自己の思想,信条に反すると表明する者に対して、・・・自己の非を認めさせようとするなど、公務員個人の内心の自由に踏み込み、著しい精神的苦痛を与える程度に至るものであれば、そのような研修や研修命令は合理的に許容されている範囲を超えるものとして違憲違法の問題を生じる可能性がある」(2004年7月23日 東京地裁決定)として、違憲違法の恐れが指摘されていたことからすれば、現在都教委が行っている「服務事故再発防止研修」は言語道断です。

 私たちは、都教委が明日28日、田中聡史さんに対して予定している「服務事故再発防止研修」を中止するよう要求します。
 校長は都教委の指示に従うのが仕事ではありません。70年前の侵略戦争の際、子どもたちをお国のために差し出した校長たちと同じ過ちはしないでください。自校の生徒さんが人格的発達をするために、「日の丸・君が代」の強制と処分、「服務事故再発防止研修」が必要か否かをご自身の頭で熟慮し判断してください。
 また、6月10日のように、市民の申し入れに対し、警察に出動要請するような差別的な対応はしないでください。 

以上

要請書へのリンク



« 都庁前通信 | トップページ | 9.10講演会のご案内 »

お知らせ」カテゴリの記事