フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 都庁前通信 | トップページ | 田中さん再防研に関する9月3日付「回答」抗議 »

2014/09/24

再防研抗議チラシ

140924

板橋特別支援学校教職員の皆さま

  おはようございます。
 本日も16時から1時間、都教委が学校にやってきて「君が代」不起立した田中聡史さんに対し、「服務事故再発防止研修」なる思想転向の強要を強行します。「君が代」不起立処分及び「服務事故再発防止研修」は、教員を黙らせ、考えずに指示に従う子どもをつくるものだと私たちは考え、これに反対しています。これまで、反対の声を校長に届けようと面会を求めてきましたが、校長はその一切を拒否しています。
 私たちは本日も、校長に「服務事故再発防止研修」の中止を求めます。

          ◇◇◇◇◇  ◇◇◇◇◇  ◇◇◇◇◇  ◇◇◇◇◇   

2014年9月24日

板橋特別支援学校  校長  真下智様

田中聡史さんに対する「服務事故再発防止研修」の中止を求める要請書

河原井さん・根津さんらの「君が代」解雇をさせない会

門を開けてください。
声を届けにきました。
門を開けてください。
心と耳を開いて  聴いてください。

なぜ閉ざしているのですか。
何を恐れているのですか。
私たちは聴いてくださいとお願いしているだけです。
おかしいと思うなら憲法を持ち出さなくても、
その声を届ける義務が私たちにはあります。民主主義は育てるものだから。
そして校長として聴く義務があり、応える責任があります。

再発防止研修の続行が本当に正しいとお考えですか。
それとも命令だからただ従っているだけなのですか。
深く考え、悩み抜いて、それでも起立斉唱をよしとしなかった一人の人間の、
心に届く研修とは何ですか。
たとえ考えが異なっても大切に向き合うことこそが研修なのでは?

何も生み出さないものなら直ちにやめることが肝要です。

門を開けてください。
声を届けにきました。
門を開けてください。
心と耳を開いて  聴いてください。
人権を侵す「服務事故再発防止研修」を中止してください。

チラシへのリンク



« 都庁前通信 | トップページ | 田中さん再防研に関する9月3日付「回答」抗議 »

ちらし置場」カテゴリの記事