フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 都庁前通信 2016年3月24日号 | トップページ | 都庁前通信 2016年4月14日号 »

2016/03/30

卒業式「君が代」処分発令に抗議するとともに、新たな処分を行わないことを求める要請書

R20160330

2016年3月30日

東京都教育委員会 中井敬三教育長

卒業式「君が代」処分発令に抗議するとともに、新たな処分を行わないことを求める要請書

 都教委は3月24日の教育委員会定例会において、大森高校教職員2名及び石神井高校教職員1名の計3名に対し、卒業式での「君が代」起立の職務命令に違反したとして戒告処分を発令した。
 また、3月24日に行われた石神井特別支援学校の卒業式で「君が代」起立の職務命令に違反したとして、同校教諭田中聡史さんに対し、翌25日に処分を前提とした事情聴取を行い、処分発令を行おうとしている。
 私たちはこのことに強く抗議するとともに、3名に対する処分を撤回すること、田中さんに対する処分をしないことを強く要請する。
 とりわけ田中さんに対し都教委が2013年以降行ってきた減給1月処分は、「戒告を超える重い処分は違法であり、都教委の処分権の乱用である」と判じた2012年最高裁判決を無視し強行したものである。私たちは司法判断が公正中立と思っているものではないが、都教委に最高裁判決を無視する権限はない。減給1月処分は、1/10 1月を減給されるだけでなく、6月勤勉手当が20%減額され、さらに極めつけは定期昇給がないという重い処分なのだ。
 「日の丸・君が代」を尊重すること及び、指示命令に従うことを子どもたちに教え込むことは、学校教育がしてはならないことと考え、4名の教職員は「君が代」起立の職務命令に従わなかったのだ。教育長及び教育委員が憲法及び子どもの権利条約、国連・自由権規約委員会の「総括所見」(2014.7.24)が謳う思想及び良心の自由、表現の自由を真に吟味し、「教師と子どもの人格的接触」を通して「子どもの最善の利益」を大事にする学校教育を行おうとするならば、「日の丸・君が代」の強制と処分はあり得ない。都教委は10・23通達を撤回すべきである。

1. 大森高校教職員2名及び石神井高校教職員1名の計3名に対する戒告処分を取り消すこと
2. 田中聡史さんに処分を発令しないこと
3. 10・23通達を撤回すること

以上

要請書へのリンク



« 都庁前通信 2016年3月24日号 | トップページ | 都庁前通信 2016年4月14日号 »

お知らせ」カテゴリの記事