フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« コリン・キャパニック選手の国歌起立斉唱不起立を巡って | トップページ | 都庁前通信 2016年10月27日号 »

2016/10/13

アメフト選手の国歌起立斉唱拒否をオバマ大統領が擁護!

Photo

アメフト選手の国歌起立斉唱
拒否をオバマ大統領が擁護!

 アメリカでちょっとした話題になっているのが、NFLのスター選手が、8月26日、9月1日と試合前の国歌斉唱場面で、人種差別と警官の暴力行為に抗議して、起立斉唱しなかった行為です。
 この行為に賛否両論渦巻く中で、9月5日オバマ大統領自らが、中国杭州G20首脳会議後の記者会見で、この選手の行動を「表現の自由」の問題であるとして擁護する発言をしました。
 民主主義を前に進めるために必要なのは「行動する国民」だ、というリーダーの発言は貴重です。
 CNN、NBC、ロイター、BBCなど全世界のメディアが伝える中、日本の大マスコミは沈黙です。

★ 米国歌に起立拒否のNFL選手、オバマ大統領が擁護 ★
 Colin Kaepernick's actions have "generated conversation" , said Mr Obama

 米NFLのコリン・キャパニック選手が米国内の人種差別に抗議するため国歌演奏時の起立を拒否して賛否両論となっている問題で、オバマ米大統領は5日、キャパニック選手は憲法で保障されている意見表明の自由を行使しているだけだと擁護した。訪問先の中国で発言したオバマ氏は、選手の行動は議論に値するものだと述べた。
 NFLではキャパニック選手の行動にならい、複数の選手が国歌演奏中に座ったりひざまずいたりしている。
 中国・杭州で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議に出席後の記者会見で、キャパニック選手の抗議行動について質問されたオバマ氏は、なぜ国歌に敬意を示そうとしないのか、軍関係者が理解するのは大変だろうが、問題提起しようとする選手の誠意は疑いようがないと述べた。
 「ほかになんの効果がなかったとしても、みんなで話し合う必要がある話題について、(選手の行動は)会話のきっかけとなってくれた」と大統領は評価し、議論に参加せず「脇でただ座って何も気にかけない」でいるよりも、若い人がもっと民主手続きに則り議論に参加した方が良いと、意義に言及した。(以下略)
『BBC』(2016年09月06日) http://www.bbc.com/news/world-us-canada-37278246

☆ 米国では、高校生の間にも国歌斉唱時に抗議の不起立が拡がる ☆

 昨日(10/4)のニューヨークタイムズ紙の記事によると国歌斉唱中の膝まずきがこちらの高校のフットボールチームの間でますますひろがっているようです。
 高校生の間では警察によるマイノリティー、特に黒人への射殺に対して何かしたいと心の中で思っていても、今迄はその気持ちを表す方法を知らなかったのが、キャパニックの行動によって自分達も何か出来ると知らされたようです。
 先週末には、コロラド州のオーロラで選手44人中、その4分の3が。又、何千マイルも離れたウイスコンシン州のマディソンの高校で対戦高校の両方の選手。前にお知らせしたオークランドのキャッスルモント(選手達ばかりでなくそのコーチも国歌斉唱中、片膝をついて拳をあげた)。ニュージャージー州のウッドローウイルソン高校、サンフランシスコのミッション高校、それにオマハ・セントラル高校ではチアーリーダーとブラスバンドもそれに参加したそうです。
(サンフランシスコ在住の和美さんのレポート2016.10.5から『レイバーネット日本』)

☆ コリン・キャパニックは日本人でなくてよかった ☆
 Colin Kaepernick Is Lucky He ’ s Not Japanese

Alex Marshall 『 foreign policy 』 September 16, 2016

 これは、米国の外交問題隔月刊誌『フォーリン・ポリシー』に載った、英国ジャーナリストの記事のタイトルです。著者のアレックス氏は、『 Republic or Death!: Travels in Search of National Anthems(共和か死か!~世界国歌の旅)』(2015年)著者でもあり、日本の「君が代強制問題」に詳しい。
 なぜ「日本人でなくて良かった」のか。それは「この国(日本)でスポーツ選手が彼のようなことをすれば、一瞬にして選手生命を断たれてしまうだろう」から。
 アレックス氏は、記事の中で「国歌を軍国主義の象徴と見なし、国歌演奏時の起立を拒否しつづけ、そのためにこれまで罰金を科せられたり、半年にも及ぶ無給の停職処分を受けたりしてきた。そればかりか、演奏時間五十五秒の『君が代』に対する態度矯正のため、無数の再教育講習を受けることを強要されたこともある。」という元教員の根津公子さんに対する弾圧のケースを紹介している。

安倍首相は、不起立は「憲法」で保障された権利、となぜ言えない?

チラシへのリンク



« コリン・キャパニック選手の国歌起立斉唱不起立を巡って | トップページ | 都庁前通信 2016年10月27日号 »

ちらし置場」カテゴリの記事