フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 都庁前通信 2017年4月13日号 | トップページ | 「君が代」不起立教員に対する「服務事故再発防止研修」の中止を求める要請書 »

2017/04/27

都庁前通信 2017年4月27日号

F20170427

卒業式「君が代」不起立処分に抗議する!

 都教委は4月20日、卒業式で「君が代」の職務命令を拒否し、不起立をした2名の高校教員に対し、処分を発令した。不起立3回目の教員に対して戒告処分を、不起立4回目の教員に対しては、最高裁が「処分が重すぎて違法」とした減給1月を科した。私たちは処分に強く抗議し、処分の撤回を求める。
 一方、処分を覚悟して「君が代」起立の職務命令を拒否した2人の教員に対しては、心から敬意を表したい。

▼なぜ、「君が代」起立・伴奏の職務命令に従わないのか

 「君が代」起立・伴奏の職務命令を校長に出させ、その職務命令に従わない教員を処分する「10・23通達」を都教委が出して今年は14年目、これまでに起立・伴奏を拒否して処分された教職員は延べ480人にのぼる。
 都教委は、処分をすることの教育上の意味について、「起立する教職員と起立しない教職員がいると、児童・生徒は起立してもいいし、起立しなくてもいいと受け取ってしまう。」と言ってきた。 今年1月に開かれた校長連絡会と副校長連絡会では、「生徒への指導が適正か、教職員の指導状況を確認するように」と指示し、各校が作成し都教委に提出する卒業式の進行表に、「起立しない生徒がいたら司会が起立を促す」「全員の起立が確認できたら式を始める」といった記載がないと受け取らないという措置に出た。
 これらから見えるのは、「日の丸・君が代」について意味や歴史を知り、自分の頭で考え判断するという、教育が最も大事にすべきことをさせずに、子どもたちが『君が代』を起立斉唱し、上からの指示には考えずに従うよう教え込む。それが都教委の目指す教育ということだ。
 戦前の日本では、天皇のために忠誠を尽くすのが臣民の努めと説く「教育勅語」による刷り込みが、進んで戦場に行く子どもたちを作り出した。「教育勅語」と同一線上の刷り込みを、都教委は東京の子どもたちにしてきた。
 こうした刷り込みに手を貸してはならないとの考えから480人の教職員は、処分による不利益を覚悟して、職務命令を拒否してきたのだ。
北朝鮮との戦争も辞せずというトランプ政権、そして戦争ともなれば集団的自衛権行使で米軍とともに戦うことになる日本。このような安倍政治の中、「君が代」起立を拒否した教職員の処分に反対することは、子どもたちのため、社会のために極めて大事なことと思う。

▼「君が代」不起立処分に関する都教委発表は治安維持法下のよう

 都教委ホームページ「教職員の服務」を見ていただきたい。都教委は、例えば、女生徒の身体をさわり停職6月処分にした主幹教諭については「中学校(多摩地域)」と表示する。セクハラ・体罰等については学校名を表示しない。一方、「君が代」起立拒否での被処分者については学校名を表示する。そこには都教委と異なる考えを表明することは許さない、思想犯は容赦しない、大勢の批判に晒すという都教委の意思が見え隠れする。


4月13日都教委定例会傍聴報告 

 公開議題は報告2件のみ。そのうち、「都立特別支援学校における社会貢献活動モデル事業について」報告します。非公開議題はいつもながら、教員の懲戒処分について。

「都立特別支援学校における社会貢献活動モデル事業について」

 昨年度、特別支援学校20校の児童・生徒たちが高齢者施設を訪問し、あるいは学校に高齢者を招待して演奏・合唱・ダンスを披露したり、ハンドマッサージや高齢者の話し相手をしたりするなどの社会貢献活動を行ったところ、「こんなに喜んでいただき嬉しかった」(児童・生徒)などの感想があり、成果が見られたとの報告だった。
 そして、今年度は20校を、来年度は未実施の17校をモデル校に指定し、以降全都立特別支援学校で社会貢献活動を継続実施の予定という。今後はこの事業に、一般の小・中学生や地域住民の参加も促進するという。
この事業の目的は、「特別支援学校の児童・生徒が、地域の一員として、生涯にわたり自己有用感を得ながら生き生きと生活していくことを目指し、地域の人々に貢献するとともに、地域の人々と喜びを分かち合えることを実感できる活動の機会を創造する。」という。

 「地域の一員」「喜びを分かち合えること」を目指すというが、都教委は障がいを持つ子どもたちを、地域の一般の小・中・高校から排除し続けている。上記の目的を達成するためには、障がいのあるなしにかかわらず子どもたちが地域の学校で一緒に生活することを目指すべきではないか。排除をしておいて、「地域の一員として・・・自己有用感を得(させる)」云々はないだろう。

 4人の教育委員はこの事業を「素晴らしい」と絶賛。宮崎委員は「素晴らしい」の後に、「他校種ともダイバシティ・インクルーシブ(教育)に持っていけるといい」と言ったが、新しい概念をことばにしただけの虚しさを感じた。委員が本気で、ダイバシティ(多様性)・インクルーシブ(包括する、排除しない)を考えるのならば、都教委が障がいを持つ子どもを一般の学校から排除する現実を変えるよう、提案すべきではないのか。
 そもそも、都教委のいう「社会貢献」とは何なのか。ここには、「成果」「数字」で「社会貢献」度を測定する思考が働いていないか。共生の思想、一人ひとりの存在そのものを肯定する人権思想という強固な思想に裏打ちされない場合、「社会貢献」や「「自己有用感」は、社会の役に立たない人間は存在価値がないという障害者排除の思想につながっていく危うさを否定できない。

 特別支援学校は《障がいに応じた、一人ひとりの子どもに適した教育》が受けられる学校、と一般には認識されている。しかし、きょうだいや地域の子どもたちから隔離された中で育つことでの、相互のマイナス面、それによって生じる差別意識の醸成について、再考すべきと思う。
 日本の特別支援教育が世界の流れではない。インクルーシブ教育の概念が異なる。例えばスウェーデンでは、障がいのあるなしにかかわらず、地域の学校で一緒に学習・生活をするのがインクルーシブ教育であり、それは「自明のこと」と考えられていて、日本の特別支援学校・特別支援学級のような分離は必要最低限に抑えられている。その際には、子ども本人や保護者の意見を重要視している。

通信へのリンク



« 都庁前通信 2017年4月13日号 | トップページ | 「君が代」不起立教員に対する「服務事故再発防止研修」の中止を求める要請書 »

ちらし置場」カテゴリの記事