フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 都庁前通信 2018年1月11日号 | トップページ | 都庁前通信 2018年2月8日号 »

2018/01/25

都庁前通信 2018年1月25日号

F20180125


「負」の事実を教えないオリンピック・パラリンピック教育
それは、一つの価値観の押しつけではないのか

 オリンピアンやパラリンピアン等を学校に派遣し、交流を通じてスポーツのすばらしさを実感させるという都教委主催の「夢・未来」プロジェクト。その様子が報道もされている。昨年度は公立学校220校で、今年度は300校で実施とのこと。
 このプロジェクトには、日本のオリンピアン又は著名な指導者を派遣する「YOKOSO」プログラム、在日の外国人アスリートを派遣する「Welcome」プログラム、日本のパラリンピアン又は著名な指導者を派遣する「自分にチャレンジ」プログラムの3つがある。これらのプログラムの目的には、「国際理解の推進」や「障害のある人への理解を深める」こと、「共生社会の意義を学ぶ」ことなどが挙げられている。
 ことばだけを見ると良いことのように感じるかもしれない。しかし、政府は朝鮮民主主義人民共和国のミサイル発射には「J アラート避難訓練」をさせ、人々にひたすら脅威を煽り、アメリカから巨額の兵器を購入しようとしている。北朝鮮脅威に同調する小池知事のもとでは、「国際理解の推進」は、子どもたちに北朝鮮脅威を「理解」させることとなりかねない危うさがある。また、障害を持つ子どもたちを普通学校から排除し、子どもたちが互いに理解し協力する関係を奪っておいて、「障害のある人への理解を深める」とは何なのか。
 「夢・未来」プロジェクトをはじめとするオリンピック・パラリンピック教育は、オリンピック・パラリンピックは素晴らしいことという価値観が前提とされている。しかし、オリンピックは、五輪憲章の精神から外れるような、国と国との争いになり、商業主義に陥っている。多額の国税・都税が使われることに反対する人、オリンピックに使うお金は生活保護費切り下げの補填や福島県民の救済に当てるべきと考える人は、少なからず存在する。五輪関連工事は東京に集中し、福島原発事故の自主避難者に対する支援は打ち切られ、放射線被ばくの恐れがある土地への帰還が強制される。「東日本大震災復興支援」という五輪のキャッチフレーズは何だったのか。生活を奪われ福島から東京に避難している子どもたちは、どんな思いを持つだろう。私たちはこうしたオリンピック・パラリンピックに反対する。オリンピック・パラリンピック教育も止めるべきだ。
 オリンピック・パラリンピック教育が進むなか、子どもたちには、上に述べたようなさまざまな問題について自分の頭でしっかりと考えてもらいたいと思う。

● 小学生は東京2020大会マスコットの投票

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が行うもので、全国の各小学校が事前に登録をした上で、大会マスコットの投票をする。各クラスが3種類のマスコットの中から1票を投じるというもの。【事前登録期間:2017年11月20日~2018年2月22日  投票期間:2017年12月11日~2018年2月22日】
 クラス投票には、オリンピック・パラリンピックに疑問を持つ子どもたちも参加させられる。
 気がつかないうちに、国の価値観の押しつけが、「日の丸・君が代」の尊重を刷り込む卒業式・入学式と同様、オリンピック・パラリンピック教育の中で年間35時間も行われる。


1月11日都教委定例会傍聴記

  この日の議題は、非公開議題に教員の処分案件がいくつもあったが、公開議題は下に示す1件のみ。

「都教委の児童・生徒等表彰」について
――表彰されるのは、都教委に認められた「善行」だけ

 「善行や優れた活動を行った」幼児・児童・生徒を都教委教育長が表彰するもので、1984年から始まった。これが始まった当初は、各種競技大会で表彰された児童・生徒を二重に表彰することになると、疑問視する声もあったが、いまはどうなのか。
 今年度の表彰件数は、幼稚園2件、小学校67件、中学校64件、高校65件、中等教育学校11件、特別支援学校9件の計218件。2月10日に都庁で表彰式が開催されるとのこと。
表彰基準は次の5点。

1.地道な活動を継続的に行い、他の児童・生徒の範となる者。
2.当該児童・生徒等が行なった活動が契機となり、その効果が波及し、他の児童・生徒等の具体的な行動や取組に良い影響を与えた者。
3.環境美化活動や福祉活動、伝統・文化の継承活動、奉仕活動、子供会等、地域における活動を継続的に実践した者。
4.スポーツ・文化活動において著しい成果を上げた者。
5.人命救助またはこれに類する行為を行った者。

 お上から表彰されることを有難がる風潮が問題と筆者は思うのだが、それはおいても、表彰基準「3」の事例として挙げられていたのは、「自主的・継続的に公共施設や道路のゴミ拾いを行い、地域の環境美化に貢献」「地域における防災訓練に継続的に参加するとともに、地域の防災活動の推進に貢献」「和太鼓のボランティア演奏を通して周辺地域との交流を深め、地域の活動に貢献」。
 どれも、都教委が認めた「善行」であって、戦争しない・させないため、平和のための活動をしている生徒たちがいても、その活動は表彰基準には該当しないようだ。
 お上から表彰されることを有難がるのではなく、学校内や学年・学級、仲間で善いことについて話し合い、認め合う関係が作られていくといい。


ミサイル発射を想定したJアラート避難訓練

港区立本村小学校のHP、9月6日付は、「『Jアラート』に対応した避難訓練を実施しました」と掲載し、動画までアップしています。千代田区の小学校での訓練はテレビで放映されました。
教員たちは、子どもたちにどのような説明をして訓練をさせたのか、また、今後はどうするのか気がかりです。  /神奈川県は1月31日に全県一斉のJアラート避難訓練とのこと。
北朝鮮のミサイルよりも、米軍機の墜落のほうが危険度は高い。

通信へのリンク



« 都庁前通信 2018年1月11日号 | トップページ | 都庁前通信 2018年2月8日号 »

ちらし置場」カテゴリの記事