フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« ブログ更新再開のお知らせ | トップページ | 都庁前通信 2018年10月25日号 »

2018/10/15

都庁前通信 2018年10月11日号

F20181011
 「辺野古新基地建設はさせない」。沖縄の人々の強い思いが玉城デニー県知事を生んだ。この結果に対し、政府は「早期に辺野古への移設と普天間基地の返還を実現したい考え方に変わりはない」(菅官房長官)と、沖縄への米軍基地の押しつけをやめようとはしない。民意を汲み上げ実現させるのが政治であり、地方自治であるのに、安倍政権はそのことを全く理解しない。
 米軍基地があるために起こる、沖縄での度重なる米軍機事故や暴行傷害事件に対して本土の「国民」は沈黙していていいのか、問わねばならない。
 今月1日、横田にもオスプレイが配備された。沈黙を破り、反対の声を大きく上げよう。

「オリンピック・パラリンピック学習読本」に嘘の記述
「五輪読本」裁判、本日14時~ 東京地裁526号法廷にて

 東京の小学4年生から高校生までの児童・生徒に、都教委は2016年度から「オリンピック・パラリンピック学習読本」(「五輪読本」)や「オリンピック・パラリンピック学習ノート」を配り、公立学校には年間35時間のオリンピック・パラリンピック学習を課している。同「読本」には、国際オリンピック委員会(IOC)が定めているIOC憲章に明確に違反する嘘の記述があり、それを訂正するよう高嶋伸欣・琉球大名誉教授ら(都教委を訴える会:共同代表)が指摘してきたが、都教委は訂正を拒んできた。そこで、高嶋名誉教授らは裁判に訴えている。
 嘘の記述とは、小学校編の「世界のマナー」と題した節で「国旗と国歌」という小見出しをつけ、「オリンピック・パラリンピックでは、開会式で選手たちが自国の国旗を先頭に行進します。表彰式では、優勝した選手の国の国旗をかかげ、国歌を演奏します」「表彰式の国旗けいようでは、国歌が流されます」「国歌とともに国旗がけいようされます」の「国旗」「国歌」。
 IOC憲章は、「オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない」と規定し、それに沿って 1980 年、「選手団が使う旗と歌は(国旗・国歌ではなく)選手団が登録した旗と歌」と追加規定した。それによって、中華民国(台湾)は国旗でなく、大会組織委員会に登録して、台湾の人々が好む梅の花をデザインした旗を用いている。リオでは難民選手団が、ピヨンチャンではロシア選手団がオリンピック旗で入場したことは記憶に新しい。日本の選手団は「日の丸」「君が代」を選手団の旗、歌として登録したに過ぎない。
 IOC憲章を知りながらなぜ、都教委は嘘を子どもたちに教えるのだろうか。嘘を使ってまで、「愛国心」を刷り込もうとするのか。

◆ 調布市主催のコンサートで中学生らも登壇し「君が代」起立・斉唱

 調布市が東京2020公認プログラム(東京五輪大会に向けた文化プログラム事業)として7月16日に主催した、ソプラノ歌手・新藤昌子氏と世界の国旗研究協会理事長兼会長・吹浦忠正氏による、「世界の国旗・国歌学ぼう!聴こう!歌おう!@調布」と題するコンサートで起きたこと。市側との企画段階で、新藤氏が「親交のある市立5中合唱部顧問の音楽科女性教員」に声をかけたため、5中合唱部生徒約100名も参加した。意見の分かれる問題である「君が代」に生徒たちを動員したことに対し、市民らが抗議。市・生活文化スポーツ部オリパラ担当部長は「今回の開催に際し、様々なご意見があったので、今後はことさら国旗・国歌のみ取り上げる形でなく、より良い形を検討していく」と答えたという(『週刊新社会』2018年8月21日号)。 声があがってよかった。
 オリンピックを利用して、「愛国心」の刷り込みがされることに警戒していかねば、と思う。


9月13日都教委定例会傍聴報告
校長の約半数が学習指導要領を超える性教育を求めている

 8月に都内全中学校の校長を対象に都教委は「性教育(中学校)の実施状況調査」を行った。そこでは約半数(46%)の校長が「学習指導要領に示されていない内容を指導することも必要だと思う」と回答した。
 また、「避妊法や人工妊娠中絶等、学習指導要領に示されていない内容を授業で指導している(する予定である)」学校が9%(55校)にのぼる。都教委の学校支配が強い中で、この数字は大きな意味を持つ。
「・指導している内容は、避妊法、人工妊娠中絶、コンドームの利用、性交、望まない妊娠
 ・指導している理由は、

様々な情報が氾濫している状況で、情報を選択するための正しい知識を身につけさせることが必要なため。/性感染症を教える中で、知っておいたほうがよいため。/命の大切さを知り、望まない妊娠をさせないため。」と回答を寄せている。


 3月の文教委員会で古賀自民党都議会議員が足立区中学校の性教育を問題視したことに便乗して、都教委は4月26日の定例会で学習指導要領を超えた性教育について次のような見解と今後の対応を発表した。
 「『性交』『避妊』『人工中絶』といった中学校学習指導要領保健体育にないことばを使った授業は不適切。保護者の理解を必ずしも十分得ないまま授業が実施されていた。」今後は、「学習指導要領を基本とする。すべてを集団指導で教えるのではなく、集団指導で教えるべき内容と個別指導で教えるべき内容を明確にする。学習指導要領を超える内容を指導する場合には、事前に学習指導案を保護者に説明し、保護者の理解・了解を得た生徒を対象に個別指導を実施するなど」とした。
 都教委の方針に合わない授業を止めさせるために、こうした「今後の対応」を出したのではないのか。
 なお、この都教委の「不適切」見解に対して、北村教育委員から「現場では萎縮せず、取り組んでほしい」との発言はあったものの、北村教育委員を含め教育委員からは、「保護者の理解・了解を得た生徒を対象に個別指導を実施する」ことに賛成する発言が相次いだ。
 しかし、現場の校長たちの約半数は上記した調査結果の通り、「『性交』『避妊』『人工中絶』といった学習指導要領にない言葉を使った授業」の必要性を感じている。もちろん生徒全員を対象に、である。性に関する情報が氾濫する中で、子どもたちを守っていくためには性に関する正しい知識を学ぶ機会はすべての子どもに必要だ。
 この数字の重みを都教委は受け止めなければいけない。受け止めて、4月26日に出した都教委見解を撤回し、10代の実態に即した性教育のあり方を真剣に検討するべきだ。

通信へのリンク



« ブログ更新再開のお知らせ | トップページ | 都庁前通信 2018年10月25日号 »

ちらし置場」カテゴリの記事