フォト

掲示板

停職「出勤」日記2009

停職「出勤」日記2008

停職「出勤」日記2007

停職「出勤」日記2006

停職「出勤」日記2005

投稿欄

ちらし置場

リンク集

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020/01/30

都庁前通信 2020年1月30日号

F20200130

 

オリ・パラ競技観戦辞退続出の責任は都教委に

 都教委にとっては、子どもの命よりも「愛国心」の刷り込みが大事?と疑ってしまう。猛暑の中でのオリ・パラ競技観戦のことである。昨年12月、「53区市町村のうち24自治体で割り当てを辞退する小学校があることがわかった。検討段階も含めると、今月4日時点で計307校に上る」。辞退の理由は、「熱中症のリスクを考慮してのこと」(12月10日付け朝日新聞)と報道された。
 筆者が八王子市教委に学校から上がった「観戦希望について」の文書を開示請求したところ、全学校が「全学年観戦希望」を選んでいた。しかし「自由記述欄」には八王子からの移動(有明までおよそ40km)や熱中症に対する不安を107校中43校の校長が記述していた。市教委に物申すことがなくなって久しい教育現場で、これだけの校長が悲鳴とも聞こえる訴えをしたのは、死に至る事故を心配するからだろう。
 ※オリ・パラ競技期間(7/24~8/9)の昨年の日中最高気温は平均34℃!
 都教委オリ・パラ観戦の希望を取り直すべきだ。その際、生徒たちの声を反映させるべきだ。一昨年秋に都教委が各区市町村教委に配った「希望調査」には、「観戦を希望する学校・学年」の回答として「1 全学校・全学年」「2 全学校・特定する学年」「3 1,2 以外の場合」とあり、「3 を選択した場合は内容を記述」するよう書いてある。都教委は「観戦は強制ではなく希望」と言うが、「3」を選び「希望しない」とは区市町村教委も学校も言えなかったのではないか。都の教育行政の忖度・無責任体制の被害者は子どもたち。許してはならない。
      
八王子の校長たちが「自由記述欄」に書いたこと(抜粋)

■小学校
①最近の地球温暖化で熱中症が心配である。子供たちの安全を第1に考えたい。熱中症、昼食時の食中毒等の事故も想定される。また、八王子は有明までの距離も長く、安全に引率できるか不安も大きい。一人でも事故等に巻き込まれたらオリンピック観戦どころではない。
②基本的に人数が多く、F地区がぎりぎりと考えている。D地区になった場合は辞退する。移動距離が長く、室内観戦以外は、熱中症の危険を考えるとふさわしくないと考える。
■中学校
⑤本校は学区が広く、通学用スクールバスを市が借り上げているだけでなく、路線バスを利用して生徒が登下校しております。学校最寄り駅までも時間がかかる上、駅解散を想定した際の各家庭最寄り駅もJR中央線高尾駅や青梅線武蔵五日市駅となっており、そこから1時間に1~2本の路線バスを利用して帰宅することとなります。校外学習はこれまで必ず借り上げバスを利用しており、校外学習で公共交通機関を利用して往復したことはこれまでないため、安全管理面、所要時間の面を含め、Fゾーンでの観戦を希望します。
⑥八王子市の方針として全学年対象ということなので仕方ないが、生徒の意見としても暑いのに行きたくないとの意見も出ている。また、塾等での夏期講習があり、特に3年生の参加率が低くなりかなりの枚数が、使用されない可能性が高い。同日の家族での有料チケットを使っての観戦や家族旅行などで不参加の生徒もかなり出る可能性があります。3年だけではなく1・2年生でも起こる可能性は高いと考えている。その上での八王子全学年実施をしていただきたい。

 


1月9日都教委定例会傍聴報告

公開議題は報告1件のみ。
「都教委児童・生徒等表彰について」
憲法違反にあたる神社での活動を「伝統・文化の継承活動」で表彰とは?!

 今年の表彰対象者(個人、複複数人の組、団体)は225件。内訳は、
①「地道な活動を継続的に行い、他の児童・生徒等の範となる者」が33件
②「当該児童・生徒が行った活動が契機となり、その効果が波及し、他の児童・生徒等の具体的な行動や取組によい影響を与えた者」が23件
③「環境美化活動や福祉活動、伝統・文化の継承活動、子供会等、地域における活動を継続的に実践した者」が22件
④「スポーツ・文化活動において著しい成果を上げた者」が140件
⑤「人命救助又はこれに類する行為を行った者」が8件

活動事例として紹介されたうちのいくつかをあげると、
①では「将来の地域防災の担い手として、奉仕活動などに継続して取り組む姿が他の範」(小学校)
②では「ラブビーワールドカップの交流活動等(おもてなし等)に取り組む姿が、他の生徒や市内全体に波及」(中学校)
③では、「児童会の呼びかけで、多くの児童が神社等の清掃を行い、地域の環境美化活動に貢献」(小学校)、「自治会役員と連携して、地域の神社祭りや自治会行事等に参加し、伝統文化の継承に貢献」(中学校)
④では、「高松宮賜牌第 52 回全国高等学校アーチェリー選手権大会女子個人戦優勝」(高校)、「令和元年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会文部科学大臣賞」(中等教育学校)
⑤では「自転車の籠が燃えていることを発見し、父親に119番通報を要請、初期消火活動を実施」(小学校)

表彰式は2月9日に行うとのこと。

 報告に対して教育委員からは、「日の当たらない地道な活動に光を与えてほしい」「来年度はオリ・パラボランティア活動等で表彰対象者が増えるだろう。表彰人数は柔軟に」「表彰式を盛大に」など、一人一言の発言があったが、表彰自体や表彰基準等について問題視する発言は皆無だった。
 先月行った「教職員表彰」も今回の「児童・生徒等表彰」も、都教委方針に沿った行為が表彰対象である。神社は宗教の一つである神道の祭祀施設であるから、神社の清掃は公園の清掃とは性格が異なる。公立学校が教育活動として神社の清掃をさせることは、特定の宗教施設への奉仕活動の強制で、子どもの「思想・良心の自由」「信教の自由」を侵害することにつながりかねない。憲法違反にあたる。
 当該の学校や都教委、教育委員はそうしたことに気づかないのか。気づいても、「神社=伝統文化」の思考をこうした機会を使って子どもたちに振りまこうとしているのか。人権に関しては学校教育こそが子どもたちに正確に教えるべきであるにもかかわらず、このあり様。関係者には、人権に敏感になってもらいたい。
 「上」から認められることを誇りとする、表彰自体を廃止したいものだ。

通信へのリンク

 

2020/01/14

12月「天皇奉迎」に子どもたちを動員させなかった! 報告集会

20200223

 

12月「天皇奉迎」に子どもたちを動員させなかった!
報告集会

・4月に子どもたちが動員されてからの私たちの取り組み
・高嶋伸欣さん(琉球大学名誉教授)のお話
 「『天皇奉迎』に子どもたちをかり出したこのと問題点と今後の闘い
  〜小リンピック『聖火リレー』でも」

日時 2020年2月23日(日)13時〜
場所 八王子労政会館第4会議室
   八王子市明神町3-5-1 TEL042-645-7451
資料代 500円


◆これまでの経過

 昨年4月23日、天皇が退位の報告に昭和天皇陵を訪れた際、二小・横山二小・浅川小の子どもたちが「天皇奉迎」にかり出され、「日の丸」の小旗を振らされていました。
 9月に入り、八王子市民有志で「『天皇奉迎』に子どもを動員することに反対する八王子市民の会」を結成し、市教委、奉迎会実、町自連、市協働推進課、3校の校長に対し,問題点の追及並びに12月3日の即位報告の際に再び子どもたちを動員しないようにと申し入れをし、一つの価値観の刷り込みや子どもの「思想及び良心の自由」を侵害してはならないと強く迫りました。行動する中で、萩生田光一文科相(当時は副幹事長)が主導していたことが判明しました。
 12月3日を控え何度か市教委や3校の校長に問い合わせると「情報を提供していない」「立たせるつもりはない」との返答でした。事実、子どもたちは「天皇奉迎」にかり出されずにすみました。
 翌12月4日の市議会一般質問では、前田議員がこの問題を一問一答でじっくり質問しました。市の回答は満足のいくものではありませんでしたが、市議会で取り上げられたことには大きな意味があると思います。(市議会のWEB中継で見ることができます)

代替わりの儀式が執り行われたこの一年、八王子の学校で何が起こり、それにどう立ち向かったか、これからどうしていくか、みなさんで共有し考えていきたいと思っています。
 とりわけ、オリンピックに向けての『聖火リレー』の際に、子どもたちを沿道にかり出されないようにすることは喫緊の課題です。お忙しい時期だと思いますが、どうぞぜひご参加下さい。

 


■4月15日市教委から二小・横二小・陵南中の校長宛のメール

「天皇皇后両陛下
武蔵陵昭和天皇山陵に親謁の儀に伴う八王子奉迎(沿道お迎え)対応について」

 上記の件について情報提供させていただいたところですが、4月23日(火)の行幸に関する八王子奉迎実行委員会からの資料を入手しましたので、添付にてお送りします。
 学校用の小旗が70本事前に準備されているとのことです。(中略)
 小旗の対応について検討しますので、お手数ですが、4月18日(木)までに以下の内容についてお知らせ願います。
1.参加の可否
2.参加の場合の人数
3.小旗についての希望
(引用者注:八王子奉迎会実行委員会発行の文書内容は省略)

■4月26日付「はぎうだ光一の永田町見聞録」より

 「天皇皇后両陛下は、昭和天皇への退位のご報告の為、八王子の武蔵陵を訪問されました。警備の関係もあり、いつもはギリギリまで日程が公表されないのですが、今回は宮内庁から3週間ほど前に内示があり、町自連、安協、八王子まつりやいちょう祭りの実行委員会にも呼びかけ、『両陛下をお迎えする会』を組織し準備をしました。八王子インターから浅川大橋、追分から御陵まで、沿道にはかつてないほどの市民が出迎え、両陛下は長い道のりを窓を開け、手を振り続けてくださいました。日の丸の小旗4000本はたちまち無くなり、沿道の小学校、幼稚園、保育園の子供たちは手づくりの小旗で集まってくれました。」

■12月4日八王子市議会 前田議員の一般質問から(一部抜粋)

議員:(前略)八王子奉迎会実行委員会結成を呼びかけた主体はどこか。
市 :八王子奉迎会実行委員会(引用者注:結成前であるから、虚偽発言であることは明らか)
議員:八王子奉迎会実行委員会の構成メンバーはどうなっているか。
市 :市は把握していない。
議員:市は呼びかけられたと認識していいか
市 :町会自治連合会から呼びかけられ、同席した。
議員:市からは誰が出席したか。
市 :共同推進課部長と都市戦略課部長。
議員:4月9日付の文書(引用者注:八王子奉迎会実行委員会結成案内)は市から発信されたと認識するが。
市 :奉迎活動を市は呼びかけてはいない。市はむしろ控えている。
議員:萩生田議員は同席したか。
市 :同席したが、実行委員会の内容は回答する立場にない。 (以下略)

チラシへのリンク

 

2020/01/09

都庁前通信 2020年1月9日号

F20200109

 

オリ・パラ競技観戦辞退続出の責任は都教委に

 都教委にとっては、子どもの命よりも「愛国心」の刷り込みが大事?と疑ってしまう。猛暑の中でのオリ・パラ競技観戦のことである。昨年12月、「53区市町村のうち24自治体で割り当てを辞退する小学校があることがわかった。検討段階も含めると、今月4日時点で計307校に上る」。辞退の理由は、「熱中症のリスクを考慮してのこと」(12月10日付け朝日新聞)と報道された。
 筆者が八王子市教委に学校から上がった「観戦希望について」の文書を開示請求したところ、全学校が「全学年観戦希望」を選んでいた。しかし「自由記述欄」には八王子からの移動(有明までおよそ40km)や熱中症に対する不安を107校中43校の校長が記述していた。市教委に物申すことがなくなって久しい教育現場で、これだけの校長が悲鳴とも聞こえる訴えをしたのは、死に至る事故を心配するからだろう。
 ※オリ・パラ競技期間(7/24~8/9)の昨年の日中最高気温は平均34℃!
 都教委オリ・パラ観戦の希望を取り直すべきだ。その際、生徒たちの声を反映させるべきだ。一昨年秋に都教委が各区市町村教委に配った「希望調査」には、「観戦を希望する学校・学年」の回答として「1 全学校・全学年」「2 全学校・特定する学年」「3 1,2以外の場合」とあり、「3を選択した場合は内容を記述」するよう書いてある。都教委は「観戦は強制ではなく希望」と言うが、「3」を選び「希望しない」とは区市町村教委も学校も言えなかったのではないか。都の教育行政の忖度・無責任体制の被害は子どもたち。許してはならない。
      
八王子の校長たちが「自由記述欄」に書いたこと(抜粋)

■小学校
①最近の地球温暖化で熱中症が心配である。子供たちの安全を第1に考えたい。熱中症、昼食時の食中毒等の事故も想定される。また、八王子は有明までの距離も長く、安全に引率できるか不安も大きい。一人でも事故等に巻き込まれたらオリンピック観戦どころではない。
②基本的に人数が多く、F地区がぎりぎりと考えている。D 地区になった場合は辞退する。移動距離が長く、室内観戦以外は、熱中症の危険を考えるとふさわしくないと考える。

■中学校
⑤本校は学区が広く、通学用スクールバスを市が借り上げているだけでなく、路線バスを利用して生徒が登下校しております。学校最寄り駅までも時間がかかる上、駅解散を想定した際の各家庭最寄り駅もJR中央線高尾駅や青梅線武蔵五日市駅となっており、そこから1時間に1~2本の路線バスを利用して帰宅することとなります。校外学習はこれまで必ず借り上げバスを利用しており、校外学習で公共交通機関を利用して往復したことはこれまでないため、安全管理面、所要時間の面を含め、Fゾーンでの観戦を希望します。
⑥八王子市の方針として全学年対象ということなので仕方ないが、生徒の意見としても暑いのに行きたくないとの意見も出ている。また、塾等での夏期講習があり、特に3年生の参加率が低くなりかなりの枚数が、使用されない可能性が高い。同日の家族での有料チケットを使っての観戦や家族旅行などで不参加の生徒もかなり出る可能性があります。3年だけではなく1・2年生でも起こる可能性は高いと考えている。その上での八王子全学年実施をしていただきたい。

 


12月12日都教委定例会傍聴報告

 「懲戒処分者数等の推移及び服務事故防止に向けた主な取組について」は非公開議題(報告)とされた。個人情報を出さなくても報告はできるはず。なぜ公開議題にしないのか。服務遵守月間を設け研修を課しても、懲戒処分件数が少なくならないどころか、増えている。毎年、方針を出しても改善されないのはなぜか。都教委の働かせ方に原因があることを、都教委は認識すべきと思う。

都教委に忠実な教員育成を目的とした職員表彰か?

 「教育の発展、学術、文化の振興に貢献し、その功績が顕著で、かつ勤務成績の優秀な職員及び優れた教育実践活動・研究活動を行っている学校・グループの功労をたたえ、これを表彰する」ことを目的とし、1952年から始まった職員表彰。今年度の表彰は個人が108名、団体が12団体。個人のうち校長が55名、副校長が2名。2月13日に表彰式を行うという。
 各教育委員は、「いつも教育委員は問題ある教員のことばかりを見るので、表彰式後の懇談会で『こんなに頑張っている先生がいる』とうれしくなる。」「表彰式で感銘を受けた」「表彰を受けた先生方を地域紙等で紹介してほしい」「取り組み事例を見て、若い先生が訊いてみたい、相談してみたいと思った時にアクセスする方法を研究したい」と絶賛した。部長は「素晴らしい先生の取り組みを採用希望パンフに取り入れ、教育の底上げをしていきたい」と応答した。
 表彰理由である「主たる功績」には「防災教育の推進」はあるが、「平和教育の推進」はない。筆者が定例会を傍聴するようになって9年になるが、毎回そうである。団体表彰・小学校の部の「主たる功績」は6校中、3校が「プログラミング教育の推進」だ。あくまでも都教委方針に合致していることが表彰対象なのだ。ご褒美を餌に、都教委に忠実な教員を育成しようということか。

■「学校設置条例の一部を改正する条例の立案依頼外1件について」の発言から
 赤羽商業高校を閉校にし、家庭・福祉高校として改編・開校する。城北特別支援学校及び南花畑特別支援学校を閉校し花畑学園として開校する。八王子特別支援学校を移転させ八王子西特別支援学校として開校する、ことでの条例改正。
 教育委員の一人は、「八王子特別支援学校の子どもたちは移転に伴い、通学に支障を来たす心配がある。安全に配慮を」と発言した。
 来年夏のオリンピック・パラリンピック競技観戦を子どもたちが強要されることについて、【会場までは公的交通機関を使用、炎天下での観戦、持ち込みは水1本のみ】の指示を組織委員会、都・各県教委が出す中、12月8日付け東京新聞、同月10日付け朝日新聞が炎天下での観戦による命の危険について報じたが、都教委定例会ではそうした発言はこれまで皆無だ。教育委員は炎天下での事故はないと考えるのか、理解しがたい。学校移転に伴う安全に対する心配だけでなく、オリ・パラ観戦での安全を考え論じるべきだ。論議し、「全校全学年が観戦」(八王子市教委)などの方針を撤廃すべきだ。      
 12月4週の定例会は「議題がないから開催しない」。炎天下でのオリ・パラ競技観戦について再考する定例会にすべきではなかったのか。 

通信へのリンク

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »